賃貸DIY・現状回復DIY

セリアの剥がせるリメイクシートを貼った玄関を原状回復してみた!

100均のリメイクシートを剥がしてみた

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り )です。

セリアではリメイクシートの他にも、リメイクテープが販売されています。

  • リメイクシート … 商品説明で”貼って剥がせる”とは書いていない
  • リメイクテープ … 商品説明で”貼って剥がせる”書いている

ただ、貼って剥がせると書かれているリメイクテープの場合でも、”貼って剥がせるけれど状況にもよるよ”的なことが記載されています。

でも、貼って剥がせるリメイクシート類は、原状回復しなくてはいけない賃貸・アパート・団地でのリメイクに使えて凄く魅力的です。

そこで、100均の貼って剥がせるリメイクテープをリメイクDIYで使ってみて、本当に綺麗に剥がせるのかを実際に試して見ました。

セリアの貼って剥がせる『リメイクシート』が本当に綺麗に剥がせるのか試してみた!

貼っても綺麗に剥がせる壁紙リメイクや、マスキングテープを使ったリメイクは、現状回復が出来て綺麗に元に戻せるということで大人気です。

ただ、大きなデメリットもあります。

それは、現状回復が100%成功する保証は無くて、綺麗に剥がれずに失敗してしまう可能性も十分にあるということです。

今でこそ、『原状回復にもデメリットやリスクがある』と浸透してきてはいます。

マスキングテープは貼っても綺麗に剥がせます!

よくブログでも書かれていました。

これは、100%綺麗に剥がせるというわけではなくて、ただ綺麗に剥がしやすいだけです。

失敗してしまう可能性も十分に残っています。

私は、よく調べもせずに「100均のマスキングテープが安い!」と、貼っても剥がせるリメイクに使用しました。

そして、貼ってから一年以上経った頃に、原状回復で剥がしてみると綺麗に剥がせずに凄く大変な思いをしました。

  1. 湿気や夏の暑さでテープは劣化していた
  2. シール部分の粘着が溶けたようにベタベタになってしまっていた

この2点が大きな原因でした。

除光液やシール剥がし液を使って、どうにか綺麗に現状回復ができましたが、この経験から暑い場所や熱を持つ場所には剥がせるテープを使用していません。

また、100均のマスキングテープは劣化しやすいと感じたので、この日から使うことはなくなりました。

でも、今回発売されていたリメイクテープは「貼って剥がせる」としっかりと書かれていたので、本当に綺麗に剥がせるのかを試してみたくなりました。

冷蔵庫の側面に『貼ってはがせるリメイクシート』を貼って数ヶ月後に剥がしてみた!

セリアで発見した貼って剥がせる『リメイクテープ』です。

100均セリアのリメイクシート

壁紙の上から貼って実験する勇気もなかったので、タイルや化粧板のようにツルツルした面で試してみることにしました。

あえて、テープの劣化に繋がる少し熱くなる場所の「冷蔵庫の側面」を選びました。

そして、数ヶ月後に本当に綺麗に剥がせるのかを確認してみました。

熱を持つ場所ではやっぱりテープが劣化していた!

冷蔵庫側面の熱によるテープの劣化なのか、剥がす時に若干切れやすくなっていました。

剥がしにくくなったリメイクシート

それでもゆっくりと剥がしていくと、何とか綺麗に剥がれて現状回復は出来ました。

現状回復が終わった冷蔵庫

でも、この時のリメイクで、

もんち
もんち
熱を持つ冷蔵庫の側面に貼っても剥がせたんだから、壁紙の上から貼っても綺麗に剥がせるはず!

そんな風に勝手に思った私は、次は壁紙のリメイクに「剥がせるリメイクテープ」を使ってみいました。

壁紙に『貼ってはがせるリメイクテープ』を貼って数ヶ月後に剥がしてみた!

リメイクテープを貼ってみた場所は、コンクリートの壁紙の縁取りになる部分です。

100均のリメイクテープを貼った壁紙

1ヶ月後くらいに、リメイクテープを貼った場所を少しだけ剥がしてみると綺麗に剥がせました。

やっぱり、「貼って剥がせる」と書いてあるだけあって、リメイクシートよりは、リメイクテープの方が断然綺麗に剥がせます。

もうしばらく様子を見る為に、継続してこの場所に貼り続けることにしました。

夏の暑さと湿気は「剥がせるリメイクテープ」でも劣化させて原状回復が失敗する?

たまにチラっとめくっては、貼ったリメイクテープが綺麗に剥がせるのかの確認しながら数ヶ月が経ちました。

異常なくらいに蒸し暑かったり、湿気が凄いと感じることが多くなってきたので、もう一度綺麗に剥がせるのかを確認してみようとテープをめくってみると…

もんち
もんち
あれ?ちょっとベタベタしてる…

ヤバイと感じて全て剥がしてみると、リメイクテープにほんの少しだけ壁紙が剥がれてくっついていました。

リメイクテープで剥がして剥がれた壁紙
テープに”ポツポツ”と付いているが、少し剥がれてしまった壁紙です。

貼って剥がせる『リメイクテープ』を貼っていた場所は、朝からお昼過ぎまで太陽の日差しがガンガンと当たる場所で、家の壁を触るとじんわりと暖かさを感じるくらいの場所でした。

今年の夏は湿気も凄いです。「貼って剥がせるリメイクテープ」であっても、テープの粘着部分が少し劣化し始めていました。

ただ、壁紙の表面が少し剥がれただけだったことと、この部屋の壁紙が元々ポコポコした雰囲気の壁紙だったということもあって、現状回復自体は成功しました。

現状回復で剥がしたリメイクテープ

壁紙の見た目も最初と全然変わらずに、元の綺麗な状態に戻せたので一安心です。

貼って剥がせるリメイクテープを使ってみた感想
もんち
もんち

100均の「貼って剥がせるリメイクテープ」は、リメイクシートよりは断然綺麗に剥がしやすいです。

ただ、熱を持つ場所や湿気が多い場所では、時間の経過とともにテープが劣化してきて綺麗にはがれにくくなってしまいました。

この暑さと湿気を不安に思って、剥がれるのかの確認をしていなかったら手遅れだったと思います。

綺麗に剥がすつもりで貼った場所は、時々は少しめくって確認しないといけないと感じました。

原状回復には100均のマスキングテープよりも『3M』の方が良い?

我が家では剥がせるリメイクテープの他にも、マスキングテープを使った貼り方で「貼っても剥がせるリメイク」を楽しんでいます。

マスキングテープは100均の商品ではなくて、3Mの商品を使っています。

100均のマスキングテープを使って、数年後に剥がしたいと思った時に、綺麗に剥がしにくくなっていて苦労したからです。

3Mのマスキングテープを使いだしてからは、剥がしたい時に綺麗に剥がせなくて現状回復で苦労したことはありません。(※今の所はないだけかもですが…)

3Mは原状回復で使う方法をおすすめしていません。

どのお家でも100%原状回復が出来ると言い切れる方法ではないです。

100均のリメイクテープを貼った部分の壁紙は、3Mのマスキングテープを使った「貼っても剥がせる方法」で貼っています。

「3M」のマスキングテープと超強力両面テープを使って、「貼っても剥がせる方法」で貼った壁紙の場所も、綺麗に剥がれるのか確認してみました。

この場所は問題なく綺麗に剥がれて、粘着質が増していたりのテープの劣化も見られませんでした。

現状回復で剥がしてみた壁紙

取り敢えず一安心ですが、時々の確認はしておこうと思います。

今年の夏は異常な程の暑さと湿気だそうなので何が起こるか分かりませんから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク