賃貸DIY

のりなし壁紙の貼り方!両面テープで簡単に自分で貼る方法!

のりなし壁紙の簡単な貼り方!両面テープで剥がせる壁紙を自作して自分で貼る記事のアイキャッチ画像

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

壁紙を自分好みに貼り替えてプチリフォームを楽しむ壁紙のDIYが人気ですが、賃貸だと引っ越しの時に原状復帰で綺麗に剥がさなければいけません。

もんち
もんち
マイホームであっても出来るだけ元の壁を傷付けないで、壁紙を綺麗に貼れる簡単な貼り方はないものかと考えてしまいますよね〜

剥がせるのりを使って壁紙を貼れば、壁紙に空気も入らず綺麗に貼ることができ、剥がしたい時には綺麗に剥がすことが出来るのかもしれません。

でも、「剥がせる壁紙」は一般的な壁紙よりも少しだけ価格が高くなり、「剥がせるのり」は使い方の手順が面倒で作業スペースも必要になるというデメリットがあります。

そこで、自分で綺麗に貼れる剥がせる壁紙の貼り方として認知度の高い、「両面テープ+マステ」で貼る方法を使って、我が家で実際にのりなし壁紙を貼ってみました。

のりなし壁紙を貼った状態で生活をしていると、

両面テープは超強力両面テープを使っておいた方が壁紙が剥がれ落ちてこない

100均のマステは剥がれにくくなって原状復帰には向かない

など、自分で貼れるのりなし壁紙の簡単な貼り方で原状復帰を考えているならば、必ず知っておいた方が良いような特徴の発見がいくつかありました。

当記事ではこんなことが分かります!
  • 自分で貼れる両面テープとマステを使った壁紙の貼り方
  • 剥がせる壁紙を自作する方法
  • 壁紙が剥がれ落ちる時の対処法
  • 壁紙を自分で貼る時の注意点やデメリット
  • のりなし壁紙を貼って約1年後に剥がしてみた結果
もんち
もんち
我が家は引っ越しが決まっていたので、のりなし壁紙を剥がせる貼り方で貼っても現状復帰が出来るのか実験が出来ました!

のりなし壁紙を両面テープで自分で貼る前に知っておくこと

壁紙には「生のり付き」と「のりなしタイプ」があります。

我が家のように賃貸で自分で壁紙を貼って、引っ越しの時に原状復帰で綺麗に剥がすことを考えている場合には、「両面テープ+マステ」の壁紙の貼り方をする人が多いです。

マスキングテープは綺麗に剥がしやすいという特徴があるので、マステと両面テープを使えば剥がせる壁紙を安く自作することが出来るからです。

ただし、両面テープとマステでのりなし壁紙を貼っても、絶対に綺麗に剥がせるという保証はなく、元の壁紙が破れて原状復帰に失敗してしまうという可能性は十分に残っています。

自分で簡単に壁紙が貼れて、剥がしたい時には失敗なく綺麗に剥がせる方が良い!

という場合には、剥がせる壁紙として販売されている商品を購入した方が良いです。

「両面テープ+マステ」の壁紙の貼り方のデメリットを知っても、出来るだけ安く自分で壁紙を貼りたいと思う場合は、まずはお家の壁紙の素材をチェックしてみて下さい。

もし、お家の壁紙がコーティングなしの紙の壁紙だと、「両面テープ+マステ」の貼り方で壁紙を貼っても、綺麗に剥がせる可能性は低くなります。

ビニールコーティングなしの紙の壁紙は、貼っても剥がしやすいマステを貼ったとしても、貼った壁紙から綺麗に剥がせない失敗が起こる可能性が高いです。

もんち
もんち
砂壁もテープが貼り付かずに剥がれ落ちてしまうので、のりなし壁紙を「両面テープ+マステ」で貼る壁紙DIYには不向きになります!

自宅の壁紙がビニール壁紙の場合は、マスキングテープも綺麗に剥がれやすく、元の壁紙を破いてしまう原状復帰の失敗が起こる確率は低くなります。

ただし、ビニール壁紙にマステを貼っても綺麗に剥がれてくれない可能性は十分にあります!
ビニール壁紙で原状復帰が失敗しかけた記事はこちら!
壁紙DIYは失敗が多いことをまとめた記事のアイキャッチ画像
壁紙DIYは失敗が多い?賃貸でおしゃれに貼っても剥がせるのかやってみた!賃貸DIYで出来る壁紙をおしゃれなに変えるリメイクは、原状回復に失敗した!なんて口コミやも多いです。当記事では、壁紙DIYで人気のマスキングテープを使った剥がせる貼り方や、ホッチキスを使った貼り方、そして剥がれる100均のリメイクシートなどを壁に長期間貼ってみて、賃貸でも原状回復DIYや壁紙DIYが失敗しないのかを我が家で検証しました!...
もんち
もんち
自宅の壁紙を調べたら早速壁紙を貼って行きましょう!

のりなし壁紙を両面テープで貼って剥がせる貼り方貼の手順!

のりなし壁紙を簡単に綺麗に貼れる方法と思っている自己流の貼り方です。

まず、貼りたい壁にマスキングテープを等間隔に貼り付けて、その上から両面テープを重ねて貼ります。

マスキングテープの上から超強力両面テープを貼っている
もんち
もんち
両面テープは超強力両面テープを使った方が剥がれ落ちることが少なくなります!

この時に、マスキングテープを貼った上から重ねて貼った両面テープが、マスキングテープの幅からはみ出てしまわないように注意しないといけません。

両面テープよりもマスキングテープのテープ幅の方が少しだけ大きくなるように購入しておきましょう!

マスキングテープのテープ幅が広いものを購入しておくことで、両面テープがマスキングテープからはみ出てしまう失敗がなくなります!

ただし、幅が広すぎるマスキングテープを貼ってしまうと、貼っている面積が広くなり過ぎて、剥がす時に綺麗に剥がれなかったという失敗談も多いです!

ほどほどの幅広を選んでおく方が◎です!

当記事では、3Mの3㎝幅のマスキングテープ↗の上から、ニトムズの2㎝幅の超強力両面テープ↗を重ねて貼っています。

原状回復で剥がせるマスキングテープと両面テープの貼り方

超強力両面テープを使うと、普通の両面テープを使って壁紙を貼った時よりも、壁紙が剥がれて落ちてしまう失敗がなくなります。

もんち
もんち
普通の両面テープや100均の両面テープだと、大きな壁紙を貼り付けるには粘着力が弱いので、壁紙を両面テープで貼る場合は超強力両面テープがおすすめです!

壁紙の柄を合わせてマスキングテープで仮止めする

我が家では、本物みたいなリアルさで人気の「壁紙屋本舗↗」のコンクリート柄の「のりなし壁紙」↗を貼ることにしました。

壁紙屋本舗のコンクリート柄の壁紙ののりなしタイプ

私自身が貼りやすいと思った「のりなし壁紙」の貼り方は、壁に貼る前に壁紙の耳の部分を切り取っておく方法です。

壁紙の耳を切り取る
定規を当ててカッターで切り取れば真っ直ぐ綺麗に切り取れます。

耳を切り取った壁紙が真っ直ぐになるように調節しながら、まずマスキングテープで壁に仮止めします。

隣の壁紙と柄を合わせる

仮止めをしながら壁紙の柄も合わせておくことで、実際に両面テープで貼り付けた時に柄がズレてしまう失敗を防ぐことが出来ます。

もんち
もんち
先に貼った壁紙と柄が綺麗に繋がるように仮止めをします!

マスキングテープで壁紙を仮止め出来たら、一番上以外のマスキングテープを剥がして、壁紙を下からくるくると巻いて抑えます。

壁紙を巻いて手で押さえる

次に、マスキングテープの上に重ねて貼った超強力両面テープを1本ずつ剥がしながら、巻いた壁紙を少しずつ下ろして壁紙を貼り付けていきます。

壁紙を下ろして両面テープで貼り付ける
もんち
もんち
壁紙を下にさげる時には、壁紙が斜めになったりしてシワがよらないように注意!

壁紙の目立つ繋ぎ目を補修する簡単な方法

壁紙の柄を合わせる為に壁紙を重ねた部分(繋ぎ目)は、100均のテープのりを使えば簡単に貼り合わせて、目立たないように補修することが出来ます。

重なり合った壁紙をテープのりで貼り合わせる

壁紙の柄を合わせた時に重なった繋ぎ目の部分を少しだけめくって、100均のテープのりを付け、目立っていた壁紙の繋ぎ目をカードやローラーで押し当てます。

これだけで、壁紙が重なり合って目立っていた繋ぎ目が分かりにくくなります。

壁紙の繋ぎ目の貼り合わせ

あとは、壁紙の柄を合わせながらひたすら同じ方法で貼っていきます。

壁紙のつなぎ合わせ方

貼りたい壁紙で元の壁を全て埋め尽くすことが出来れば、賃貸でも安心な原状復帰可能な壁の貼り方を使った壁紙DIYの終了です!

マスキングテープと両面テープで貼ったコンクリートの壁紙
最後の壁紙を貼った時に中途半端に壁紙が余ってしまったら、余った壁紙はカッターで切り落とします!

コンクリートののりなし壁紙を貼る前と貼った後で比べてみると、部屋の雰囲気がかなり変わったことがよく分かりました。

コンクリートの壁紙を貼る前
壁紙を貼る場所
コンクリートの壁紙を貼った後
コンクリートの壁紙を貼った壁

のりなし壁紙を「両面テープ+マステ」の貼り方で貼ると、上記写真のように大きく部屋の雰囲気を変えることが出来ます。

ただし、「両面テープ+マステ」の貼り方にも100%綺麗に剥がせるという保証はないというデメリットがあります。

メリットだけではなくてデメリットも知っておくべきですし、綺麗に剥がせずに失敗してしまわない為の対策などもしっかりと取っておいた方が失敗する確率も低くなります。

壁紙DIYは失敗が多いことをまとめた記事のアイキャッチ画像
壁紙DIYは失敗が多い?賃貸でおしゃれに貼っても剥がせるのかやってみた!賃貸DIYで出来る壁紙をおしゃれなに変えるリメイクは、原状回復に失敗した!なんて口コミやも多いです。当記事では、壁紙DIYで人気のマスキングテープを使った剥がせる貼り方や、ホッチキスを使った貼り方、そして剥がれる100均のリメイクシートなどを壁に長期間貼ってみて、賃貸でも原状回復DIYや壁紙DIYが失敗しないのかを我が家で検証しました!...

スポンサードリンク

 

のりなし壁紙を貼る時の両面テープは100均を使わない方がいい!

DIYをする中で少しでも材料の節約をしたいと思い、100均のマスキングテープや超強力両面テープも使いましたが使ったことを後悔しました。

100均のマスキングテープだと、数ヶ月が経っただけでも粘着部分が劣化してしまい、綺麗に剥がれにくくなってしまったからです。

黒のマスキングテープに至っては、剥がした時に壁に黒の色素の色移りが起こってしまうという痛い目に合ってしました。

もんち
もんち
そんな理由で、100均には安くて良い商品が沢山ありますが、マスキングテープに関しては良い印象は全くなくなってしまいました…

100均の両面テープに関しては、超強力両面テープは厚みがあるものしかなくて、壁紙を貼る時には不向きだと感じました。

壁紙を貼る時に使う場合は、通常のテープと同じように薄手でありながら、強力な粘着力があるものの方が貼りやすいからです。

私自身は、マスキングテープは3Mの3㎝幅のマスキングテープ↗が、両面テープはニトムズの2㎝幅の超強力両面テープ↗が使いやすいと感じています。

3Mマスキングテープ劣化が起こりにので剥がしたい時に綺麗に剥がしやすいと感じた
ニトムズ超強力両面テープ超強力なので湿気が多い時でも壁紙が剥がれて落ちてこない

ただし、マスキングテープを使った壁紙の貼り方で100%綺麗に剥がせるという保証はありません。

詳しくは、「賃貸での壁紙DIYは原状回復の失敗が多い?実際に貼って剥がしてみた!」という記事でまとめています。

両面テープで貼った壁紙が剥がれる時の原因と対策

我が家では、100均の超強力両面テープでポスターなどを貼った場合には、雨の日などの湿気の多い日にポスターが剥がれ落ちてきてしまうことが多々ありました。

でも、ニトムズの超強力両面テープとマスキングテープを使って貼ったポスターは、湿気がある雨の日でも剥がれ落ちてくることはありませんでした。

単純に100均の両面テープやマスキングテープは粘着が弱過ぎるからだと思いました。

我が家がのりなし壁紙を貼る時に使った壁紙の貼り方は、3Mのマスキングテープの上から、ニトムズの超強力両面テープを重ねて貼る方法です。

原状回復で剥がせるマスキングテープと両面テープの貼り方

この方法で貼った壁紙やポスターは、雨が降って湿気が増した室内でも剥がれ落ちてきたことはありませんでした。

ニトムズの超強力両面テープは、薄くて貼りやすいのに粘着力が本当に強力です!

ただ、ニトムズの超強力両面テープを気に入ってよく使うだけに、お値段がもう少し安ければなといつも感じています。

もんち
もんち
出来るだけ材料を安く済ませたいからと、壁紙を貼る時の材料を100均で揃えている場合は、マスキングテープや超強力両面テープの見直しもおすすめです!

ビニールクロスの上から貼った壁紙を剥がして原状復帰してみた!

我が家のビニールクロスの上から貼ったのりなし壁紙を実際に剥がしてみると、約1年後にも関わらず無事に綺麗に剥がすことが出来ました。

マスキングテープで貼った壁紙でも綺麗に剥がせた

ただし、マスキングテープの裏側には少しの壁紙がくっついていたので、ゆっくりと丁寧に剥がしていなければ失敗していた可能性もあります。

マスキングテープの裏側に破れた壁紙がくっついて剥がれる

のりなし壁紙を「両面テープ+マステ」の貼り方で貼って綺麗に剥がすには、ゆっくりと丁寧に剥がすことも大切です。

マステと両面テープを使った貼って剥がせる壁紙の貼り方は、原状復帰が必須の賃貸でも剥がしたい時には綺麗に剥がせる方法として広まっています。

ただし、両面テープとマステを使った貼り方でも、絶対に綺麗に剥がせるという保証はありません。

あくまでも通常のテープよりも剥がしやすいテープがマステというだけで、原状復帰の専用として作られたテープではないからです。

マステの中でもテープの粘着部分の劣化が起こりにくく、剥がしたい時にも綺麗に剥がしやすいと評判の3Mのマステも、原状復帰DIYの専用で作られているわけではありません。

綺麗に剥がすことが目的の原状復帰DIYでの長期間の使用におすすめはしていません。

と、メーカー側が注意喚起をしているくらいです。

引っ越し前の我が家では何度も原状復帰が出来るDIYをしていましたが、実際にマステが綺麗に剥がれにくくなった経験を何度かしています。

マスキングテープを使っていずれ綺麗に剥がすことが目的のDIYでは、デメリットや注意点を知っておいて、「それでもしたいのか」を考えてみる必要があります。

まとめ

のりなし壁紙を「両面テープ+マステ」の方法で貼ると、貼って剥がせる壁紙を簡単に自作することが出来ます。

貼って剥がせる壁紙を簡単に自作して貼れる壁紙の貼り方は、「壁紙を剥がしたい時には綺麗に剥がすことが出来て賃貸でも安心のDIY!」として広まっています。

「貼って剥がせる壁紙」や「剥がせる壁紙のり」は、一般的なのりなし壁紙よりも価格が高いので、剥がせる壁紙を安く自作して綺麗に剥がせることが出来ればそりゃ嬉しいです。

「両面テープ+マステ」でのりなし壁紙を貼っても綺麗に剥がせない可能性も残ります!

のりなし壁紙を「両面テープ+マステ」の貼り方で貼る時に注意しておいた方が良さそうなことは以下の4点です。

  1. 100均のマスキングテープは綺麗に剥がれにくい
  2. 100均の両面テープは超強力と書いていても粘着力が弱い
  3. 両面テープではなくて超強力両面テープを使わないと壁紙が剥がれ落ちやすい
  4. マスキングテープは両面テープよりも幅が太い物を選んだ方が貼りやすい

そして、本当に綺麗に剥がすことが出来るのか、1年半後くらいに実際に壁紙を剥がしてみて気付いたことは以下の4点です。

  1. マスキングテープは貼ってから数年が経つと剥がしにくくなる
  2. ゆっくりと剥がさないとマスキングテープに破れた壁紙がくっついてくる
  3. あまり長い期間貼りっぱなしにしない方が良い
  4. マスキングテープを壁一面には貼り巡らせない方が良い

実際にマスキングテープを使った貼り方で貼る前にググって調べていると、壁一面にマスキングテープを貼って、壁紙や棚を貼り付けていて、

原状回復に失敗した!何が綺麗に剥がせるんだ!

なんて怒っている人もいました。

マスキングテープは綺麗に剥がれると信頼し過ぎずて、あまりにも広い範囲に隙間なく貼りまくらない方が良いです。

「本当に綺麗に剥がせるのかな?」と疑問に思っているけれど、内心は少し気になっていという場合は、まずは小さな範囲でのお試し貼りをおすすめします。

今日はここまで〜

壁紙DIYは失敗が多いことをまとめた記事のアイキャッチ画像
壁紙DIYは失敗が多い?賃貸でおしゃれに貼っても剥がせるのかやってみた!賃貸DIYで出来る壁紙をおしゃれなに変えるリメイクは、原状回復に失敗した!なんて口コミやも多いです。当記事では、壁紙DIYで人気のマスキングテープを使った剥がせる貼り方や、ホッチキスを使った貼り方、そして剥がれる100均のリメイクシートなどを壁に長期間貼ってみて、賃貸でも原状回復DIYや壁紙DIYが失敗しないのかを我が家で検証しました!...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/

関連記事