MENU
プラバン

プラバンをレジンでコーティングする方法!ぷっくり可愛くなる塗り方を紹介!

プラバンをレジンでコーティングする方法!ぷっくり可愛くなる塗り方を紹介!

\有名ブランドもポイント最大50%還元!/

プラバンはレジンでコーティングすることで色落ちを防げたり耐久性がアップします。

また、レジンを塗ることでプラバン表面がぷっくりと可愛くなり、完成度の高い仕上がりになります。

ところが、レジンでコーティングする時に油性マジックが滲んでしまったり、たくさんの気泡が入ってしまったり、うまくコーティングできない失敗もよく起こります。

この記事では、プラバンにレジンでコーティングする時に失敗しない塗り方とコーティング方法のコツを紹介します。

記事を読み終わると、プラバンへのレジンコーティングが上手くなります。

スポンサードリンク

プラバンの基本の作り方

まず、プラバンの基本の作り方を紹介します。

今回は色鉛筆でプラバンを作る時の基本の作り方で紹介します。

アイコン名を入力

色鉛筆でプラバンに着色する時は、やすりなしで色鉛筆で着色ができるフロストタイプのプラバンが便利です!

色鉛筆で作るプラバンの作り方のコツは、【プラバンに色鉛筆でやすりなしで着色する塗り方!フロストタイプが簡単!】で紹介しています。

「色鉛筆で上手にプラバンを作りたい!」と思う場合は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ではでは、色鉛筆を使ったプラバンの基本の作り方を紹介していきます。

まず、フロストタイプのプラバンの表側から油性ペンでイラストを書き写します。

プラバンに油性ペンでイラストを描く

次に、フロストタイプのプラバンの裏側から色鉛筆で着色します。

フロストタイプのプラバンの背面から色鉛筆で色を塗る

プラバンに色が塗れたら、オーブントースターにフライパンホイルを敷いてプラバンを焼きます。

オーブントースターでプラバンを焼く

アルミホイルではなくてフライパンホイルの上で焼くことで、焼かれたプラバンがアルミホイルにくっつく失敗がなくなります。

これが、プラバンの基本の作り方です。

焼かれたプラバンがグニャグニャと縮んで上手に真っ直ぐに焼けない場合は、【プラバンで失敗しない上手な焼き方にはコツがある!】を参考にしてみて下さい。

プラバンを真っ直ぐきれいに焼けない人でも、きれいに真っ直ぐに焼けるようになるコツを紹介しています。

また、アクリル絵の具やポスカでプラバンを作りたい場合には、【プラバンの完成度が上がる着色の種類と色付け方法のコツと作り方!】を参考にしてみて下さい。

色鉛筆を使った着色以外(ポスカやアクリル絵の具)のプラバンの作り方も紹介しています。

続いて、焼き上げたプラバンをレジンでコーティングする方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

 

プラバンをレジンでコーティングする時の塗り方

プラバンを焼き終わったら、プラバン背面と表面を油性ペンでも滲まないパジコの水性ニスでコーティングします。

滲まないパジコの水性ニスでプラバンをコーティングする

レジンを塗る前に滲まない水性ニスでコーティングしておくことで、レジンで油性ペンが滲んでしまう失敗を防ぐことができます。

水性ニスが乾いたら、レジンを適量垂らして爪楊枝で広げます。

レジンを適量垂らして爪楊枝で広げて塗る

まずは適量のレジンを硬化させてから再度レジンを重ね塗りします。

レジンの重ね塗りで厚みを持たせることで、プラバンの表面がぷっくりと可愛く仕上がります。

もんち

一度にたっぷりとレジンを垂らして液ダレしないように注意しましょう!

プラバンのコーティングで使うレジンは、陶器のようにツルツルにきれいに仕上がる清原のUVクラフトレジン液がおすすめです。

レジンを垂らした時にできる気泡(レジンの中にできる泡みたいなもの)は、爪楊枝の先で取り除きます。

レジンを塗った時にできる気泡は爪楊枝の先で取り除く

気泡を取り除いた後に、UVライトでUVレジンを5分〜10分程硬化します。

プラバンに塗ったUVレジンをUVライトで硬化させる

レジンが固まればぷっくり可愛くレジンコーティングされたプラバンの完成です。

レジンを塗ってコーティングしたプラバンの完成

ここからは、よくあるレジンコーティングの失敗例とその対策を紹介していきます。

レジンで油性ペンが滲んでしまう失敗はどう防げばいい?

油性ペンでイラストを描いた上からレジンを垂らすと、油性ペンがレジンで滲んでしまう失敗がよく起こります。

色鉛筆でもレジンで滲んでしまう失敗がよく起こります。

これらの失敗は、レジンを塗る前に水性ニスでプラバンをコーティングすることで防げます。

ただし、注意点があります。

100均で販売されているような普通の水性ニスではコーティングしないで下さい!

油性マジックや色鉛筆のインクが滲んでコーティングに失敗してしまうからです。

おすすめの水性ニスは、油性マジックや色鉛筆でも滲まないパジコの水性ニスです。

レジンでコーティングをする前に、パジコの水性ニスでプラバン表面を薄くコーティングしておけば、レジンをたっぷりと塗った時にも油性マジックや色鉛筆が滲みません。

レジンでぷっくり可愛くコーティングしたい時はどうすればいい?

レジンでプラバンをコーティングしてぷっくり可愛く見せるには、レジンをたっぷりと使う塗り方がおすすめです。

ただし、一度にたっぷりとレジンを塗ってしまうと液ダレが起こりやすく、上手くぷっくりと可愛く見えてくれません。

まず、適量のレジンをプラバンに垂らして硬化させ、重ね塗りをするように追加でレジンを垂らして硬化させます。

レジンを重ね塗りをする方法でたっぷりとレジンを使ってコーティングした方が、きれいにぷっくりと可愛く仕上がります。

また、100均でもレジン液が販売されていますが、硬化後にベタつきが残ります。

硬化後にベタつきが残らず、陶器のようにツルツルに仕上がる清原のUVクラフトレジン液などを使うことも、レジンコーティングの完成度を上げる一つの方法(コツ)です。

スポンサードリンク

 

プラバンをレジンでコーティングするにはUVライトが必要?代用品は?

プラバンをレジンでコーティングするには、UVレジン液を硬化させる必要があります。

UVレジン液は太陽光に当てて置いておくだけでも硬化してくれます。

なので、「UVライトを買いたくない!」という人は、太陽光に当ててUVレジンを硬化させるというのも一つの手です。

ただし、太陽光に当ててのUVレジンの硬化には数時間かかってしまいます。

それに比べてUVライトで硬化するのにかかる時間はたった5〜10分です。

数千円のUVライトを購入してレジンを硬化させた方が効率もよくきれいに仕上がります。

なので、個人的には太陽光で硬化させるよりも、UVライトを使うレジンのコーティング方法がおすすめです。

スポンサードリンク

 

まとめ

プラバンはレジンでコーティングする方がぷっくりと可愛く作れます。

レジンを塗ってコーティングしてぷっくり可愛く作ったプラバン

また、色落ちなども防げて耐久性もアップします。

きれいにぷっくり可愛く仕上げるレジンの塗り方は、適量をプラバンに垂らして硬化させることを繰り返してたっぷりめにレジンコーティングする方法です。

一度塗りでたっぷりのレジンを使ってしまうと、液ダレを起こしてきれいにレジンコーティングできなくなってしまいます。

また、油性ペンや色鉛筆はレジンでコーティングすると滲みやすくなっています。

油性ペンや色鉛筆で滲みを出さずにレジンコーティングするコツは、油性ペンや色鉛筆でも滲まないパジコの水性ニスでレジンより先にコーティングしておくことです。

そうすることで、油性ペンや色鉛筆の上からレジンを塗っても滲まなくなります。

プラバンをぷっくり可愛く作りたいし完成度も上げたい!

という場合は、ぜひ一度レジンでコーティングするプラバンを作ってみて下さい。

コツさえ掴めばレジンの塗り方も難しくなく簡単です!

今日はここまで〜

プラバンの完成度を上げる作り方のコツはこちらの記事で紹介しています!

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/