100均

消しゴムはんこよりも簡単?ゴム版はんこを作ってみた!

手作りのゴム版はんこ

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

先日、気になっていた『消しゴムはんこ』に挑戦してみたのですが、なかなか上手くカットが出来ずに苦戦してしまいました。

そこで、ネット検索をして上手く彫れるコツを探していると、消しゴムはんこよりも簡単に作れる!と紹介されている『ゴム版ハンコ』を見つけました。

「え?簡単に彫れるん?じゃ試してみよう!」と思い、『消しゴムはんこ』を諦めて『ゴム版はんこ』に挑戦してみました。

いざ挑戦してみると、カットしたゴム版が固くて剥がれなかったりと、色々と苦戦しましたが、無事に『ゴム版はんこ』を作ることが出来ました。

そこで、『ゴム版はんこ』を作る時に剥がれにくいゴム版を剥がす方法や、失敗しない為に気にかけておくコツをまとめました。

それでは、本日のDIYのスタートです!

『消しゴムはんこ』よりも『ゴム版はんこ』の作成の方が簡単?

「消しゴムはんこよりもゴム版はんこの方が簡単に作れる」という内容の記事を何個か発見して読んでみて、いざ挑戦してみるとなかなかコツがいるものでした。

『ゴム版はんこ』は、ゴム版に書いたイラストに沿ってカッターで切り込みを入れて、切り込みを入れたゴム版の表面を引っ張ってゴムを剥がすだけではんこが作れます。

ゴム版を剥がす

ゴム版の表面を剥がすと、イラストに沿って入れた切り込みにの通りにゴム版の表面が勝手に剥がれてくれて、ゴム版に凹凸が出来てはんこになります。

ゴム版の凹凸が出来たはんこ

この【剥がすだけで凹凸が出来る】という部分が、消しゴムはんこよりも簡単だと言われている理由みたいです。

ただ、実際に作ってみると、ネットで見つけた記事のように簡単にはいかなくて、やっぱり少しのコツが必要でした。

ゴム版はんこの作り方とコツ!

ゴム版はんこを作る時の材料です。

  • ゴム版
  • トレース用紙
  • デザインカッター
  • ペンチ

材料は、100均のダイソーか、ホームセンターで揃えることが出来ます。

ゴム版は、お試しサイズの小さいものだとホームセンターの方が安かったです。(40円〜)

100均やホームセンターで在庫が無い場合は、大判が通販で購入出来ます。

まずは、ゴム版にイラストを書いていきます。

ゴム版

イラストが苦手な場合は、トレーシングペーパーを使って好きなイラストを書き写します。

トレーシングペーパーは、100均で販売されています。

今回は、スニーカーのイラストを書き写しました。

ゴム版に書いたスニーカーのイラスト

次に、書いたイラストに沿ってゴム版の表面を剥がしていくのですが、ゴムを剥がすのには少しコツが必要でした。

ゴム版はんこのゴムが剥がれない時に綺麗に剥がす方法

ゴム版に書いたイラストに沿って、デザインカッターで切り込みを入れて、ゴム版を剥がすとはんこが作れますが、この【ゴムを剥がす作業】がなかなか大変でした。

初めて挑戦した時は、上手く剥がれなくて、物凄く力も必要で、「何が消しゴムはんこよりも簡単なんじゃい!」とさえ思いました。

ただ、少しのコツを知ってからは、比較的簡単ににゴム版を剥がすことが出来ました。

手順は以下の通りです。

  1. イラストに沿って少し斜め内側にデザインカッターで切り込みをいれる
  2. 切り込みを入れた部分を軽く折り曲げる。
  3. ゴム版の切り込み部分をペンチでつまんで剥がし取る。

この方法だと、切り込みを入れたライン通りにゴム版を剥がせます。

【ゴム版の切り込み部分】は、写真で矢印を付けた部分のことです。

ゴム版の切り込み部分

ゴム版に書いたイラストの線と平行になるようにゴム版をしっかりと曲げると、剥がしたいゴム版の部分が少しめくれ上がってくれます。

そのめくれ上がった部分を、先が細いペンチでつまんで剥がし取ります。

ゴム版を剥がすには物凄く力が必要なので、指先でつかんでは剥がせません。(※ ペンチを使う)
ペンチを使ってゴム版を剥がす
また、イラストに沿って少し斜めに切り込みを入れておくと、剥がしたい場所のゴム版がめくれやすいので、ゴム版をつまんで剥がしやすくなります。
剥がしやすいと言っても力はかなり必要なので、先端の細いペンチの使用がおすすめです。ペンチはダイソーでも販売されています。
ゴム版の表面を剥がした場所は、綺麗に凹凸が出来ます。
ゴム版を剥がした場所に出来た凹凸
例えば、上の写真のようなスニーカーのイラストだと、消しゴムはんこで作成するとなると広範囲を切り取らないといけません。
でも、ゴム版はんこでの作成だと、イラストに沿って入れた切り込み部分を剥がし取るだけではんこになります。
ゴム版を剥がす時のコツさえ掴めば、「ゴム版はんこの方が簡単!」と言われても少し納得です。
イラストの細かい部分は、ゴム版をピンセットでつまんでから、ペンチでつかみ替えて剥がしました。
ゴム版をピンセットでつまんで剥がす
今回は細かすぎる部分は少し失敗してしまったので、スニーカーの紐の部分は全部剥がしてしまいましたが、慣れてくると細かい部分だけを剥がすことも可能です。
スニーカーのゴム版はんこ
最後に、スニーカーの形に沿ってゴム版をカットします。
スニーカーの形にカットしたゴム版はんこ
これで、スニーカーの「ゴム版はんこ」の完成です。

『ゴム版はんこ』で同じ形のプラバンも沢山作れる!

今回作った「ゴム版はんこ」は、物凄くシンプルなスニーカーのデザインです。

実際に押してみました。

ゴム版はんこを押す
このスニーカーのデザインをベースにして、模様や色付けだけを書き足します。
ゴム版はんこのスニーカーにデザインを書き足す
この方法だと、スニーカーのプラバンアクセサリーも簡単に色んな種類が作れます。
スニーカーのプラバンアクセサリー

プラバンの作り方とコツについては、【100均プラバンで完成度が高くなる作り方と材料のまとめ! 】の記事で詳しくまとめて書いています。

「ゴム版はんこ」の完成品は薄くてペラペラです。
『ゴム版はんこ』がペラペラで押しにくいと感じる場合は、木材を使って持ち手を作ると押しやすくなります。

「ゴム版はんこ」を作ってみて思った「メリット」「デメリット」

『ゴム版はんこ』を初めて作ってみて、『消しゴムはんこ』より不便だと感じた点(デメリット)は以下の3つです。
  • ゴム版を剥がす力がいる
  • 消しゴムよりも切り込みを入れる力がやや必要
  • 完成のはんこはペラペラで薄い

大きく感じたことだけをあげるとこの3点です。

そして、『消しゴムはんこ』よりも良かったなと感じた点(メリット)は、以下の4点でした。

  • 小さいサイズだと価格が安い
  • 大きい図案だと簡単に作れる
  • 彫る技術が未熟でも簡単に剥がせる
『消しゴムはんこ』も『ゴム版はんこ』も何度か作って慣れないと、最初から上手くいくものではなかったです。
「ゴム版はんこの方が簡単です!」とは言い切れなくて、自分が得意に出来る作業がどっちの方法なのかを試してみて、何度か練習する必要はあると感じました。
私の場合は、どっちのはんこも作ってみて『ゴム版はんこ』の方が好きな作業方法だったので、『ゴム版はんこ』を練習してみたいと思います。
ゴム版は小さいサイズだと数十円で買えるので、価格も安くて簡単に練習が出来る点でもおすすめです。
今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク