プラバン

プラバンで失敗しない上手な焼き方にはコツがある!

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

私はプラバン作りが好きでよく焼いています。

プラバン作りを始めた頃は、オーブントースターでプラバンを焼いた時にプラバンが歪んだり、アルミホイルにくっついてしまったりの失敗を繰り返していました。

でも、今ではそんな失敗も全くなくなって、真っ直ぐで綺麗なプラバンを焼くことが出来ています。

プラバンで作ったスニーカー

何度も失敗を繰り返すうちに、プラバンを簡単に上手に焼くことが出来るトースター内に敷く材料や、失敗が少なくなる焼き方のコツやポイントを掴めたからです。

実は、プラバンをオーブントースターで焼く時の時間や温度設定はそこまで重要ではありません。

この記事では、

  • プラバンを焼いてもくっつかなくなる方法
  • プラバンを歪ませないで焼くコツ
  • プラバンの焼き時間や温度設定

など、プラバンを上手に焼く時に知りたくなる情報をまとめています。

もんち
もんち
プラバンを上手く焼くには、温度設定や焼き時間を知るよりも、コツを知って目視で見極める焼き方が一番綺麗に焼けます!

プラバンは歪んで失敗しない焼き方にはコツがある

プラバンをトースターで焼いた時によく起こる失敗は大体3つです。

プラバンを焼いて起こる失敗
  1. アルミホイルにくっついてしまう
  2. 丸くなってひっついてしまう
  3. でこぼこになって歪んでしまう

この3つの失敗は、プラバンを焼く時に使うトースター内に敷く材料と、プラバンを取り出すタイミングを知っておくだけで、簡単に解決することができます。

プラバンが歪まないでまっすぐに綺麗に作れる焼き方

プラバンが歪んだり丸まったりして上手く平らに焼けない失敗で悩んでいる場合は、プラバンを焼いて取り出すタイミングに問題があります。

プラバンを取り出すタイミングは、グニャグニャと丸まったり凸凹しながら縮むプラバンが落ち着いて動かなくなった時です。

もんち
もんち

焦らずに待てば、必ずプラバンが動かなくなって平らになる瞬間が来ます!

 

 

↑この動画のようにプラバンはグニャグニャと暴れて縮まっていくんですが、焦って取り出さずに見守っていると、急にペタンと真っ直ぐになって落ち着きます。

オーブントースターの中のプラバンのグニャグニャ動きが落ち着いて止まってから取り出せば、凸凹プラバンが焼き上がることはまずありません。

また、オーブントースター内を予熱で温めておいてからプラバンを焼くことも大切です。

その方がプラバンに熱が均等に行き渡るので、縮んでいく時の歪みや丸まり加減が少なくなって綺麗に焼きやすくなるからです。

プラバンがアルミホイルにくっついてしまう失敗をなくす焼き方

プラバンを焼いた時にアルミホイルにくっついてしまったり、くしゃくしゃにしたアルミホイルの凹凸がプラバンに付いてしまう失敗もよく起こります。

この失敗の場合は、トースター内に敷くアルミホイルを、魚を焼いても焦げないフライパン用ホイルクッキングシートに変えるだけで改善されます。

もんち
もんち
全くくっつかなくなります!

 

ただし、クッキングシートを敷いた焼き方を使う場合は、注意しないといけないデメリットがあります。

クッキングシートを使うメリット&デメリット

  1. メリット・・・焼いても全然くっつかない
  2. デメリット・・・繰り返して使うとシートが焦げてくる

クッキングシートは魚用ホイルよりも低価格でコスパが良いです。

クッキングシートを敷いた焼き方でプラバンを焼くと全然くっつかなくて、快適にプラバン作りを楽しむことが出来ます。

ただ、注意しないといけない最大のデメリットは焼くと焦げてしまうという点です。

クッキングシートを敷く焼き方は、プラバンを焼く度にクッキングシートを一回一回取り替える必要がある!

燃えてしまうと危険なので、焼いている時もかなり注意して見ておかなければいけない!

魚用アルミホイルも全然くっつかないのは同じです。

何度繰り返し焼いても焦げることがなく安全だというメリットもありますが、アルミホイルやクッキングシートよりも金額が少し上がります。

もんち
もんち
安全面やコスパを考えると、ただのアルミホイルをくしゃくしゃにして使うのが一番でが、クッキングシートや魚用ホイルを使うと快適過ぎてもうアルミホイルに戻れません!

まず、クッキングシート(または魚用ホイル)を少し出してカットします。

クッキングシート

カットしたクッキングシート(または魚用ホイル)を更に2等分します。

クッキングシートを二等分にする

トースターから取り出しやすいように、シートの両端は折り曲げておきます。(※ 持ち手になります)

クッキングシートの端を折り曲げる

この折り曲げた部分を持って、クッキングシート(または魚用ホイル)ごと焼いたプラバンを取り出して押さえつけて平らにします。

押さえつけには、本や箱などにクッキングシートを巻きつけたものを使います。

プラバンをプレスする手作り道具

トースターで熱を加えて縮み切ったプラバンを素早く取り出した、この「手作り道具」を乗せて10秒程待てばプラバンは平らになります。

プラバンを押さえつけて平らにする

本の間に挟んで平らにする場合は、本のページ部分にクッキングシートを挟んでおきます。

スポンサードリンク

 

プラバンをオーブントースターで焼く時の温度や時間は?

プラバンを焼く時には、オーブントースターを使う人がほとんどだと思います。

プラバンが上手に焼けなかった時には、

オーブントースターの温度設定が違うのかな?何度にしたらいいんだろう?
焼き時間が間違っているのかな?何分焼けば綺麗に焼けるのかな?

と考えると思います。

でも、プラバンを歪みなく綺麗に焼くには、温度設定や焼き時間を決めるよりも目視で確認しながら取り出すことが一番綺麗に焼ける焼き方です。

プラバンが歪んだり丸まったりして綺麗に焼けない場合は、プラバンを焼いて取り出すタイミングに問題があります。

もんち
もんち
プラバンをオーブントースターから取り出すタイミングは、歪んだりぐにゃぐにゃして丸まったりしながら縮むプラバンが落ち着いて動かなくなった時です!

 

ただ、オーブントースター内の温度が高くなり過ぎると、プラバンが上手く焼けずにグニャグニャになったままで上手く落ち着かないことがあります。

オーブントースター内の温度は160度くらいを目安にする!

連続して焼いていて、トースターの熱気が凄くて熱いと感じたら、一旦スイッチを切って温度を下げた方が綺麗に焼ける!

スイッチを切ってオーブントースターを一度冷ました場合は、また予熱をしてから焼きます。

温度にムラがあると上手く焼けないので予熱は必須です。

プラバンの縮む方向を知って焼くと綺麗に焼ける

プラバンは、トースターで熱を加えると1/4程度に縮みま。

プラバンの縮む方向は見た目だけでは誰にもわかりません。

残念ながら焼いてみないと分からないです。

縮む方向なんて分からなくてもイイんじゃない?

と思いますよね。でも、一概にそうとは言い切れません。

人物や丸型のイラストは、縮む方向を知っていた方が焼き上がりの完成度や見栄えがグンとUPします!

試しに人物イラストで検証してみます。

プラバンの縮む方向で人物の人相が変わる

  1. 上下から縮む場合→人物の顔は丸顔に太っていく
  2. 左右から縮む場合→人物の顔は細くスマートになる

友達に頼まれて描いた三代目の今市君のプラバンを焼いて確認してみます。

プラバンに書いた人物の顔(三代目の今市君)

このプラバンの場合は、焼くと上下から縮んだので少し小太りになりました。

プラバンが縦に縮んで小太りになった三代目の今市君

左右から縮む方向に合わせてイラストを書いた方が、小太りではなくて細くかっこよく焼けたと思います。

プラバンに書いた人物を焼いた時に、小太りになったり細くなったりすることがあるのならば、縮む方向を知って焼いた方が満足のいく焼き上がりになると思います。

焼いて少し顔が小太りになったパターン
プラバンに縮む方向の比較

でも、プラバンの縮む方向は焼いてみるまで分かりません。

もんち
もんち
プラバンの縮む方向を確認したければ、一度焼いてみる必要があります!

プラバンの縮む方向の確認方法

  1. プラバンの端の方を小さく正方形にカットする(4cm×4cmくらい)
  2. 簡単な顔のイラストを書く
  3. 焼いてみる

この方法で焼いたプラバンを確認すれば、どの方向でプラバンが縮んだのかが分かります。

縮む方向を把握してから人物のイラストを書くと、せっかく書いた人物の顔が予想外に小太りになるなんて事はなくなります。

もんち
もんち
縮む方向が完成品の出来に大きく関わってくる○△□などの図形やイラストで作る場合におすすめの方法です!
まとめ

プラバンの焼き方に正解はなくて、それぞれが自分に合った焼き方を見つけて上手に焼いています。

私の場合は、タイミングを目視で確認しながら焼くこの方法が一番綺麗に焼けました。

色んな方法を調べてみて、自分が一番綺麗に焼ける方法を見つけることも大切だと思います。

今日はここまで〜

プラバンアクセサリー
100均プラバンで上手く見える着色材と色付け方法を使った作り方!100均のプラバンで完成度が高く見えるプラバンが作れる着色材と色付け方法をまとめて紹介します!着色材に合わせた色付け方法とコツを知れば失敗も激減します!例えば、アクリル絵の具やポスカを使った色付けは焼いた後なのか焼く前なのか?色鉛筆やクレヨンでのグラデーションの作り方は?マニキュアを使った宇宙柄の作り方は?などを写真付きで紹介しています。プラバンのコーティングには滲まない水性ニスがおすすめ!...

スポンサードリンク

スポンサードリンク