100均

100均セリアの厚焼きホットケーキ型で簡単にふわふわに焼くレシピとコツ!

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り )です。

「自宅でもふわふわの厚焼きホットケーキが焼けると嬉しいな〜」なんて思ったことはありませんか?

実はそれ簡単に出来ちゃいます。

100均で販売されているシリコン製の『厚焼きホットケーキ型』を使うと、自宅でもカフェみたいなふわふわの厚焼きホットケーキが焼けるんです。

でも、いざシリコン型を使ってふわふわの厚焼きホットケーキを焼いてみると、綺麗には焼けずに失敗してしまいました。

それでも、上手く焼けるようにと何度も焼き方を調べては練習しをして、やっとふわふわに綺麗に焼けるコツを掴めました。

今回は、ふわふわの厚焼きホットケーキが綺麗に美味しく焼ける「レシピ」「コツ」をまとめてみました。

セリアの厚焼きホットケーキ型で上手く焼くコツ!

今回使用したシリコン製の厚焼きホットケーキ型は、100均のセリアの商品です。

100均セリアのホットケーキシリコン型

薄くて凄く柔らかいです。

100均ダイソーでも、同じような厚焼きホットケーキ型が販売されています。

ダイソーの厚焼きホットケーキ型は、セリアと比べて少し厚みが薄い厚焼きホットケーキが焼けて、網目の模様が入ります。

手軽に厚焼きホットケーキが焼ける100均のシリコン型ですが、厚焼きホットケーキを焼いた時にシリコン型から上手くホットケーキが抜けないという失敗も多いです。

シリコン型から『厚焼きホットケーキ』を上手く抜くコツ

私が使用した厚焼きホットケーキ型は、ホットケーキに網目の焼き目が入らないセリアのシリコン製の型です。

初めて厚焼きホットケーキを焼いた時に、厚焼きホットケーキが型から上手く抜けなくて生地がボロボロになってしまいました。

でも、この失敗の改善策は物凄く簡単でした。

ホットケーキを型から抜けやすくするには、生地を流し入れる前のシリコン型にバターをたっぷりと塗って焼くだけです。

これだけで、シリコン型からするりと厚焼きホットケーキが抜き取れます。

そして、次によく起こる失敗は、【厚焼きホットケーキを焼いていると生地が型から溢れ出てしまう】という失敗です。

この失敗を改善するには、生地を流し入れる量にポイントがありました。

厚焼きホットケーキ型から生地が溢れない焼き方のコツ

厚焼きホットケーキを焼いている時に、シリコン型から生地が溢れてきてしまう場合は、シリコン型に流し込む生地の分量を見直してみて下さい。

厚焼きホットケーキの焼き方を調べた時に参考にした記事の中には、【シリコン容器の七分目までホットケーキミックス注ぐ】と書いていました。

やってみました。七分目はこれくらいです。

100均セリアのホットケーキ型に入れた生地

ところが…。

このまま焼いていると、次第に生地がどんどん膨らんできてしまいました。

100均ホットケーキ型に入れて膨れた生地

生地はどんどんと膨らんでシリコン型から溢れてしまい、見事に失敗してしまいました。

【ホットケーキミックスを入れ過ぎて溢れて失敗】という流れもよくあるみたいです。

ってな訳で、何回かは失敗してしまったボロボロの厚焼きホットケーキを食べました。

一回目で上手く焼ける程に器用ではなかったのです。

でも、バターをシリコン型にたっぷりと塗って、生地を容器の半分くらいまで流し入れて焼くと見事に成功しました。

100均の厚焼きホットケーキ型で焼いたホットケーキ

ほら綺麗!

焼き目のついた外側はサクッとしていて、厚焼きホットケーキの中はふっくらとしていて大成功でした。

  1. 厚焼きホットケーキ型から厚焼きホットケーキが抜けない
  2. 厚焼きホットケーキ型から生地が溢れ出てしまう

この2つのよくある失敗を改善して、綺麗な厚焼きホットケーキを焼くことが出来たので、厚焼きホットケーキを上手く焼く方法とコツを箇条書きでまとめてみました。

厚焼きホットケーキを上手く焼く方法とコツのまとめ!

厚焼きホットケーキが綺麗に焼ける方法とコツをまとめてみました。

ホットケーキの生地は、「厚焼きホットケーキがふわふわに焼ける!」とテレビで紹介されていたレシピで作りました。※ 下記で紹介

厚焼きホットケーキがふわふわに焼けるレシピ
  1. 厚焼きホットケーキ型にバター(マーガリン)を塗って、容器の半分位までホットケーキミックスを流し入れる。
  2. ホットケーキミックスが入った厚焼きホットケーキ型を少し持ち上げてテーブルの上にトントンと数回落として空気を抜く。
  3. 空気を抜いたホットケーキミックスが入っている厚焼きホットケーキ型をフライパンに置いて蓋をして、かなりの弱火で加熱する。
  4. 約5分〜7分で生地の表面にプツプツと気泡が出てきたら容器ごと裏返して、フライパンの蓋を外して弱火で約3分程焼いてフライパンから取り出す。
  5. バターナイフに少しバターを付けて、厚焼きホットケーキ型の内側をたこ焼きをひっくり返す時のようにクルリンとする。

厚焼きホットケーキの生地は、ホットケーキミックスにあるものを加えたアレンジレシピで作ります。

厚焼きじゃない普通のホットケーキとして焼いても美味しいレシピなので、ぜひぜひお試ししてみて下さい。

ホットケーキがふわふわもっちりで焼けるアレンジレシピを紹介!

「市販のホットケーキミックスにある物を加えて焼くだけでふわふわのホットケーキが焼けるんです」と、あるテレビ番組で紹介されていました。

今は終わってしまった「得する人損する人」です。

実際に試してみても普通に焼くよりは美味しかったので、我が家ではずっとこのレシピで作っています。

簡単に美味しく焼けるのでおすすめです。

美味しく焼けるホットケーキの材料

ホットケーキ作りの材料
  • ホットケーキミックス 130g
  • 片栗粉 20g
  • 卵 1個
  • 牛乳 70ml
  • マヨネーズ 大さじ1
  • バター 10g
  • はちみつ 大さじ1/2

美味しく焼けるホットケーキの作り方

ふわもちホットケーキの作り方
  1. まず、マヨネーズと牛乳と卵を混ぜ合わせておく。
  2. その中に片栗粉とホットケーキミックスを入れて切るように混ぜる。

たったこれなんだけです。

片栗粉マヨネーズが入っていることで、ふんわりとしたホットケーキが焼きあがるそうです。

厚焼きホットケーキ型にこのレシピの生地を流し込んで焼く時は、生地が膨れてくることを考えて、容器の半分くらいまでを目安に流し入れます。

焼いているとぷくぷくと膨らんできて、焼き上がる頃には厚焼きホットケーキ型の容器いっぱいまで膨らんだふわふわの厚焼きホットケーキが出来上がります。

試す価値がある裏ワザレシピだと思います。

テレビで『美味しいホットケーキミックス粉』が紹介された!

厚焼きホットケーキが綺麗に焼けて喜んでいたタイミングで、テレビでホットケーキ特集が放送されていました。

『マツコの知らない世界』です。

その放送で、『美味しいホットケーキミックス粉』が紹介されていました。

グルテンフリーの「ダイズラボ」パンケーキミックス

小麦粉未使用の大豆を使ったホットケーキミックスなので、アレルギーがあったりカロリーが気になる方の中でじわじわ人気が出てきていると紹介されていました。

ただ、このホットケーキミックスは膨らみがそんなにありません。

通常のホットケーキとは明らかに違う大豆の香りと風味が特徴で、食事系にはよく合うみたいです。

甘くないパンケーキだと、朝食でベーコンや目玉焼きと一緒に食べるなんてことにもピッタリですね。

「マツコの知らない世界」で紹介された第1位のホットケーキミックス粉

自宅で食べるホットケーキミックス粉】の1位で紹介されたホットケーキミックスは、熊本県立鹿本農業高校が糖質の低い全粒無臭大豆粉(そい・ぷーどる)を使用して作ったホットケーキミックスです。

sumally.com

マツコさんが「香ばしい!香りも全然違う!」と絶賛されていたので、かなり気になって調べてみました。

でも、熊本県立鹿本農業高校の「大豆ホットケーキミックス」は通販で見つけられませんでした。かなり入手困難なようです。

ただ、熊本県立鹿本農業高校の「大豆ホットケーキミックス」のベースとなった、『そい・ぷーどる』を製造している会社が作った「ホットケーキミックス」はありました。

マツコさんがTVで絶賛していた熊本県立鹿本農業高校のホットケーキミックスは、この「そい・ぷーどるのホットケーキミックス」がベースになっています。

テレビで紹介されてから、通販で「そいぷーどる」のホットケーキミックス粉がよく紹介されるようになりました。熊本ではない九州産とか何か違うのかな〜。

何故かマツコさんが絶賛していると、「美味しいんだ!」と食べてみたくなります。

テレビで紹介されているものと全く一緒なものとの見極めが難しいですが、今使っているホットケーキミックス粉がなくなった時にまた買ってみようと思います。

今日はここまで〜

合わせて読みたい

スポンサードリンク

スポンサードリンク