ハンドメイド

100均の黒板にチョークレタリングを書いて「誕生日ボード」をDIY!

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り )です。

100均の黒板を使って、「Happy Birthday」を手書きしたチョークレタリングを書いてみました。

書いても水で消せる色鉛筆を使って下書きをすることで、失敗が少なくチョークレタリングを書けます。

もんち
もんち
それでは、本日のDIYのスタートです!

100均の黒板ボードにレタリングを書いて「チョークアートボード」をDIY!

チョークボードの作成には、100均セリアのミニ黒板を使いました。

セリア黒板

セリアでは、このボードよりも一回り小さい「ブリキ黒板プレート」も販売されています。

セリア黒板プレート

ブリキの黒板プレートは重たくないので、壁に両面テープで貼って飾ることも出来ます。

今回は、大きいサイズの「黒板ボード」を使いました

チョークアートの下書きは水で消える鉛筆「ダーマトグラフ」でする

いきなり黒板に書いていける程に上手くないので、まずは下書きをしていきます。

使うのは水拭きで消える三菱鉛筆です。

消せる色鉛筆

油性と水性がある色鉛筆で『ダーマトグラフ』って名前です。

この鉛筆の水性の方を使います。水性は黒板に書いても水拭きで消せるからです。

大好きなチョークボーイさんがおすすめしていたので、試しに購入してみました。

まず、ダーマトグラフの水性の白色を使って下書きをします。

チョークレタリングの下書き

これだけしっかり書いても水拭きすると簡単に消えます。

鉛筆削りは必要無くて、紐を引っ張ってめくると簡単に削れます。

黒板レタリング

下書きが出来たら、間違いがないか確認をして、下書き線の上からチョークで清書します。

下書き線の上からなぞっても残る下書き線は、綿棒に水を含ませて消していきます。

「ソリッドマーカー」を使えば消えないチョークアートが書ける

せっかく書いたチョークアートは消えて欲しくないです。

そこで、チョークで書いているように見えるけれど、乾くと消えない固形ペンキのペン「ソリッドマーカー」を使ってみました。

黒板レタリングペン

ソリッドマーカーは、ペン先が少なくなると先端を付け替えます。

昔の「ロケット鉛筆」みたいな使い方です。

チョークペン

ソリッドマーカーは固形ペンキです。

乾くと水拭きしても消えないです。

この「ソリッドマーカー」を使って、下書きをした「Happy Birthday」のレタリング文字の上からなぞっていきます。

黒板チョークペン

「ソリッドマーカー」は、細い部分は少し書きにくいです。

そこで、小さい文字は「マッキーペイントマーカー」の白を使いました。

「マッキーペイントマーカー」の方がペン先が細いので、細かな部分が綺麗に書けました。

「マッキーペイントマーカー」を使った場合も、チョークで書いた雰囲気を出せます。

黒板ペン書き方

全て書き終わると、水拭きで下書き線を消していきます。

固形ペンキと油性ペンを使っての清書なので、水拭きしても下書き線だけが消えます。

もんち
もんち
がっつりと布巾で水拭きしても消えるのはちゃんと下書き線だけでした。

これで、100均セリアの黒板ボードを使った、「Happy Birthday」のお誕生日チョークレタリングボードの完成です。

セリア黒板でチョークアート

今日はここまで〜

チョークレタリングが上手くなる書き方とコツが詰まった「あの本」で練習!黒板チョークアートやチョークレタリングが、簡単の上手く書けるようになるコツと、おしゃれなフォントやイラストのお手本が沢山載っている本「すばらしき手描きの世界」を買ってみました!この本は、チョークアートの世界では有名なチョークボーイさんが出版した本です。手書きのチョークレタリングの書き方や、おしゃれに見せるコツが一杯詰まっていました!実際に練習してみた感想と内容の感想をまとめました!...

スポンサードリンク

スポンサードリンク