プラバン

プラバンにポスカで着色する時に塗り方で失敗しないコツと作り方!

ポスカでプラバンを作る方法!両面を使い分けて塗ると可愛いデザインになるの記事のアイキャッチ画像

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

プラバン制作でポスカを使って色を塗ると、アクリル絵の具のように綺麗に発色が良くなり、鮮やかでポップな可愛い作品が簡単に作れます。

また、プラバンの表裏の両面を使う色の塗り方で、奥行きがあるおしゃれなデザインを簡単に作ることも出来ます。

プラバンの表と裏を使い分けてポスカで色を塗ったプラバン作り

ポスカでプラバンに色を塗るタイミングは、トースターでプラバンを焼く前に塗る方法と焼いた後に塗る方法のどちらでも大丈夫です。

ただし、プラバンを焼く前にポスカで色を塗ると、プラバンを焼いた時にポスカで塗った部分がひび割れたり、カサカサになって粉っぽくなるなどの失敗も起こりやすくなります。

こういった失敗例は、

  • ポスカで色を塗ってインクのつき過ぎている部分を軽く拭き取る
  • ポスカのインクをしっかりと乾かしてからトースターで焼く

など、プラバンにポスカで着色する時の色の塗り方のコツを守った作り方をすれば、頻繁には起こらなくなります。

当記事では、使いこなせば可愛くてポップなプラバンが簡単に作れるPOSUCA(ポスカ)を使ったプラバンの作り方と、失敗しない色の塗り方のコツなどを紹介します。

もんち
もんち
プラバンはポスカのインクを弾いてしまいやすいので、ポスカでプラバンに綺麗なラインを描くには、色を塗る前の下準備やコツも必要です!

プラバンをポスカの着色で作る材料

ポスカで色を塗って作るプラバン制作で使う材料は以下の通りです。

  • プラバン
  • ポスカ(細字タイプおすすめ)
  • 紙やすり(フロストタイプのプラバンを使う場合は不要)
  • はさみ
  • フライパンホイル(アルミホイルでもOK)
プラバン制作の材料は100均で揃えることが出来ます!

これまでは、ポスカのような水性インクでプラバンに着色をする場合は、紙やすりで傷を付けてからでないとインクを弾いて色が塗れませんでした。

最近では、ポスカでもインクを弾かずに色が塗れるフロストタイププラバン」が100均でも購入出来ます。

もんち
もんち
紙やすりで透明プラバンにやすりがけをしてポスカで色を塗るよりも、フロストタイプのプラバンを購入した方が便利です!

ポスカで作ったプラバンをアクセサリーやキーホルダーにしたい場合は、穴開けパンチアクセサリーパーツの材料も追加で必要になります!

※100均で購入可!

ポスカにはペン先の細さに色々な種類がありますが、プラバン作りで使うポスカのペン先は細文字がおすすめです。

細かな線も描きたいと思いペン先がかなり細い極細ペンを購入しましたが、ポスカのインクをプラバンが弾いてしまい、凄く色塗りがやりにくくなりました。

新品のポスカはペン先にインクが染み込んでいない状態なので、ポスカをシャカシャカと振ってから紙にペン先を押し付けて、ポスカのインクをペン先に染み込ませておきます。

ポスカのインクが出過ぎている場合は軽く拭き取っておく!

ポスカのインクが出すぎている状態では、ポスカを使ってプラバンに綺麗なラインが描けません。

ポスカのインクが出すぎてしまっている場合には、ティッシュ等で軽く拭き取っておきます。

プラバンで使うポスカのインクを拭き取る
もんち
もんち
材料が揃ってポスカのインクの拭き取り調節が終われば、早速作っていきましょう!

プラバンでポスカを使う基本の作り方

プラバンをポスカで着色して作る場合にも、プラバンに好きな型紙の図案を書き写すことから始めていきます。

当記事では絵本のキャラクターを型紙代わりにしましたが、ポスカでの色塗りでも作れる図形や簡単なイラストの型紙は、無料でダウンロード出来るものが沢山あります。

プラバンの型紙をポスカで書き写す

まず、型紙や書き写したいイラストの上にカットしたプラバンを置いて、四隅をマスキングテープなどで固定します。

ポスカで塗るプラバンが動かないように固定する

こうすると、型紙を写している最中にプラバンが動かないので、型紙の図案を綺麗に書き写すことが出来ます。

次に、ポスカで塗りつぶす部分を、まずは囲ってから一つずつ塗りつぶしていきます。

プラバンにポスカで塗る時は囲ってから塗りつぶす

この方法でポスカで塗りつぶすと、塗りつぶしたい場所からはみ出さずに綺麗に塗りつぶすことが出来ます。

このイラストでは黒の横を黄色で塗りつぶしますが、黒のポスカがまだ乾いていない状態なのに黄色を塗り始めてしまうと、黒と黄色のポスカが混ざって汚くなってしまいます。

すぐ隣に別の色のポスカで色を塗る時には、必ず先に塗っていたポスカのインクが乾いてから塗り始めます。すると、他の色同士が混ざらないで綺麗に塗ることが出来ます。

また、ポスカがしっかりと乾いた状態だと、ポスカで書いたり塗ったりした場所の上からでも、別の色のポスカで重ね書きをすることも出来ます。

プラバンに塗ったポスカが乾けば別の色で重ね書き出来る

こんな風に先に塗っていた色と違う色のポスカを使って重ねて書いても、色が滲んだり混ざらないで綺麗に重ねて書くことが出来ます。

もんち
もんち
ただ、筆圧が強いと下の色が剥げてしまうこともあるので、重ねて書く時にはあまり強く書きすぎないように注意しないといけません!

ポスカの着色で色を塗ったプラバンを焼く

プラバンにポスカで色が塗れたら、しっかりと乾かしてからはさみでカットします。

プラバンに塗ったポスカが乾いたらはさみでカットする

プラバンに塗ったポスカがしっかりと乾いていることをもう一度確認して、ちゃんと乾いていればトースターで焼けば完成です。

ポスカで作ったプラバン

ポスカがまだ乾いていないのに焼き始めてしまうと、ポスカで書いたラインや塗りつぶした場所に、ひび割れや粉吹きが起きてしまう失敗が起こりやすくなります。

なので、必ずポスカのインクがしっかりと乾いた状態で焼き始めます。

以上がポスカで作るプラバンの「基本の作り方」ですが、ポスカのインクをプラバンが弾いてしまって上手く書けなかったりと、この手順通りに上手く行かないこともあります。

また、ポスカで作るプラバンは、プラバンの表と裏を使い分けて色を塗ることで、ポップで可愛いだけではなくて、奥行きのある面白い雰囲気で作ることも出来ます。

ここからは、ポスカでプラバンを作る時によくある失敗の解決策やコツ、ポスカで作るプラバンを可愛く見せるアイデアを紹介していきます。

スポンサードリンク

 

プラバンがポスカを弾いて書けない時の対処方法!

ポスカは水性なので、プラバンの上で文字を書いたり線を引いた時に、インクが弾いて綺麗に書けない場合があります。

ポスカのインクを弾かないで書けるフロストタイプややすりがけしたプラバン
もんち
もんち
写真の中の左の「Good」の文字ように、つるつるした状態のままのプラバンにポスカで書くと、インクが弾いて文字も汚くなります!

ポスカを使ってラインを書く時に早くペンを動かしたり、極細ポスカで小さな文字を書く時は特にインクを弾いてしまいやすいです。

細かな文字でもポスカのインクを弾かせないでプラバンに書くには、プラバンの片面にやすりがけをして傷を付けたり、フロストタイプのプラバンを使う必要があります。

フロストタイプについてはこちらでまとめています!
色鉛筆用のプラバンで完成度が上がる作り方!ヤスリなしでも色塗りが出来る記事のアイキャッチ
プラバンに色鉛筆でやすりなしで塗れるフロストタイプを使った作り方!プラバンに色鉛筆で着色をする時に上手く見せるコツは、ボカシやベタ塗りでも出来るだけ薄く色付けをすることです。以前は紙やすりで片面を削ってしか色が塗れなかったプラバンですが、今では色鉛筆やボールペンなどで直ぐに着色が出来るプラバンが100均で販売されています。また、色移りが起こる色鉛筆での着色で必須の仕上げコーティングで、水性ニスが滲まない方法や、レジンでぷっくり可愛くつるつるに綺麗に仕上げるコツも紹介!...

でも、プラバンの片面にやすりがけをしたり、フロストタイプのプラバンを使うと、透明のプラバンを使いたくても、半透明状態のプラバンでしか作れなくなってしまいます。

何故なら、フロストタイプのプラバンは元々が半透明で片面が曇っているし、透明プラバンは片面にやすりがけをすると、片面が曇って半透明状態になってしまうからです。

スポンサードリンク

 

透明プラバンでもやすりなしでポスカで書けるコツ

プラバンの片面にやすりがけしたり半透明のフロストタイプ使えば、ポスカでもインクを弾かないで書くことが出来ますが、透明プラバンを使って作りたいこともあると思います。

そんな時には、

  • ポスカの極細ペンを使わない
  • 細かな小さ過ぎる文字や線を書かない
  • ポスカの細字タイプを使う
  • 細字タイプでゆっくりとペンを動かして書く

これらのコツを守って書くだけで、ポスカで透明プラバンに書いた時に、インクが弾いて文字が潰れてしまうことがなくなります。

極細のポスカを使って文字やラインを書こうと試みましたが、どんなに大きな文字を書いても、ゆっくりとペン先を動かして書いても、プラバンの上でインクを弾いてしまいました。

ポスカのインクを弾かないで書けるフロストタイプややすりがけしたプラバン

ところが、細字タイプのポスカでゆっくりとペン先を動かして書けば、つるつるとしたやすりがけなしのプラバンの上でも、ポスカのインクが弾かずに綺麗に文字が書けました。

プラバンでもポスカのインクが弾かない書き方

時々インクを弾いてしまうこともありますが、この方法を使うと綺麗に書けることも多いです。

透明プラバンでやすりがけなしでポスカを使いたい場合には、ぜひ一度試してみて下さい。

プラバンにポスカで書けるフロストタイプが塗りやすい!

透明プラバンにやすりがけをして半透明状態になったプラバンや、元々細かな傷が付いたような状態のフロストタイプのプラバンは、ポスカで文字を書いてもインクを弾きません。

ポスカの極細ペンを使って細かな文字を書いても、インクをプラバン上で弾いてしまって文字が汚くなってしまうことがないので、便利で書きやすくて快適にプラバンが作れます。

でも、半透明プラバンの裏側をポスカで塗っていない状態で焼くと、色の塗られていない部分は白くなって焼き上がるので、透明で透き通ったものは作れなくなってしまいます。

半透明プラバンを使ってポスカで作ったプラバン

やすりがけをしていない透明プラバンだと、色を塗っていない状態で焼くと、色を塗らなかった部分は透けて透明のままで焼き上がってくれます。

ポスカでプラバンの両面を使って塗って作った完成品

こういった透明のままの状態になる部分を残したデザインで作りたい場合には、ポスカのインクを弾きやすくて多少の書きにくさがあっても、透明プラバンで作る必要があります。

逆に、プラバンの裏側の全ての部分を塗ってから焼く場合には、やすりがけをしたりフロストタイプのプラバンを使った方が、ポスカがしっかりと定着して綺麗に焼き上がります。

どちらのタイプのデザインで作りたいかによりますが、隙間なく色を塗って透明な部分を作らないのであれば、綺麗に書けて綺麗に塗れる半透明プラバンの方が作りやすくなります。

半透明プラバン…フロストタイプややすりがけして半透明になったプラバンのこと

プラバンにポスカで書いた線を消す方法!

プラバンにポスカで引いたラインを消したい場合は、ティッシュや綿棒に水を含ませて拭き取れば綺麗に消すことが出来ます。

ポスカで書いて消したい場所
プラバンにポスカで書いて間違えた消したい線
水拭きで消したポスカの線
プラバンに書いて水拭きで綺麗に消せたポスカの線

ただし、プラバンにポスカで書いて直ぐに水拭きした場合に限ります。

ポスカで書いて完全に乾いた状態では、水で拭いても簡単には消えなくなってしまいます。

また、フロストタイプのプラバンや、透明プラバンにやすりがけをした状態のプラバンだと、ポスカで書いて直ぐの状態で水拭きをしたとしても消すことが出来ません。

プラバンでポスカの色ムラがなくなる塗り方のコツ

水性のポスカでプラバンに着色した場合は、どうしてもポスカで塗ったムラが気になってしまうと思います。

プラバンに塗ったポスカの色ムラが気になる

でも、プラバンはトースターで焼くと縮むので、焼く前だと目立つ色ムラでも、トースターで焼いてしまえば目立たなくなります。

ポスカの色ムラが気になって何度も塗り重ねて厚塗り状態になってしまうと、トースターで焼いた時にヒビが入ってしまったり、不自然に粉っぽい状態になり汚くなってしまいます。

「少しムラがあるな〜」と思うくらいならば、何度も塗り重ねてしまうよりも、そのまま焼いてしまった方が、色ムラも気にならずに綺麗に焼けることの方が多いです。

ただ、色んな方向に向かってぐしゃぐしゃに塗るよりは、ペンの進む方向を一定方向に決めた塗り方の方がおすすめです。

ポスカで色ムラを出さずに塗る方法

この塗り方だと、何も決めずにぐしゃぐしゃにペン先を動かして塗った時よりも、ポスカの色ムラが気にならなくなるからです。

プラバンは両面を使うポスカの塗り方で可愛く作れる!

プラバンをポスカを使った色塗りで作る時には、表と裏の両面からの塗り方で奥行きが出て可愛く見えます。

例えば、プラバンの表側に「ABC」の文字を書いて、プラバンの裏側には少しずらして「ABC」の文字を書いて焼いたとします。

焼いて縮んだプラバンには厚みが出るので、表と裏の両面を使って書いた文字には奥行きが出ます。

表と裏で使い分けてポスカで塗ったプラバン
もんち
もんち
少し立体感が出て可愛くなります!

次に、表裏の両面を使い分けて紐が交差しているようなデザインでも作ってみました。

ポスカで作るプラバンの表と裏で使い分けて塗って立体感を出す方法で作ったプラバンアクセサリー

少し複雑なこちらのデザインでも、紐や文字が交差しているような奥行きがある雰囲気を作ることが出来ました。

半透明プラバンでは透明な部分を作ることは出来ませんが、ポスカで同じような色の塗り方をすることで、文字が浮き出たようなデザインで作ることは出来ます。

半透明プラバンとポスカで文字が浮き出る立体感のあるプラバンを作る方法
もんち
もんち
ポスカは発色が良いので、表と裏を使い分けて色を塗ったりイラストを書くことで、よりポップで可愛い印象のものが作れます!

まとめ

ポスカで色を塗ってプラバンを作る時には、プラバンを焼く前とプラバンを焼いた後のどちらでも大丈夫なのですが、焼く前に色を付けている人が多いです。

プラバンを焼く前にポスカで色を塗る場合には、

  • ポスカを厚塗りし過ぎないこと
  • ポスカのインクを十分に乾かしてから焼くこと

この2つさえ気にしていれば、ポスカで塗ったプラバンを焼いた時に、塗った部分にヒビが入ってしまったり、引いたラインが粉っぽくなってしまう失敗は減らせます。

もんち
もんち
ポスカが厚塗りになってしまった場合は、ティッシュで軽く叩くように拭き取りましょう!

また、少しでもポスカで色を塗らない部分があるのであれば、透明プラバンで作った方が透ける部分を作れておしゃれに見せられます。

ポスカでプラバンの両面を使って塗って作った完成品

逆に、全ての面に色を塗るのであれば、やすりがけをしたプラバンやフロストタイプの半透明プラバンを使った方が、ポスカで色を塗ったりがやりやすくなります。

半透明プラバンでも両面を使い分けて塗ることで、透明プラバンの時と同じように文字が浮き出たような奥行きのあるデザインが作れます。

ポスカでプラバンを作る時に裏と表で色を塗って作ったおしゃれな文字が浮き出たデザイン

ポスカでどんなデザインのプラバンを作りたいかによって、使うプラバンを使い分けながら作ることも、ポスカで作るプラバンを上手に見せるポイントになります。

今日はここまで〜

プラバンの完成度が上がる着色の種類と色付け方法のコツと作り方!
プラバンの完成度が上がる着色の種類と色付け方法のコツ!100均プラバンでも完成度が高く見える着色材料と方法は?簡単に上手く見せられる色付け方法をまとめました!着色材に合わせた色付け方法とコツを知れば失敗もなくなる!アクリル絵の具やポスカを使った色付けは焼いた後なのか焼く前なのか?色鉛筆やクレヨンでのグラデーションの作り方は?マニキュアを使った宇宙柄の作り方は?全て写真付きで紹介!プラ板のコーティングには滲まない水性ニスがおすすめです!...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事