ハンドメイド

ウッドバーニングのDIYをはんだごてでしても上手いく方法とコツ!

ハンダゴテで作ったウッドバーニングのブローチ

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

もんち
もんち
ウッドバーニングをしてみたいな〜

なんて思ったのですが、評判の良いウッドバーニング専用の電熱ペンは少し高価です。

ちょっと試しにやってみたいだけなので、「買うのは嫌だな〜」と思って調べていると、はんだごてでもウッドバーニングが出来ると知りました。

実際にはんだごてでウッドバーニングのDIYをしてみると、本当に電熱ペンのように図柄の焼き付けが出来ました。

ハンダコテでウッドバーニング

ただ、電熱ペンを使わずにはんだごてでウッドバーニングのDIYをすると、電熱ペンのように焼き付けが上手くいかないという人が多いです。

はんだごては最高温度も電熱ペン程に高くはなくて、ペンのように根本付近を握れない構造になっているので、電熱ペンよりも書きにくくて焼き付けが上手くいかないからです。

それでも凝りずにはんだごてで練習を繰り返すうちに、はんだごてでもイラストや焼き付けを効率的に行えるコツや方法をなんとなく掴めてきました。

当記事は、

  • はんだごてで焼き付けがスムーズにいく方法
  • はんだごてででも上手く書ける握り方のコツ
  • こんな安い電熱もあるよ

などをまとめて紹介しています。

もんち
もんち
約1万円の評判の良い電熱ペンを買いたくなく、実際にはんだごてで何度もウッドバーニングの練習をしました!

ウッドバーニングをはんだごてで上手くDIYするにはシナ木材を選ぶ!

はんだごては電熱ペンよりもペン先の温度が低いです、

なので、はんだごてでウッドバーニングをする場合は、焼き目の付きやすい木材を使った方が簡単でした。

焼き色が付きやすい木材を調べてみると、初心者にはシナベニアが最適とのことでした。

シナベニア

ウッドバーニングには最適な素材で、木肌も白く、焼け色が引き立ちます。細かい描写に適していて、焼き絵やクラフトなどあらゆる物に向いています。

出典:ようこそウッドバーニングの世界へ:ウッドバーニング実践講座

 

偶然にも我が家には、DIYで余っていたシナベニアがありました。

シナベニヤ
もんち
もんち
シナベニアの木材はホームセンターで数十円〜数百円で買うことが出来ます。!

実際にはんだごてで試し書きをしてみました。

シナベニアの木材が白っぽいので、電熱ペンのように高温ではないはんだごてでも、十分に焼き付けた色が出てくれました。

もんち
もんち
試し書きも終わったので、さっそく木製ブローチを作っていきます!

はんだごてのウッドバーニングでおしゃれな木製ブローチをDIYする方法!

まずは、作りたいブローチの大きさにシナベニアをカットします。

シナベニヤをカットする

シナベニアはそこまで硬い木材ではないので、100均ののこぎりでもカットが出来ます。

カットした面にバリが出てとげだらけになっても、紙やすりで整えれば簡単に綺麗になります。

この方法で何個か作っておきました。

ハンドメイドの木製ブローチ作り
もんち
もんち
小さめのサイズでカットすると、ブローチやヘアゴムのパーツとしても使えます!

ウッドバーニングで使う木材の準備が出来たら、はんだごてで書く模様の下書き線を書いていきます。

ウッドバーニングは下書きをすると上手く書きやすい

はんだごてを使ったウッドバーニングは直線を引くことが難しいです。

何故なら、はんだごては電熱ペンのようにペンを握るように快適に握ることが出来ません。

だから、下書き線を書いておいて、その線の沿って少しずつ焼き目を付けていくことで、真っ直ぐに引かれた綺麗な模様を書くことが出来ます。

木製ブローチのデザインを下書き
もんち
もんち
フリーハンドで文字やイラストを書ける器用さを持っていても、「ハンダゴテではいつも通りには書けない」と思っていた方がいいです。

はんだごてで直線を綺麗に書くにはステンレス製の定規を使う

下書きの中に直線がある場合は、ステンレスのものさしを当てながらウッドバーニングをすると、持ちにくいハンダゴテでも下書き線に沿って綺麗な焼き目が付けられます。

ものさしは熱強いステンレス製の物を使いましょう!
ハンダコテでウッドバーニング

ステンレスのものさしを使って真っ直ぐの線を引くコツは、ものさしに沿ってゆっくりとはんだごてを動かして、色が濃くなるまで何度も重ね書きすることです。

シナ木材は色が白くて焼き目が付きやすいですが、一回引くだけでしっかりとした焼き目は付きません。

もんち
もんち
はんだごては電熱ペン程に温度が高くないので、何度も重ね書きをして焼き目の色を濃くしていく方が、焼き目の付き方が変になって失敗してしまうことが少なくなりました!

ステンレス製のものさしを当てて繰り返し重ね書きをすることで、電熱ペンじゃなくても綺麗な直線が書けました。

ウッドバーニングでブローチ作り

塗り潰したり広範囲に焼き目を付けたい場合は、はんだごてのペン先を少し倒し気味にしてゆっくりと動かします。

ハンダコテでウッドバーニングの線を上手く書くコツ

慣れるまではなかなか上手く焼き色を付けることが出来ませんでしたが、何度か繰り返し練習をしていると、はんだごてでも複雑な模様や文字のウッドバーニングが出来ました。

ハンダコテでウッドバーニングブローチを作る

はんだごてでの模様の焼き付けが終わったら、仕上げに水性ニスなどを塗って背面にアクセサリーパーツのピンを付けます。

これだけで、ウッドバーニングでDIYする「木製ブローチ」の完成です。

もんち
もんち
ヘアゴムを作る場合は、100均でヘアゴム用のアクセサリーパーツが売っています。

スポンサードリンク

 

はんだごてでウッドバーニングをする時は持ち方に注意する

ハンダゴテは青い持ち手の部分を握ります。これが、安全で正しい持ち方です。

ハンダコテの正しい持ち方

でも、この握り方で文字や模様を書くのは本当に難しいです。安定感も悪くて、普通の直線を書くことすらも困難だからです。

もんち
もんち
はんだごてを正しい持ち方で握って書くと、ペン先が震えてしまって細かなラインや模様を書く時にめちゃくちゃ大変です(><)

でも、ハンダゴテは鉛筆みたいには握れません。

銀色の部分は高温です!触ると火傷します!
ハンダコテの駄目な使い方

上手く線が引けなかったりすると、ついつい気が緩んで鉛筆を持つ時のように握ってしまいそうになります。

間違っても鉛筆のように握ってしまわないようにしましょう!もう大火傷です。

もんち
もんち
そんな持ちにくくて書きにくいはんだごてですが、何度も書いている内にペン先を安定させて綺麗に書くコツを見つけました!

はんだごてで上手く書くコツは持ち方にある

鉛筆のように持てないはんだごてですが、ウッドバーニングで綺麗な模様を書く時に、利き手を支えながら書けば書きやすいです。

ハンダコテでウッドバーニングDIYをする持ち方のコツ
え?はんだごてで綺麗に書くコツってそれだけ?

なんて思われそうですが、手で支えて書くだけで安定感が全然違います。

ウッドバーニングをする木材は、動かないようにマスキングテープでとめておくと書きやすいです。

電熱ペンを使わずに、はんだごてででウッドバーニングをする時のコツをまとめると、

  1. ウッドバーニングをする木材は焼き目が付きやすいシナ木材を使う
  2. 綺麗な直線を引くにはステンレス製の熱に強いものさしを当てて書く
  3. ウッドバーニングをする模様は鉛筆で下書きしておく
  4. 一度で濃い線を書こうとせずに何度も重ねて濃い線にしていく
  5. 広範囲の塗りつぶしをしたい場合はペン先を倒してゆっくりと動かす

こんな感じです。

イラストを考えるのが苦手な場合は、トレーシングペーパーやカーボン紙に書き写した好みのイラストを、木材に擦って転写させてからウッドバーニングをする方法がおすすめです。

この方法だと、イラストや模様を考えることが苦手でも、おしゃれなでかっこいいウッドバーニングが出来ます。

ウッドバーニングのDIYコースター

出典元:https://jp.pinterest.com/pin/782289397742599640/

 

スポンサードリンク

 

まとめ

電熱ペンを買わなくても、はんだごてを使ってウッドバーニングは出来ます。

でも、はんだごては電熱ペン程にペン先が高温ではありません。

だから、焼き付けの色を思うように付けるには、何度も重ね書きをして色を濃くしていく必要がありました。

もんち
もんち
焼き色が付きやすいシナ木材を使うと焼き色が付きやすくはなります。でも、やっぱり重ね書きは必要です。

電熱ペンの場合は温度調節も可能で、はんだごてよりも高温に設定することも出来ます。

また、ペン先の交換が出来るので、塗り潰したい時はペン先を専用のものに交換するだけで作業が格段に早くなります。

はんだごてでウッドバーニングをしてみて、

これはハマりそうな予感がする!

と思った時には、電熱ペンの購入も検討してみるのもアリだと思います。

ペン先の交換の種類も豊富にあるので、細かな部分も描きやすくなって書けるイラストが絶対に増えるからです。

もんち
もんち
DIYショップで試しに触らせてもらいましたが、はんだごてよりも遥かに持ちやすくて書きやすかったです。

もっとウッドバーニングにハマることがあれば、電熱ペンの購入を検討したいと思っているのですが…

Amazonで見ていると、めちゃくちゃ安いのにペン先のセットまで沢山付いている電熱ペンもあるんですよね〜。

これは何故こんなに安いんだろう…


ETEPON ウッドバーニング セット 電熱ペン 110V/60W 温度調節可能200~450℃ 焼き絵 木彫り DIY 作業工具

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク