100均

100均の『ナンバープレート』でリメイク!男前な「ちりとり」をDIY!

ナンバープレートをリメイクして作ったちりとりとほうき

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

先日、大阪の東淀川にある【DULTON】に行ってきました。

雑貨屋DULTON

その「DULTON」で気になる雑貨がありました。

小さな『ちりとり』と『ほうき』がセットになっていて、マグネットでひっつけて収納が出来るシャレたお掃除道具です。

「欲しいな… 買おうかな〜」と思ったのですが、同じ仕組みで自分好みに作れそうな気がしたので、家に帰ってさっそく作ってみました。

100均のマグネットやほうきをリメイクした簡単なDIYで、こんな感じの『ミニちりとり』と『ほうき』のセットが作れました。

100均で作ったミニちりとりとほうきセット

100均の超強力マグネットを使っているので、『DULTON』で見つけた『ちりとりセット』のように、ほうきとちりとりをくっつけて収納も出来ます。

それでは、本日のDIYのスタートです!

100均の『ナンバープレート』をリメイクして男前な『ちりとり&ほうきセット』をDIYする方法!

マグネットでくっつけて収納が出来る『ちりとり&ほうきセット』をDIYする材料は、100均のナンバープレート、木の棒、ほうき、ホームセンターで買えるぶ厚めの木材です。

ちりとり作りで100均で揃える材料

青い「ほうき」みたいなのは、窓のサッシをお掃除する100均グッズです。

ペットボトルに水を入れてこのキャップをすると、水を流しながら掃除が出来るものです。

木材はホームセンターで数百円で購入出来る少しぶ厚めのものを使いました。

木の棒は100均の角材を使いました。

ではでは、作っていきます。

100均の木の棒(角材)と木材板を木工用ボンドで貼り合わせる

我が家には、DIY用としてホームセンターで購入して余っている木材が沢山あるので、今回は残っていた木材で作りました。

もし、そんな木材が無い場合は、ホームセンターの端材(切れ端)コーナーなどで、100円〜300円でぶ厚めで短い木材が沢山販売されているのでおすすめです。

※ 14cmくらいの長さの木材があれば ベストですが、無ければ何個かの木材を貼り合わせて作ります。

それらの木材と100均の木の棒(角材)を幅14cmくらいの板になるように組み合わせて、木工用ボンドで貼り合わせて固定します。

木の棒と木材を貼り合わせる

長くて飛び出た木の棒には、木材の長さに合わせて鉛筆で印を付けます。

そして、その印を付けた長さに合わせて木の棒をカットします。

100均の木の棒はセリアで購入した2本セットのもので、凄く柔らかいので加工がしやすいです。

100均のカッター鋸でも簡単に切ることが出来ました。

100均のノコギリカッター

「簡単にカット出来ても真っ直ぐに切るのが苦手なんだー」って時には、鋸ガイドが便利です。

「鋸ガイド」で不器用でも真っ直ぐに木材をカットする

私は鋸を使って真っ直ぐにカットすることが苦手です。

なので、「鋸ガイド」をよく使っています。

木材を綺麗にカットするのが苦手な場合は、鋸のガイドを使うとめちゃくちゃ綺麗に切れます。

90度、45度、67.5度でカット出来ます。

ノコギリが真っ直ぐに切れるガイド

プラスチック製なので何度も使っていると消耗してきますが、100均のちょっとした木材のカットに使うのならば長く使えて便利です。

木の棒のカットが終わると、出っ張り部分が持ち手になった木の板が完成します。

貼り合わせた木材

木材カットで出た切り口のとげとげは、紙やすりで綺麗に整えておきます。

そして、木材を貼り合わせる時に使った木工用ボンドが固まるまで待ちます。

木工用ボンドが固まるのを待っている間に、100均の『ナンバープレート』を折り曲げて『ちりとり』を作っていきます。

100均の『ナンバープレート』を折り曲げて『ちりとり』を作る

100均の『ナンバープレート』は簡単に曲げることが出来るので、ペンチを使って綺麗に折り曲げて『ちりとり』を作っていきます。

まず、100均の『ナンバープレート』を、写真【A】の長さに合わせて折り曲げます。

木材もAの長さ

100均の『ナンバープレート』は、ペンチを使うと90度にでも綺麗に折り曲げられます。

100均のナンバープレートを折り曲げる

100均の『ナンバープレート』を木材の幅に合わせて約90度に曲げたら、木材にはめてみます。

こんな感じで「ピタ!」っとはまれば成功です。

100均の折り曲げたナンバープレートを木材のはめる

100均セリアの『ナンバープレート』には、元々4箇所のビス穴があいています。

その穴を使って、『ナンバープレート』を木材にビスで固定します。

次に、『ちりとり』と一緒に使う『ほうき』を作っていきます。

100均の『サッシ掃除ブラシ』でちりとり用の『ほうき』を作る

『ちりとり』と一緒に使う『ほうき』作りには、買ったものの使いこなせなかった100均のお掃除グッズ『サッシ掃除ブラシ』を使いました。

100均のサッシ掃除ブラシ

まずは、この『サッシ掃除ブラシ』をカットしてしまいます。

サッシブラシをカットする

100均の鋸でも簡単にカット出来ました。

次に、少し余っている100均の木の棒(角材)を、やや斜めにカットします。

100均の角材を斜めにカット

木材をカットして出た切り口のとげとげは、紙やすりで綺麗に整えておきます。

カットした木材とお掃除ブラシを木工用ボンドで固定します。

木材と100均の掃除ブラシを木工用ボンドで固定

でも、木工用ボンドでの固定だけでは強度に不安があります。

そこで、『サッシお掃除ブラシ』にある水が流れるようにとあいている一箇所の穴にビスを通して、重ねてしっかりと固定しておきました。

サッシのブラシと木材をビスで固定

また、『ほうき』の持ちての木材の部分にはドリルで3箇所の穴をあけて、開けた穴に木工用ボンドを流し込んで『超強力磁石』を埋め込んでおきます。

木材に超強力磁石を埋め込む

次に、『ちりとり』にマグネットを貼り付けていきます。

『ほうき』を『ちりとり』にペタっとくっつけて収納しておくことが出来るようにする為です。

100均で買える板状のマグネットをはさみでカットして、『Dusutpan(ちりとり)』とレタリング文字を書き足して、少しだけリメイクを加えました。

100均のマグネットにレタリング文字を書いてリメイクする

この文字入りマグネットは、『ちりとり』に貼り付けておきます。

『アンティークワックス』で仕上げの塗装をする

『ほうき』と『ちりとり』が完成したら、仕上げにアンティークワックスで塗装します。

100均の木材でもアンティークワックスで塗装すると、100均の安っぽい感じの木材の雰囲気がなくなって、見た目がおしゃれに見えます。

アンティークワックスは伸びが良いので、かなり沢山の木材に塗装が出来てコスパが良いです。

今回作った『ほうき』と『ちりとり』に実際に塗ってみました。

塗装後に15分くらい乾かす→タワシで擦ってアンティークワックスを定着させる→布巾でゴシゴシと拭き取る

この方法で塗装ると、こんなに見た目が変わります。

アンティークワックスで塗装した木製ちりとり

塗装前の木材はこんなに真っ白です。

塗装する前の木製ちりとり

比べて見ると全然違います。面倒臭くても塗装した方が絶対におしゃれに見えます。

ではでは、マグネットに『ほうき』を近付けてみます。

マグネットにほうきを近づける

すると、超強力磁石で『ほうき』と『ちりとり』がくっつきます。

これで、2つを一緒にして収納しておけます。

ちりとりとほうきをセットにして収納

『ちりとり』と『ほうき』をお掃除で使う時はこんな感じです。

100均で作ったちりとりとほうきの使い方

使いにくそうにも見えるかもしれませんが、実際に使ってみると思っていたよりも使いやすいです。

消しカス、ハンドメイドで出るゴミ、室内でも出来る程度の木材カットで出た木屑など、卓上のお掃除に使うにはかなり便利です。

ほぼ100均の材料で作れたこともあって大満足です。

『ナンバープレート』を曲げる作業が上手くいかずに、少しだけボコボコになってしまいましたが、自作すると不思議とそんな部分まで愛着が湧きます。

100均のナンバープレートで手作りしたちりとりとほうきセット

これからのハンドメイド作りや、DIY作業でのお掃除にフル活用していこうと思います。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク