プラバン

プラバンの完成度が上がる着色の種類と色付け方法のコツ!

プラバンの完成度が上がる着色の種類と色付け方法のコツと作り方!

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

大人にも人気のあるプラバンは、着色の種類と色付け方法を使い分ければ、大人が身につけていても可愛くておしゃれに見える完成度の高いプラバンアクセサリーが簡単に作れます。

100均のプラバンで作ったスニーカーのブローチ

プラバンの色付け方法には、油性ペンだけではない様々な着色材の種類と色付けのコツがあり、そのコツを知って作るだけでも失敗しないで上手にプラバンが作れます。

当記事では、色鉛筆、ポスカ、アクリル絵の具などの着色材料で簡単に完成度を上げられる色付け方法のコツや、クレヨンを使ったグラデーションの作り方の手順を紹介します。

また、アクリル絵の具やポスカで着色する時に迷ってしまう、「プラバンに着色するのは焼いた後?焼く前?」という疑問についてもまとめました。

「プラバンが真っ直ぐに焼けなくて困っている!」という場合には、プラバンを真っ直ぐに焼けるコツを動画付きでまとめているこちらの記事が参考になります。

プラバンで失敗しない上手な焼き方にはコツがあるの記事のアイキャッチ
プラバンで失敗しない上手な焼き方にはコツがある!プラバンを焼いた時に曲がったり歪んだりぐにゃぐにゃになってしまったり、そんな失敗がなくなるには焼き方にコツがあります。アルミホイルではなくて、焼いてもくっつかないクッキングシートや魚焼きホイルを使ったり、取り出すタイミングを知ったりするだけで、プラバンの焼き上がりが一気に綺麗になります!当記事では、そんなプラバンの焼き方のコツや、失敗しない方法と材料を紹介しています。...

プラバンの着色材の種類はどれくらいある?

プラ板に色を塗る着色方法の種類は、定番の方法だけでも8種類以上あります

  1. 色鉛筆
  2. アクリル絵の具
  3. ポスカ
  4. クレヨン
  5. クレパス
  6. 水性ペン
  7. 油性ペン
  8. マニキュア etc…

また、最近ではプラバンにイラスト画像の印刷が出来る「プリントプラバン」も、100均のセリアやダイソーで販売されました。

プリントプラバンで作るコツはこちら!
印刷プラバンでスヌーピー作り
100均の印刷プラ板で滲む失敗がない作り方のコツとプリンターの設定!100均の印刷プラ板は半透明と白プラバンの2種類でセリアやダイソーで販売されています!プラ板に印刷する時の設定のやり方や、印刷する画像の作り方、プラ板に印刷した時にインクが滲む失敗をしない作り方のコツなどを紹介します!インクジェットプリンター対応で家庭用のプリンターでも印刷が出来るので、好きな画像やキャラクターを印刷することも可能です!...

プラバンに色鉛筆やペンで手書きをして着色する場合には、単純にベタ塗りをするだけではないコツを使うことで、クオリティーの高いプラバンを作ることが出来ます。

そこで、プラバンが上手に見える色付け方法のコツや作り方などを、着色方法の種類ごとにまとめて一つ一つ紹介していきます!

プラバンに色鉛筆で着色する時の色付け方法とコツ

プラバンを色鉛筆で着色する時には、プラバンの裏側をやすりで傷付けたりしないと、色鉛筆を使って色付けをすることは出来ませんでした。

でも、今ではそんな加工をしなくても色鉛筆で色付けが出来る、「フロストタイプ」のプラバンが100均で販売されています。

セリアの色鉛筆でも書けるプラバン

実際に使ってみてもやすりなしで色鉛筆で色付けをすることが出来て、使い心地も良くて焼き上がりも普通に綺麗でした。

色鉛筆用のプラバンで完成度が上がる作り方!ヤスリなしでも色塗りが出来る記事のアイキャッチ
プラバンに色鉛筆でやすりなしで塗れるフロストタイプを使った作り方!プラバンに色鉛筆で着色をする時に上手く見せるコツは、ボカシやベタ塗りでも出来るだけ薄く色付けをすることです。以前は紙やすりで片面を削ってしか色が塗れなかったプラバンですが、今では色鉛筆やボールペンなどで直ぐに着色が出来るプラバンが100均で販売されています。また、色移りが起こる色鉛筆での着色で必須の仕上げコーティングで、水性ニスが滲まない方法や、レジンでぷっくり可愛くつるつるに綺麗に仕上げるコツも紹介!...

100均で販売されている色鉛筆で着色が出来るフロストタイプのプラバンは、B5サイズで厚みが0.3mmの種類のみになっています。

もし、0.3mm以上の厚みがあるプラバンで色鉛筆を使いたい場合には、0.3mm以上の厚みがあるごく普通の透明プラバンに、やすりがけや除光液で傷を付けておく準備が必要です。

フロストタイプではないプラバンであっても、やすりがけや除光液を使うことで、色鉛筆で着色をしても弾かずに色を付けることが出来る状態になるからです。

透明プラバンにやすりがけをして色鉛筆が使えるやり方

普通の透明プラバンの片面だけをヤスリがけします。

プラバンの表面を目の細かい紙やすりで、縦横斜めと軽く擦って均等に傷を付けて、最後に円を描くようにくるくるとヤスリがけして仕上げます。

全体的に白く濁った感じになれば、プラバンの表面に細かく均等に傷が付いた状態になっているので、色鉛筆や水性ペンで着色することが出来ます。

ヤスリがけが雑過ぎると色鉛筆で着色した時にムラが出ることがありますが、かなり細かくヤスリがけし過ぎると色が乗らないこともあります。

もんち
もんち
何度か繰り返すと丁度いい具合を探し当てられます!

透明プラバンを除光液で拭いて色鉛筆が使えるやり方

プラバンにやすりがけをすることが面倒な場合には、プラバンの片面を除光液で何度も拭くことで色鉛筆で書ける状態になります。

ポイントは、アセトンが入っている除光液を使うことです。

コットンに除光液を付けて、プラバンの表面を何度も拭き取っていると、プラバンの表面がどんどんと白く濁ってきます。

全体的に均等に白く濁った半透明の状態になれば、色鉛筆での着色が可能になります。

これらの方法を使えば、0.3mm以上の厚みがある普通の透明プラバンでも、色鉛筆や水性ボールペンがつかえます。

でも、これらの作業はとても面倒なので、使うプラバンの厚みにこだわりがないのであれば、厚みが0.3mmのフロストタイプのプラバンで色鉛筆を使う方法がおすすめです。

スポンサードリンク

 

プラバンは色鉛筆でグラデーションが作れる

プラバンを作る時の着色材で色鉛筆を使うと、スニーカーのように似通った色をたくさん使うデザインでも、色の種類が豊富な色鉛筆のおかげで色選びに困りません。

色鉛筆で塗って作ったプラバン

また、油性ペンでは再現出来ないグラデーションや髪の毛の流れ具合も、色鉛筆を塗り重ねてティッシュで軽く叩きながらボカしていくという簡単な方法で表現することが出来ます。

色鉛筆プラバンで髪の流れを作ったがんちゃんのプラバン

色鉛筆で着色するプラバンは、油性ペンと組み合わせた色付け方法を使うだけで、焼き上がりのプラバンのイラストに奥行きがある完成度の高いものが作れます。

プラバンの着色に色鉛筆と油性ペンの両方を使えば完成度が上がる!

プラバンに色鉛筆で着色する時には、色鉛筆だけで色付けをするのではなくて、油性ペンと色鉛筆の2種類を使っての色付け方法がおすすめです。

色鉛筆と油性ペンの2種類の着色材を使って、プラバンの表と裏に分けて色付けをしていくだけで、完成するプラバンの仕上がりがグンと上がるからです。

色鉛筆と油性ペンの2種類で着色する時の色付け方法の手順は、

  1. 表から油性ペンでイラストの線を書く
  2. 裏面から色鉛筆で隙間なくしっかりと塗る
  3. 色鉛筆が厚塗りになった部分はティッシュで軽く拭き取る

という3ステップです。

もんち
もんち
プラバンの表と裏の両面を使って色付けをしていることがポイントです!

この着色方法で綺麗に焼き上げるコツは、色鉛筆が厚塗りになった部分をティッシュで軽く叩きながらボカしていき、しっかりと拭き取っておくことです。

焼くと1/4まで縮んでしまうプラバンは、縮んだ時に色鉛筆で塗った部分が色が濃くなってしまいます。

なので、プラバンに色鉛筆で着色をする時には、プラバンに薄く色が付いているくらいの方が綺麗に焼き上がるからです。

色鉛筆で着色する時には薄付きくらいが丁度いい!

この色付け方法を使った作り方で完成したプラバンは、イラストのアウトラインが浮き上がって見えるので、片面だけで色付けをして作る時とは違うおしゃれな仕上がりになります。

色鉛筆と油性ペンで着色したプラバン

色鉛筆で色付けをして作ったプラバンは、絶対にコーティングをしないと激しい色移りが起きてしまうので、滲まないパジコの水性ニスなどでコーティングをします。

特に色鉛筆で着色して作るプラバンの裏側は、指先で軽く触るだけで色移りが起こるくらいの色落ちが起こるので、コーティングは必ず必要です。

色鉛筆で着色したプラバンの裏側の色落ち
水性ニスだけではなくて清原のUVレジンも重ねてコーティングをすることで、色鉛筆で着色したプラバンの完成度はさらに上がります!
レジンでコーティングしたイニシャルブローチ
もんち
もんち
100均のレジンは硬化させた後にも少しベタつく感じがありますが、清原のUVレジンはベタつきません!

スポンサードリンク

 

プラバンにアクリル絵の具で着色する時の色付け方法とコツ

プラバンにアクリル絵の具で着色をする場合は、油性ペンとアクリル絵の具を組み合わせた色付け方法で完成度の高いプラバンが作れます。

プラバンの表面から油性ペンでイラストの線を書いて、裏面からアクリル絵の具で着色することで、表から見た時に奥行きが出来て線が浮き出てたような立体感が出せるからです。

例えば、下の写真のプラバンは表面から見るとドット柄やボーダーが奥に見えて、油性ペンの文字が浮き出ているように見えませんか?

100均プラバンとアクリル絵の具で作ったプラバン
出典元:Instagram

 

こんな風に奥行きがあるプラバンのデザインも、

  1. プラバンの表から油性ペンで文字や図案を書く
  2. まだ着色はしない状態でプラバンを焼く
  3. 焼いたプラバンの裏面からアクリル絵の具で着色する
  4. ムラが無くなるまで乾かしながら重ね塗りを繰り返す

この4ステップで簡単に作ることが出来ます。

プラバンにアクリル絵の具で着色するのは焼いた後

プラバンにアクリル絵の具で着色する場合は、プラバンを焼いた後に着色するのがおすすめです。

アクリル絵の具で色を塗ってからプラバンを焼くと、プラバンに塗ったアクリル絵の具の部分がひび割れてしまうので、プラバンを焼いた後に塗った方が綺麗に焼けるからです。

油性ペンでアウトラインだけを書いて、色はまだ塗っていない状態のプラバンを焼いた後に、プラバンを裏返して裏面から色付けをします。

アクリル絵の具で色付けして作ったプラバン

出典元:AliceTail~Handmade☆Labo~ プラバン+UVレジンでぷっくりパーツを作る。

 

もんち
もんち
プラバンの裏面から着色することで、完成品の表面もすべすべで綺麗に見えます!

プラバンにアクリル絵の具で着色しても色ムラを出さない方法

プラバンにアクリル絵の具で着色をする時は、乾かしながら重ね塗りを繰り返します。

プラバンに塗ったアクリル絵の具の色ムラは、しっかりと乾かしながら重ね塗りを繰り返すことで分からなくなっていきます。

アクリル絵の具が十分に乾いていないのに、次々と別の色で着色をしてしまうと、アクリル絵の具の色が混ざって汚くなってしまう失敗が起こります。

アクリル絵の具が乾くまでの時間が待てない!という場合は、ドライヤーで乾かすなどすれば時間の短縮が出来ます!

焦らないでアクリル絵の具がしっかりと乾くまで待つという点も、アクリル絵の具で着色するプラバンを上手に完成させるコツの一つです。

アクリル絵の具で着色して作ったプラバンも、コーティングをしないと次第に色が落ちてきてしまうので、滲まないパジコの水性ニスなどで仕上げのコーティングをします。

水性ニスだけではなくて清原のUVレジンも重ねてコーティングをすることで、アクリル絵の具で着色したプラバンの完成度もさらに上がります!

スポンサードリンク



 

プラバンにポスカで着色する時の色付け方法とコツ

プラバンにポスカで着色する時の作り方は、「プラバンを焼く前にポスカで着色する方法」と、「プラバンを焼いた後にポスカで着色する方法」の2種類があります。

プラバンをトースターで焼いた後にポスカで着色をして作る場合は、完成品の発色が良くてポップな雰囲気に仕上がります。

逆に、プラバンをトースターで焼く前にポスカで着色して作る場合は、プラバンで色を付けた部分は、焼き上がりにマット状の仕上がりになります。

もんち
もんち
プラバンにポスカで着色するタイミングの違いで、完成後のプラバンの見た目が変わります!

プラバンにポスカで着色するのは焼いた後?焼く前?

「プラバンを焼く前にポスカで着色する方法」を使うと、プラバンにポスカで書いた文字はモコモコペンで書いたように少し盛り上がった感じのしっかりとした主張になります。

半透明プラバンとポスカで文字が浮き出る立体感のあるプラバンを作る方法

ポスカで着色をしてからプラバンを焼くと、焼き上がった時にポスカを塗った部分がひび割れてしまうこともありますが、しっかりと乾かしてから焼くことでひび割れは起きません。

焼く前にポスカで塗り絵のようにベタ塗りをした部分は、しっかりと乾かして厚塗りになっている部分をティッシュで軽く押さえてから焼くとひび割れません!

プラバンを焼いた後にポスカで着色する方法を使うと、ポスカ特有のポップな雰囲気の色合いがそのまま活かせますが、色を付けた部分の色ムラが起こりやすくなります。

ただ、これはポスカで色ムラを出さない塗り方のコツを知れば簡単に改善することが出来ます。

プラバンにポスカで着色をすると、色ムラになりやすいというデメリットがありますが、同じ方向にペン先を動かし塗ることで、ムラなく綺麗に塗ることが出来ます。

また、表と裏を使い分けた塗り方で文字に奥行きが出せるので、よりポップで可愛いデザインのものも作れます。

ポスカで作るプラバンの表と裏で使い分けて塗って立体感を出す方法で作ったプラバンアクセサリー

ポスカで着色したプラバンも、コーティングをしないと擦れて次第に色がハゲてきしまうので、滲まないパジコの水性ニスなどで仕上げのコーティングをします。

水性ニスだけではなくて、清原のUVレジンを重ねてコーティングをすると完成度がさらに上がります!

スポンサードリンク



 
関連記事
ポスカでプラバンを作る方法!両面を使い分けて塗ると可愛いデザインになるの記事のアイキャッチ画像
プラバンにポスカで着色する時に塗り方で失敗しないコツと作り方!プラバンをポスカで作る時に色ムラがでない塗り方や作り方を紹介します!やすりがけなしの透明プラバンでもポスカのインクをはじかないで綺麗に書ける方法や、ポスカで両面使いで色を塗る方法でプラバンのデザインをおしゃれに見せるアレンジ方法などを紹介!ポスカのインクをしっかりと乾かせば、ひび割れたりの失敗も起こりません!...

プラバンにクレヨンで着色する時の色付け方法とコツ

プラバンにクレヨンやクレパスで着色をする方法は、グラデーションを作りたいと考えている場合に向いています。

プラバンにクレヨンで着色するには、プラバンの表面を紙やすりで削る必要がありましたが、今ではもうその必要はありません。

100均で販売されているフロストタイプのプラバンを使えば、片面に手触りがザラザラとしている加工がされているので、紙やすりで傷を付けなくてもクレヨンで着色が出来ます。

セリアの色鉛筆でも書けるプラバン

セリアのフロストタイプのプラバンの使い方と使い心地は、こちらの記事でまとめています。

色鉛筆用のプラバンで完成度が上がる作り方!ヤスリなしでも色塗りが出来る記事のアイキャッチ
プラバンに色鉛筆でやすりなしで塗れるフロストタイプを使った作り方!プラバンに色鉛筆で着色をする時に上手く見せるコツは、ボカシやベタ塗りでも出来るだけ薄く色付けをすることです。以前は紙やすりで片面を削ってしか色が塗れなかったプラバンですが、今では色鉛筆やボールペンなどで直ぐに着色が出来るプラバンが100均で販売されています。また、色移りが起こる色鉛筆での着色で必須の仕上げコーティングで、水性ニスが滲まない方法や、レジンでぷっくり可愛くつるつるに綺麗に仕上げるコツも紹介!...

プラバンにクレヨンでグラデーションを作る方法

プラバンにクレヨンで着色をしてグラデーションを作る時の色付け方法は、

  1. クレヨンで違う色を重ねながら塗る
  2. 厚塗りになった部分をティッシュで叩いてボカしていく
  3. プラバンに薄く色が付いてグラデーションになれば焼く
クレヨンで塗ったプラバン

出典元:自分だけの“プラ板アクセ”が作れちゃう!ふぞろい感が可愛い♡|MERY [メリー]

 

という3ステップです。

もんち
もんち
クレヨンやクレパスで綺麗なグラデーションを作るには、プラバンに塗る時の濃さがポイントです!

プラバンでのクレヨンの塗り方は薄付きが綺麗になる

プラバンにクレヨンで着色をする時は、トースターで焼いた時に色が濃くなることを考えて、「ちょっと薄く塗りすぎてるかな?」と感じるくらいが丁度良いです。

プラバンはトースターで焼くと縮むので、小さく縮んだ時に色が濃縮されるように濃くなるからです。

クレヨンで薄く塗る方が綺麗なグラデーションが作れます!

 

クレヨンで着色する時に色を濃く付け過ぎていると、プラバンが焼けた時に上手くグラデーションが作れずに、ただの色の濃いプラバンとして焼き上がってしまうだけになります。

なので、プラバンにクレヨンで着色をして綺麗なグラデーションを作るには、

  1. 「これじゃ色が薄過ぎるかな?」と思うくらいの濃さで色を付ける
  2. 厚塗りになり過ぎた部分はティッシュでぼかしながら拭き取る

という2つのコツに気を付けながら作る色付け方法がポイントです。

クレヨンやクレパスで着色したプラバンも、コーティングをしないと色移りが激しく起こってしまうので、滲まないパジコの水性ニスなどで仕上げのコーティングが必要です。

水性ニスだけではなくて、清原のUVレジンを重ねてコーティングをすると完成度がさらに上がります!

スポンサードリンク



 

プラバンにマニキュアで着色する時の色付け方法とコツ

プラバンにマニキュアで着色をする方法には、「プラバンの裏側から色塗りする方法」と、「プラバンの表側から色塗りする方法」の2種類があります。

どちらの色付け方法を使ったとしても、まずは、油性ペンでイラストのアウトラインだけを書いて、色塗りをしていない無着色状態のプラバンをトースターで焼きます。

そして、焼き終わったプラバンのイラストのアウトラインの中を、塗り絵のようにアクリル絵の具で塗りすすめていきます。

「絵を書くことが苦手だしあまり書きたくない!」という場合には、「プラバンの表側から色塗りする方法」がおすすめです。

何故なら、特にイラストを描かなくても、円形や三角形にただ切り取っただけのプラバンを焼いてマニキュアで着色するだけで、人気の宇宙柄も簡単に作れるからです。

レジンコーティングをしたプラバンブローチ

100均のマニキュアを混ぜ合わせて着色することで作れる宇宙柄の作り方は、こちらの記事で紹介しています。

100均マニキュアで簡単な宇宙塗りをしてのプラバンブを作る方法!100均マニキュアやラメを使った宇宙塗りのやり方で上手に宇宙柄を作る方法を紹介!スポンジを使って、マニキュアを叩いて塗り重ねていくだけで簡単に作れます!最後にレジンでコーティングをすると、宇宙塗りに潤いが出てラメのキラキラも綺麗になります!トップコートでのコーティングはすぐに剥がれるのでレジンがおすすめです!当記事では、宇宙塗りを使った「宇宙柄プラバンブローチ」の作り方と材料を紹介しています。...

また、三角に切ったプラバンにリキュールネイルを塗って乾かすだけで、ステンドグラスのように透き通った可愛いプラバンピアスも作れます。

プラバンにマニキュアで着色して焼いたピアス

こういったプラバンピアスは、100均のリキュールネイル用のマニキュアなどを着色材料として使えばが簡単に作ることが出来ます。作り方は以下の記事で紹介しています。

リキュールネイルで作ったプラバン
プラバンとリキュールネイルで作る本格プラバンピアスがお洒落!キャンドゥ(100均)のリキュールネイルを使ったステンドガラス風の本格的なプラバンピアスを作り。リキュールネイルはグラデーションを作りやすく、プラバンに着色すると鮮やかなスケルトンになって凄く綺麗です。また、話題の「塗って剥がせるネイル」と「ほぼ100均ネイル」も試してみたメリットとデメリットと速乾をUPさせるプチ裏技も。...

プラバンにマニキュアを塗る時に手が汚れない方法

プラバンにマニキュアで着色をする時は、色鉛筆や油性ペンで塗る時よりも手が汚れてしまいやすいです。

「マニキュアで色を塗る時に指先が汚れるのは嫌だ!」と思っている場合は、貼っても剥がしやすいマスキングテープで、割り箸とプラバンをくっつけてから塗ってみて下さい。

レジンでコーティング
もんち
もんち
この方法は手が汚れなくてプラバンも動かなくて塗りやすいです!

プラバンのコーティングにトップコートは耐久性がない

マニキュアで着色して作るプラバンのコーティングにトップコートを使う方もいますが、トップコートでのコーティングは長持ちしなくて耐久性がありません。

ネイルが数週間で剥げて来てしまうのと同じくらいしか耐久性がありません!

マニキュアで着色をしてプラバンを作る時にも、滲まないパジコの水性ニスや、耐久性がある清原のUVレジンなどでコーティングをした方が仕上がりも綺麗で長持ちします。

スポンサードリンク



 

プラバンにイラストを印刷して手書き着色なしで作る方法!

イラストを書くことが苦手だってり、キャラクター物のプラバンを作りたい時には、プラバンにイラストや画像を印刷して作る方法が簡単でおすすめです。

ただし、普通の透明プラバンに家庭用のインクジェットプリンターで印刷は出来ません!

透明プラバンに印刷をする時には、プラバンの表面にヘアスプレーを吹きかけて乾かし、フロストタイプのプラバンのような状態にしてから印刷をする必要がありました。

もんち
もんち
今ではヘアスプレーを使わなくても、イラスト画像や写真の印刷が出来るプリントプラバンが販売されています!

プラバンにヘアスプレーなしでイラストを印刷する方法

プラバンにイラストや写真の印刷をしたい場合は、プラバンにヘアスプレーを吹きかけて印刷が出来る状態にするのではなく、印刷が出来る「プリントプラバン」を使います。

ダイソーの印刷プラバン
印刷が出来るプラバンは100均でも販売されています!

プリントプラバンを使うと、事前にプラバンにヘアスプレーを吹きかけていなくても、イラストや写真の画像を綺麗に印刷することが出来ます。

プリントプラバンに印刷した画像
もんち
もんち
手書きでイラストを書き写して色を塗っていくという面倒な作業がなくなって凄く簡単にプラバンが作れます!

プラバンにインクジェットプリンターで印刷する時の注意点

プリントプラバンにインクジェットプリンターでイラストの印刷をした時は、印刷面に直ぐに触れてしまうとインクが滲んでしまいます。

また、プラバンにイラストや画像の印刷をする時には、イラストの色を薄くしておいた方が、トースターで焼いた時にクオリティーの高い綺麗な焼き上がりになります。

もんち
もんち
イラストや写真の画像のコントラストを下げると色が薄くなります!

色がはっきりとしている状態のプラバンをトースターで焼くと、プラバンが縮んだ時に色が濃くなり過ぎて焼き上がりになってしまうので注意!

このように、プリントプラバンにイラストを印刷してプラバンを作る場合は、幾つかのコツを知っておいた方が、完成品のクオリティーも高いものになります。

プリントプラバンを使う時のコツやプリンターの設定方法は、こちらの記事で綺麗にまとめているので、イラストを印刷して作りたい時にはぜひ見てみて下さい!

プリントプラバンで綺麗に印刷するコツはこちら!
印刷プラバンでスヌーピー作り
100均の印刷プラ板で滲む失敗がない作り方のコツとプリンターの設定!100均の印刷プラ板は半透明と白プラバンの2種類でセリアやダイソーで販売されています!プラ板に印刷する時の設定のやり方や、印刷する画像の作り方、プラ板に印刷した時にインクが滲む失敗をしない作り方のコツなどを紹介します!インクジェットプリンター対応で家庭用のプリンターでも印刷が出来るので、好きな画像やキャラクターを印刷することも可能です!...

スポンサードリンク



 

まとめ

プラバンの完成度が高くなる着色の種類と色付け方法のコツをまとめると、

色鉛筆で着色するコツ

色鉛筆でプラバンに着色する場合は、プラバンの表側から油性ペンでアウトラインを描いて、裏側から隙間なく色鉛筆で色を薄く塗る。

濃く塗りすぎた部分はティッシュなどで叩くように軽く拭き取ってから焼く。

アクリル絵の具で着色するコツ

プラバンの表側から油性ペンでアウトラインを描いて、色塗りはプラバンを焼いた後にする。

アクリル絵の具での着色の時に色ムラが出る場合は、しっかりと乾かしてからの重ね塗りを繰り返す。

ポスカで着色するコツ

ポスカで着色する場合は、プラバンを焼く前に塗った部分はトースターで焼くとひび割れてしまうので、色塗りのようにベタ塗りする部分は焼いた後に塗る。

プラバンを焼く前にポスカを使う場合は、アウトラインなどの線のみにする。

クレヨンやクレパスで着色するコツ

クレヨンやクレパスで着色をして、プラバンにグラデーションを作る着色する場合は、プラバンを焼く前に薄く色を塗る

グラデーション作りは、3色くらいの色を円を描くように混ぜ合わせて、ティッシュなどで軽く拭き取るようにボカしていく。濃く塗り過ぎない。

マニキュアで着色するコツ

マニキュアでちゃする場合は、プラバンを焼いた後の方が綺麗に仕上がる。

100均のマニキュアを混ぜ合わせて宇宙柄を作ったり、リキュールネイルを使って透き通ったステンドグラスのようなプラバンも作れる。

以上が、プラバンの完成度が高く見える着色方法の種類と色付けのコツです。

でも、「イラストを書くことがどうも苦手だ!」という場合には、手書き着色なしで印刷するだけで完成度の高いプラバンが作れるプリントプラバンがおすすめです。

もんち
もんち
印刷するだけで簡単に可愛いキャラクターのプラバンが作れます!
印刷が出来るプリントプラバンで作るコツはこちら!
印刷プラバンでスヌーピー作り
100均の印刷プラ板で滲む失敗がない作り方のコツとプリンターの設定!100均の印刷プラ板は半透明と白プラバンの2種類でセリアやダイソーで販売されています!プラ板に印刷する時の設定のやり方や、印刷する画像の作り方、プラ板に印刷した時にインクが滲む失敗をしない作り方のコツなどを紹介します!インクジェットプリンター対応で家庭用のプリンターでも印刷が出来るので、好きな画像やキャラクターを印刷することも可能です!...

それぞれの着色方法で作ったプラバンは、滲まないパジコの水性ニスや耐久性がある清原のUVレジンなどで仕上げのコーティングをすることも忘れてはいけません。

レジンでコーティングしたイニシャルブローチ
もんち
もんち
最後もコーティングをすることで、見た目の完成度も耐久性もグンとアップします!

「まずは、プラバンを綺麗に真っ直ぐに焼ける方法が知りたい!」という場合には、以下の記事が参考になると思うのでぜひ見てみて下さい。

プラバンで失敗しない上手な焼き方にはコツがあるの記事のアイキャッチ
プラバンで失敗しない上手な焼き方にはコツがある!プラバンを焼いた時に曲がったり歪んだりぐにゃぐにゃになってしまったり、そんな失敗がなくなるには焼き方にコツがあります。アルミホイルではなくて、焼いてもくっつかないクッキングシートや魚焼きホイルを使ったり、取り出すタイミングを知ったりするだけで、プラバンの焼き上がりが一気に綺麗になります!当記事では、そんなプラバンの焼き方のコツや、失敗しない方法と材料を紹介しています。...

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/

関連記事