ハンドメイド

チョークレタリングが上手くなる書き方とコツが詰まった「あの本」で練習!

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り )です。

最近チョークレタリングに興味を持っているのですが、その中でも一番にチョークボーイさんが気になっています。

そして、そのチョークボーイさんが書籍を出版しました。

もんち
もんち
これはもう絶対に書いだ!

と思いました。

実際に買ってみると、レタリングの練習で使えたりと、やっぱりかなり買ったかいがある本でした。

黒板チョークレタリングのチョークボーイさんの本はレタリング上達に役立つ本だった!

書籍「すばらしき手描きの世界」は、チョークボーイさんがカフェなどでこれまでに描いてきた、おしゃれな「ハンドレタリング」や「チョークグラフィック」が沢山紹介されています。

すばらしい手描きの世界の本チョークボーイ著作

そして、そのおしゃれなレタリングの、「書き方」「コツ」「アレンジ方法」などもまとめて一緒に解説してくれています。

もんち
もんち
本当に買って良かったと思えた素晴らしい本です!

最初から何千円とする立派な黒板を購入しなくても、100均の黒板からでも十分に黒板レタリングは楽しめます。

まずは、100均のミニ黒板を買って練習してみました。

チョークボーイの本は「下手でも上手く見せるコツ」が沢山詰まっている!

私が大好きなチョークボーイさんは、ステンシルなどを使うのではなくて、敢えて「手描きで楽しもう!」と、チョークグラフィックハンドレタリングを描いているお方です。

すばらしき手描きの世界

そして、

決して上手くなくてもいい!ヘタうまでいいんです!

そう言って、本の中では沢山のお手本を交えて、下手でも上手く見せるコツを紹介しています。

本の中のお手本にある可愛いのにクセのあるイラストを見ていると、「ヘタうま論」に思わず納得してしまいました。

チョークボーイのイラスト

そして、厚かましくも「なんか自分も練習すればいけるかもしれない」と思わせてくれる、そんな不思議な魅力が詰まった本です。

「ヘタうま」を目指せば雰囲気のあるイラストの上達は早くなる

これ、何だか奥が深いです。

細部まで細かく描かれた上手なイラストや文字よりも、シンプルなラインでぬる〜く描かれたイラストの方が、見た目はめちゃ上手く見えなくても、

なんだか雰囲気が好きでおしゃれだなー

なんて感じる時がありませんか?

チョークボーイさんのイラスト

チョークボーイさん曰く、上手に細部まで細かく書こうとするのではなくて、敢えて簡略化してシンプルなイラストで描く。

【ヘタうま】に落とし込む事で、文字との連動性が生まれて、黒板と一体感のある作品に仕上がるらしいです。

チョークアートの本ですばらしき手描きの世界

出典元:http://chalkboy.me/

この本には、「絵が下手だから書けない」と苦手意識を持っていたり、「不器用だから無理」と諦めるのではなくて、下手でも上手く見せるコツやポイントを掴む方法が沢山詰まっています。

  • 手書き文字の書き方
  • イラストの書き方

この二つを、たっぷりと楽しんで練習することが出来ます。

チョークボーイの本で紹介されている手書き文字とその文字のアレンジ方法はこんな感じ!

チョークボーイさんが紹介している本では、大きく分けると基本3パターンの文字が紹介されています。

  1. ゴシック体
  2. 筆記体
  3. 袋文字

その定番の文字をアレンジすることで、3パターン以上の沢山の種類のおしゃれ文字が描けます。

基本の文字をアレンジする方法は、全部で9パターンも紹介されています。

  1. 文字を斜体にする
  2. 文字を長体にする
  3. 文字の横棒をアレンジする
  4. 文字に飾りを付ける
  5. 文字を太らせる
  6. 文字を塗りつぶす
  7. 文字の一部を消す
  8. 文字に影を付ける
  9. 文字を立体的にする

文字のアレンジ方法をお手本にして練習をしていると、それだけで複数のおしゃれ文字は描けてしまうくらいにボリューム満点です。

まずは、基本の3パターンの文字の中の、「ゴシック体」から書いてみました。

スポンサードリンク

 

「ゴシック体」の手書き文字

この書体は、レタリング文字を知らない人でも読みやすい可読性のある文字です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHALKBOYさん(@chalkboy.me)がシェアした投稿

カフェの黒板レタリングで使う場合でも、しっかりお客さんに読んでもらえて伝わって欲しい部分に使うことが多いそうです。

実際に書いてみました。

黒板に描くチョークアートのフォントの書き方

まだ下手っぴです… 練習を頑張ります。

本の中の「ゴシック体」の紹介ページでは、アレンジパターンを使った数種類のパターンが紹介されています。

「ゴシック体」は、他の文字と比べるとバランスも取りやすくて書きやすいです。

次は、2つ目の基本文字の「筆記体」を書いてみました。

追記しました!

「ゴシック体」の練習を繰り返して少しは上達したので、大きな黒板シートでイラストや文字を使ったインテリアを作りました!

黒板シートに書いたレタリング
100均の黒板シートとチョークレタリングで壁をおしゃれにする!100均の黒板シートと壁紙屋本舗の木目の壁紙をホッチキスで貼ってから二年後。原状回復が綺麗に出来るか剥がしてみました。また、黒板シートに手書きのチョークレタリングを上手に書く方法とスヌーピーのイラストを使ったポストカードの作り方も紹介しています! ...

「筆記体」の手書き文字

「筆記体」は、おしゃれに見せたい時に使える文字みたいです。

筆記体

カフェでもよく見かけますが、筆記体は読めない人もいます。

だから、ちゃんと読んで欲しい部分にはあまり使わずに、サラッと読んで欲しい箇所に使うんだそうです。

まずは、本のお手本を見ながら書いてみました。

黒板へのチョークレタリングの書き方
もんち
もんち
なんとも言えない下手さ…

直ぐに消しました。

そして、チョークボーイさんが書いているコツとポイントを確認しながら、何度か書いて練習を繰り返しました。

本で紹介されているお手本を真似して文字にアレンジを加えると、「ヘタうまっぽいかな?」くらいまでにはなりました。

黒板に描くチョークレタリング

写真のように文字に影を足すアレンジ方法も、丁寧な説明と一緒に紹介されています。

次は、2つ目の基本文字の「袋文字」を書いてみました。

追記!

「筆記体」の練習を何度も重ねて、「Happy Birthday」の誕生日ボードを作成出来るまでになりました!

100均の黒板にチョークレタリングを書いて「誕生日ボード」をDIY!100均セリアの黒板を使って「Happy Birthday」の手書きチョークレタリングボードを作りました。下書きで書いても水で消せるペンとチョークの様に描ける固形ペンキなど、DIYをする時に使うと便利な材料や、作り方をまとめて紹介しています。 ...

「袋文字」の手書き文字

「袋文字」は、文字の中が空洞になっているおしゃれな文字です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHALKBOYさん(@chalkboy.me)がシェアした投稿

練習してみると、袋文字はとにかくバランスを取るのが難しいと感じました。

特に、【X】【R】【K】【S】の文字が、何度書いてもヘンテコリンなバランスになります。

「袋文字」は、【A】の文字もバランスを取る事が難しい文字として解説されていました。

何度か練習したけれど、まだまだ「ヘタうま」ではなくて「めちゃヘタ」です。

「袋文字」はバランスのとり方が難しいので、かなり練習しないと上手くならないと感じました。

本の中では、基本の簡単な文字に少し書き足すだけで、おしゃれな文字が書ける「アレンジ方法」が沢山紹介されています。

同じ単語を書いた文字でも、アレンジ次第で見え方は変わってきます。

黒板くチョークアートのフォント
もんち
もんち
チョークボーイさんの書籍『すばらしき手描きの世界』では、書体のアレンジ方法とコツが丁寧な解説付きで沢山紹介されています!

 

また、この本の中では手書き文字だけではなくて、イラストの書き方も紹介されています。

  1. フード
  2. ドリンク
  3. アニマル
  4. 人物
  5. フレーム
  6. リボン… etc

これらのイラストが、何パターンかずつ紹介されています。

スポンサードリンク

 

チョークボーイさんのイラストは「下手うま」っぽく見せるコツが沢山詰まっている!

私は、絵も文字も得意ではありません。

チョークボーイさんは、イラストの描き方紹介でこう言っていました。

簡略化してヘタうまに落とし込む事で文字との連動性が生まれ、一体感のある黒板に仕上がります。
引用元:すばらしき手描きの世界 著者:チョークボーイ 出版社: 主婦の友社

 

「綺麗な直線が書きにくい黒板にチョークで描くからこそ、ヘタっぽい部分も味になっておしゃれに見えることがある」と、この本を読んで思いました。

そんなチョークボーイさんのイラストは、フリーハンドならではの見ていてほっこりとするようなタッチのイラストとチョークグラフィックが多いです。

チョークボーイのグラフィック
もんち
もんち
少し歪だったり、太さに統一感のない直線が、逆に味となって素朴なおしゃれチョークグラフィックに繋がっていることに憧れてしまいす。

チョークボーイさんの人物のイラストは、簡単でシンプルな印象なのにおしゃれです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHALKBOYさん(@chalkboy.me)がシェアした投稿

本の中では、「人物を書くならこの絵をマスターして!」というのではなくて、「僕は人だとこの程度に簡略化して簡単に書いていますよ!」といった感じで紹介しています。

リボン、旗、縄など、よく使う定番のイラストもかっこいいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHALKBOYさん(@chalkboy.me)がシェアした投稿

シンプルでゆる〜い感じなのに、凄くおしゃれに見えるこんな感じのイラストが、本の中ではめちゃくちゃ沢山紹介されています。

ただ眺めているだけでも楽しいです。

 

粉が舞うからチョークは苦手!そんな人にはチョークの質感が出せるペンがおすすめ!

 

チョークレタリングを始めてみたいけれど、室内でチョークの粉が舞うのは嫌だな…

掃除が大変そうだしね。

そんな人には、チョークボーイさんも愛用している、チョークの質感が出せるペンがおすすめです。

  • コンクリート
  • 窓ガラス
  • 家具
  • 屋外 etc…

こんな色々な場所に描くことが多いチョークボーイさんならではの、色んなパターンでチョークレタリングが楽しめる便利で使い勝手の良いアイテムが、本の中では沢山紹介されています。

そのアイテムを使えば、「消えないチョークレタリング」が書けたり、チョークの粉が舞うことなく「チョークレタリング」が楽しめます。

そんな1つ目のアイテムが、「ソリッドマーカー」です。

固形ペンキのペンなので、一度書くと消えません。

まるでチョークで書いたみたいな質感が出せます。

 

時間をかけて書いたチョークレタリングが、少し触れただけで消えてしまうのは悲しいです。

「ソリッドマーカー」を使うと、屋外やよく触ってしまうような場所でも消えないレタリングが書けます。

https://diy-kurashi-cafe.com/entry/100kin-pegboard-diy

消えない耐久性があって、チョークのような風合いも残ることから、チョークボーイさんもよく使っているみたいです。

でも、「ソリッドマーカー」だと、細かな線が書きにくいという欠点がありました。

そこで、チョークボーイさんがもう一つ紹介されていた「マッキーペイントマーカー」を使ってみました。

 

「マッキーペイントマーカー」は、極細タイプも販売されているので、細かな線を書く時に凄く書きやすかったです。

室内の壁に貼った黒板シートにイラストとレタリングを書いたのですが、チョークのように粉が舞ってしまうこともなく、凄く快適に書けました。

黒板シートに書いたレタリング
100均の黒板シートとチョークレタリングで壁をおしゃれにする!100均の黒板シートと壁紙屋本舗の木目の壁紙をホッチキスで貼ってから二年後。原状回復が綺麗に出来るか剥がしてみました。また、黒板シートに手書きのチョークレタリングを上手に書く方法とスヌーピーのイラストを使ったポストカードの作り方も紹介しています! ...

私は、直ぐにぱぱっとおしゃれなレタリングが書ける程のレベルではありません。

だから、せっかく書いたチョークレタリングはちょっとのことで消えて欲しくないです。

同じように思う人は、「ソリッドマーカー」「マッキーペイントマーカー」は凄く便利に使えると思います。

この本では、ガラスに書けたり、下書きに便利な水拭きで綺麗に消せたるペンなど、チョークレタリングで便利に使えるアイテムがまだまだ紹介されています。

僕はこんな時にこのアイテムを使っていますよ!

といった感じで、チョークボーイさんが使った時の参考例や、アイテムの解説なども詳しく書かれています。

例えば、黒板のおすすめメーカーの一つにしても、何故その黒板がおすすめなのかまで説明されています。

これからチョークレタリングや手書き文字を始めてみたいな〜

なんて思う人にも、「すばらしき手描きの世界」は、本当におすすめ出来る本です。

チョークボーイさんは、筆ペンや普通のペンでもおしゃれなグラフィックを書いています。

チョークボーイのレタリング作品があるカフェ
出典元:Instagram

チョークだけではないんです。

それに、Instagramで紹介されていた制作過程の動画は、何回見ても飽きることなく見れちゃいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHALKBOYさん(@chalkboy.me)がシェアした投稿


今回、発売された『すばらしき手描きの世界』の本の中では、下書きの方法なども細かく説明してくれています。

いきなり黒板にスラスラと書いているように見えても、ノートにデッサンしてデザインを固めてから制作しているんです。

黒板に下書きをして描いて、下書きの線を濡れた布巾で丁寧に綺麗に消していく…

そんな細かくて繊細な手描きは素敵だなと思いました。

私ももっと練習をして、おしゃれな手描きが出来るように頑張ります。

今日はここまで〜

チョークレタリングの手書きフォントが簡単に上手くなる洋書を買って練習してみた!黒板チョークアートが上達するようにと購入したチョークレタリングの洋書。お手本がいくつも掲載されいました。実際にどんな練習が出来るのか、その内容について自分の練習文字の写真と一緒に載せて詳しくまとめてみました。 ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク