100均DIY

スマホのVRゴーグルを自作!100均レンズを使った作り方!

スマホのVRゴーグルを自作する方法

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

スマホのVRゴーグルが欲しい。でも、高価なVRゴーグルは買う気がしない。

かといって、安すぎるVRゴーグルの商品は質に不安を感じて買えない。

それでも一回はVR体験してみたいんだよ!

なんて思ったりしていませんか?

スマホのVRゴーグルは、100均の材料無料のダウンロード素材で簡単に自作できます!

しかも、VRゴーグル専用のレンズなしでも大丈夫なんです。

なぜなら、100均のルーペがVRゴーグルのレンズとして使えるからです。

この記事では、100均無料のダウンロード素材を使ったVRゴーグルの作り方を紹介します。

VRゴーグル3パターン
もんち
もんち
VR動画はYouTubeにもあります!自作のVRゴーグルでぜひためしてみて下さい!

100均のレンズと割り箸を使ったVRゴーグルの作り方!

まずは、すごく簡単なVRゴーグルの作り方から紹介します。

VRゴーグルというよりVRメガネに近いもので、VR体験の動画がどんなふうに見えるのかが分かる程度のクオリティーだと思って下さい。

100均で自作するVRゴーグルの材料

材料は以下の通りです。(100均で揃えられます)

  1. ルーペ2個(ダイソー)
  2. 割り箸(100均)
  3. 輪ゴム(100均)
ダイソーのルーペと割り箸と輪ゴム

この3つの材料で、VR動画がVRゴーグルでどんな映像になるのかが見られます。

ただし、VRゴーグルというよりVRメガネ的な簡単なものなので没入感はありません。

もんち
もんち
「YouTubeのVR動画がどんなふうに3Dに見えるのかをちょっと見てみたいだけ」という感じの人にはすごく簡単でおすすめです!

【手順1】100均のルーペ2つを自分の目の幅で並べます。

【手順2】メガネの形になるように割り箸で挟んで輪ゴムで固定します。

輪ゴムと割り箸と2個並べたルーペ

ルーペのレンズのみぞに割り箸をはめると滑らずに固定ができます。

割り箸の挟んだルーペ

たったこれだけで、すごく簡易的なVRメガネが完成です。

割り箸とルーペで作った簡易的なメガネVR

安っぽい作りですよね。でも、YouTubeなどのVR動画を見ると、ちゃんと3Dの映像として見ることはできます。

VRめがねのピントを調節する方法

動画がボヤケてしまうときは、VRめがねのピントが合っていません。

スマホと自作のVRめがねの距離を5cm〜10cmの間で動かしつつ、映像がボヤケない位置を探ってみて下さい。

また、2 個並べたルーペの距離を近付け過ぎないようにもしてみて下さい。

割り箸と100均ルーペで作ったメガネVR

どうですか?映像がボヤけなくなりましたか?

少しカッコ悪いVRゴーグルもどきですが、VRの3D映像は楽しめるはずです。

いやいや… いくらなんでも見た目が悪いでしょ!

と思った人は、GoogleCardboardで無料ダウンロードができるVRゴーグルの型紙で自作するのがおすすめです。

VRゴーグルの型紙で自作をした方が、割り箸よりは本格的なVRゴーグルを作ることができるからです。

もんち
もんち
では、さっそく無料の型紙でVRゴーグルを自作してみましょう!

VRゴーグルをGoogleCardboardのダウンロード型紙で作る方法

まず、VRゴーグルの箱から作っていきます。

【手順1】GoogleCardboardのサイトから型紙を無料でダウンロードします。

Google Cardboardテンプレート

【手順2】ダウンロードしてプリントした型紙を、ダンボールや厚紙に貼り付けてカッターナイフで切り取ります。

グーグルのVRカードボード

【手順3】型紙で貼り合わせて繋げる部分に両面テープを貼ります。

【手順4】ダウンロードした図面通りに型紙を繋ぎ合わせます。

図面通りにVRカードボードを組み立てる

【手順5】型紙を折り返して組み立ててVRゴーグルの箱型を作ります。

VRゴーグルの箱を組み立てる
もんち
もんち
折り返す部分にカッターで軽く切り込みを入れておくと、ダンボールのように分厚くても簡単に組み立てることができます!

これで、VRゴーグルの箱だけの完成です。

続いて、レンズなしの箱だけVRゴーグルにレンズを入れていきます。

スポンサードリンク

 

VRゴーグルのレンズに100均ルーペを使う

無料の型紙で作れるVRゴーグルはレンズなしです。だから、自分でレンズを用意する必要があります。

VRゴーグルのレンズには、100均のルーペを使います。

【手順1】VRゴーグルの箱にレンズを入れる型紙をはめ込みます。

VRゴーグルの目に方をはめる

【手順2】100均ダイソーのルーペを分解して、VRゴーグル用のレンズを作ります。

ダイソーのルーペを分解すると1個のルーペから2個のレンズが取れます。
100均のルーペを分解

ルーペのレンズは接着剤でつけられています。

レンズの蓋の凹みに棒を差し込み、テコの原理を使って力いっぱい剥がすことで分解できます。

100均ルーペの分解方法

【手順3】VRゴーグルにレンズを入れて、VRゴーグルの中心に「支え」の型紙をはめ込みます。

VRゴーグルに支えの型をはめこむ

【手順4】VRゴーグルの蓋になる部分にマジックテープを貼り、スマホをセットします。

手作りのVRゴーグルにスマホをセットする

これで、GoogleCardboardで無料ダウンロードができる型紙を使って自作する「VRゴーグル」の完成です。

無料のVRゴーグルの型紙のクッションを貼る場所

型紙で作ったVRゴーグルの使用感は?(レビュー)

実際にVRゴーグルとして使ってみると、ピント調節がかなり難しいと感じました。

レンズとスマホの距離が自分には近すぎたため、映像が少しボヤケてしまいます。

型紙で作るVRゴーグルは、レンズの位置を手前にすることが難しいです!

ただ、人によって綺麗に見える位置(ピント)は違います。

型紙で作る自作のVRゴーグルが、自分のピントにぴったりの場合もあります。

型紙のVRゴーグルできれいに映像が見える人は、コスパよくVR体験ができてラッキーです。

更に、VRゴーグルをずっと手で持っていると疲れます。特に、首と肩がかなり疲れてしまいます。

帽子のように頭にかぶって手で持つ必要なく見れたり、ピント調節ができるVRゴーグルも2000円代から販売されています。(レビュー評価もなかなか良いです)

もんち
もんち
本格的なVR体験を疲れずにしたいのなら、手で持たずにVR体験ができるピント調節可能な商品が使いやすいです!

スポンサードリンク

 

まとめ

実際に自作したVRゴーグルと安く買えるVRゴーグルを使ってみた感想は、

もっとちゃんと見てみたい!もっと臨場感を味わいたい!

そう思ったのならば、自作ではなくて安い既製品を買った方がまだ臨場感があります。

とはいえ、自作のVRゴーグルでも安く買えるVRゴーグルでも、装着時に多少の光の漏れがあり、まるでそこにいるかのような臨場感はあまりありません。

あえて選ぶとすれば、安く買える手で持たずに頭にかぶれるVRゴーグルです。なぜなら、手で持たない方がラクしてVR体験ができるからです。

最高のVR体験がしたいのならば、高価なプレステのVRゴーグルや、プレステよりも少しだけお手軽なOculusのVRヘッドセットなどが人気です。

自作のVRゴーグルは子供と一緒でも簡単に作れるので、工作にはとてもおすすめです!

今日はここまでー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/

関連記事