ハンドメイド

消しゴムはんこよりも簡単なゴム版はんこの作り方とは!

手作りのゴム版はんこ

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

消しゴムはんこに挑戦してみたのですが、なかなか上手くカットすることが出来ずに苦戦してしまいました。

そこで、ネットで上手く彫れるコツを探していると、消しゴムはんこよりも簡単に作れる!と紹介されている「ゴム版はんこ」を見つけました。

簡単に彫れるのならば試してみようと思い、取りあえずは消しゴムはんこを諦めてゴム版はんこに挑戦してみました。

ごむ版はんこを手作りしてみると、

✓ カットしたゴム版が固くて剥がしにくい

✓ 消しゴムよりも切る力が必要

などなど、色々な苦戦があったものの、慣れて少しコツが掴める段階になれば確かに簡単に綺麗に掘ることが出来ました。

この記事では、ゴム版はんこを作る時に剥がれにくいゴム版を簡単に剥がす方法や、ゴム版はんこの作り方の手順を紹介します。

この記事で分かること!
  • ゴム版はんこの作り方
  • ゴム版はんこの剥がし方
  • ゴム版はんこを使った作品例

ゴム版はんこの作り方!

材料

ゴム版はんこを作る時の材料です。

  • ゴム版(はんが版)
  • トレーシングペーパー
  • デザインカッター
  • ピンセット(または、小さめのペンチ)

トレーニングペーパー、デザインカッター、ピンセット(小さいペンチ)は100均でも揃えることが出来ます。

ゴム版(はんが版)は、100均のダイソーでも販売されていましたが、販売されていない店舗も多いです。

もし、100均でゴム版を見つけることが出来なければ、ホームセンターでも40円くらいから販売されています。(小さいサイズ)

もんち
もんち
ホームセンターでもゴム版が販売されていない場合は、Amazonなどの通販サイトで購入することが出来ます!

作り方

まずは、ゴム版にイラストを書いていきます。

ゴム版

イラストが苦手な場合は、トレーシングペーパーを使って好きなイラストを転写させます。

トレーシングペーパーの使い方は?

鉛筆でトレーシングペーパーにイラストをなぞって裏返し、ゴム版の上に擦り付けるとは、ゴム版に鉛筆の跡が付きます。

今回は、スニーカーのイラストを手書きしました。

ゴム版に書いたスニーカーのイラスト

次に、イラストにデザインカッターで切り込みを入れて、ゴム版の表面を剥がしていきます。

ペンチを使ってゴム版を剥がす

ゴム版は少しかたいので、切り込みを入れた端をペンチやピンセットでつまんで剥がした方が簡単に剥がれてくれます。

もんち
もんち
指先の力だけで剥がすのは少し難しいので、ピンセットや先端が細いミニペンチなどあればかなり剥がしやすくなります!
ゴム版を剥がした場所に出来た凹凸

切り込みを入れたゴム版を剥がすと凹凸が出来るので、消しゴムはんこのようなゴム版はんこが作れます。

全ての切り込み部分のゴム版を剥がすとこんな感じです。

スニーカーの形にカットしたゴム版はんこ

ゴム版はんこにインクを付けて紙に押すと、小学生の図工で作った版画のような質感の「ゴム版はんこ」の完成です。

ゴム版はんこを押す
もんち
もんち
もしも、ゴム版を上手く剥がすことが出来ない場合には、次に紹介する手順で剥がしてみて下さい!

ゴム版はんこが剥がれない?綺麗に剥がす方法

ゴム版に切り込みを入れても、「ゴム版を上手く綺麗に剥がすことが出来ない(;_;)」と悩んでいる人は結構います。

ゴム版にしっかりと切り込みを入れれていても、ゴム版の表面を剥がす作業にはなかなかの力が必要だからです。

ただ、少しのコツさえ知っていれば、何も知らないでゴム版を剥がすよりは、比較的簡単ににゴム版を剥がすことが出来ます。

まず、ゴム版の切り込み部分の所でゴム版を曲げます。(写真で矢印を付けた部分のこと)

ゴム版の切り込み部分

すると、ゴム版にデザインカッターで入れた切り込み部分のゴムが、ほんの少しだけめくれ上がってくれます。

そのめくれ上がったゴム版の端の部分を、先が細いペンチでつまんで剥がし取ります。

ペンチを使ってゴム版を剥がす

ペンチやピンセットを使ったとしても、ゴム版を剥がすには力が必要です。でも、指先でつまんで剥がす時よりもかなり少ない力で剥がせます。

また、イラストに沿って少し斜めに切り込みを入れておくと、剥がしたい場所のゴム版がめくれやすくなります。

切り込みを入れたゴム版をめくれやすくし、めくれたゴム版をつまんで剥がしやすくしておくことも簡単に作れるポイントの一つになります。

ゴム版をピンセットでつまんで剥がす
もんち
もんち
細かい図案の場合は、先にピンセットを使ってゴム版をめくり、次に小さなペンチを使って剥がすと、少ない力で簡単に剥がせます!

スポンサードリンク

 

ゴム版はんこはプラバン作成にも使える!

「ゴム版はんこ」や「消しゴムはんこ」を使えば、同じデザインのプラバンアクセサリーを複数作ることも可能です。

例えば、今回のようなスニーカーのデザインで作ったゴム版はんこを使えば、スニーカーデザインのプラバンが何種類も作れるのです。

ゴム版はんこを押す

ゴム版はんこのスニーカーのデザインをベースにし、模様や色付けだけを手書きで書き足します。

ゴム版はんこのスニーカーにデザインを書き足す

すると、一から全てを手書きしてプラバンを作るよりも、遥かに効率良くプラバンアクセサリーを複製することが出来ます。

スニーカーのプラバンアクセサリー

完成度の高いプラバンの作り方については、【100均プラバンで完成度が高くなる作り方と材料のまとめ! 】の記事で紹介しています。

https://diy-kurashi-cafe.com/entry/puraban-craft-matome

もんち
もんち
ゴム版はんこは薄くてペラペラなので、100均の木材を貼り付けるなどして持ち手を作ると押しやすくなります!

ゴム版はんこは消しゴムはんこよりも簡単って本当?

消しゴムはんこよりもゴム版はんこの方が簡単に作れるよ!

消しゴムはんこに苦戦していた私は、こんなブログや紹介記事を発見し、「簡単なのか!」とゴム版はんこに挑戦しました。

ところが、ゴム版はんこ作りもなかなかのコツが必要です!

それでも、消しゴムはんこよりもゴム版はんこの方が簡単だと言われる理由は、はんこを手作りする手順にあるのでは?と思います。

ゴム版はんこは、ゴム版に転写したイラストに沿ってカッターで切り込みを入れ、切り込みを入れたゴム版を剥がすだけではんこが作れます。

ゴム版を剥がす

切り込みさえしっかりと入っていれば、あとはべりべりゴム版の表面を剥がすだけではんこが作れてしまうのです。

ゴム版の凹凸が出来たはんこ

この、「剥がすだけではんこが作れる」という部分だけが注目され、消しゴムはんこよりも簡単に作れると言われていると感じました。

とはいえ、実際にゴム版はんこを手作りしてみると、いきなり簡単に綺麗に上手く作れるわけもなく練習は必要です。

でも、たった数回の練習で、ゴム版に切り込みを入れる程度や、ゴム版をすんなり剥がすコツなどは掴めてきました。

そういった点を考えると、消しゴムはんこよりも確かに簡単なのかもしれないと思います。

まとめ

ゴム版はんこは消しゴムはんこよりも簡単に作れる!

と言われている理由は、ゴム版はんこはゴム版に切り込みを入れて、ゴムを剥がすだけで作れるからです。

でも、ゴム版はんこは切り込みを入れたゴム版をピンセットでつまんで剥がし取る時に、多少のコツも剥がし取る力も必要です。

消しゴムはんこを手作りするよりは簡単と言われているものの、猿でも出来る簡単さではなく、やはり多少の練習は必要だと感じました。

もんち
もんち
ゴム版はんこを手作りした時に不便だと感じたデメリット3つ!
  • ゴム版を剥がす力がいる
  • ゴム版に切り込みを入れる力が必要
  • ゴム版はんこは細かな図案には不向き(テクニックが必要)

でも、大きな図案のゴム版はんこは、消しゴムはんこよりもかなり簡単に作ることが出来ました、

また、小さなゴム版だと一つ40円くらいで購入出来る手頃さも魅了的です。

なので、消しゴムはんこが上手く作れなくて悩んでいる場合は、一度だけゴム版はんこを試してみるのもありなのではと思います。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/

関連記事