MENU
DIY

マスキングテープが壁紙から剥がれる!剥がれにくくする方法はある?

マスキングテープが壁紙から剥がれる!剥がれにくくする方法はある?

\有名ブランドもポイント最大50%還元!/

賃貸で壁紙を傷付けずにDIYを楽しむ時の必須アイテムといえばマスキングテープです。

マスキングテープは壁紙に貼ってもきれいに剥がすことができるので、原状回復が必要な壁紙DIYなどで便利に使うことができます。

ところが、

マスキングテープは壁に貼っても直ぐに剥がれてしまう...

なんて話もよく耳にします。

実は、マスキングテープはある注意点を守って使わないと、貼っても直ぐに剥がれてしまうという特徴があります。

そこでこの記事では、

マスキングテープを貼ってもすぐに剥がれてしまう!

という人にぜひ試してみて欲しいマスキングテープを貼る時の注意点と、マスキングテープが直ぐに剥がれてしまう時に試してみて欲しい改善策をまとめました。

スポンサードリンク

マスキングテープを壁紙に貼っても剥がれてしまう時の改善策!

マスキングテープで壁紙やポストカードを貼った時に、すぐに剥がれ落ちてきてしまった経験はありませんか?

マスキングテープを壁紙に貼ってもすぐに剥がれてしまう場合は、以下で紹介する内容が原因となっていることが多いです。

壁が汚れていてマスキングテープの粘着力が弱まっている

ぱっと見た感じでは汚れているように見えない壁紙でも、実はほこり汚れや手垢の皮脂汚れなどが付着しています。

なので、壁紙の拭き掃除をしないでマスキングテープを貼ってしまうと、マスキングテープにほこり汚れや皮脂汚れが付着して粘着力が弱まってしまう可能性があります。

マスキングテープを貼る前の壁紙は、一度きれいに拭き掃除をすることがおすすめです。

壁紙の掃除方法は簡単です。

  1. ハンディモップなどでほこりを取る
  2. 中性洗剤を数滴だけ染み込ませた付近で拭き掃除をする
  3. 水拭きする
  4. 乾拭きする

以上の方法で壁紙を掃除すれば、壁紙に付いたほこり汚れや手垢などの皮脂汚れを落とせます。

二度拭きや乾拭きが面倒な場合は、二度拭き不要でお掃除ができる「ホームリセット」が便利です。

湿気が多い部屋でマスキングテープの粘着力が弱まっている

マスキングテープは湿気が多い部屋では粘着力が弱まってしまいます。

例えば、部屋干しを多くするような部屋や脱衣所でマスキングテープを使っている場合は、マスキングテープの粘着力が弱まって剥がれやすくなってしまいます。

部屋干しが多い湿度の高い部屋や脱衣所などでマスキングテープを利用するのはおすすめできません。

スポンサードリンク

 

幅の狭いマスキングテープを使って粘着力が弱まっている

幅広のマスキングテープを使うと壁に粘着する範囲が広くなります。

なので、マスキングテープの粘着力もアップします。

逆に、幅が狭いマスキングテープを使えば粘着面が少なくなるので、ポストカードや壁紙を貼った時に剥がれ落ちてきやすくなります。

幅が狭いマスキングテープを貼ってもすぐに剥がれる...

と悩んでいる場合は、幅が狭くて細いマスキングテープを使うのではなくて、最低でも幅3cm〜5cmはあるマスキングテープを使ってみて下さい。

ポストカードや壁紙を貼っても剥がれ落ちにくくなります。

とはいえ、壁全体にマスキングテープを貼り巡らせるなどすれば、逆に上手くきれいに剥がれてくれない可能性もあります。

マスキングテープを使った壁紙DIYでの失敗の可能性については、【壁紙DIYは原状回復の失敗が多い?賃貸で貼って剥がせる貼り方を試してみた!】で紹介しています。

マスキングテープを壁紙に貼り付ける時には、まず小さな範囲で試し貼りをして剥がれ具合を確認するなどのチェックが必要です。

また、壁紙にマスキングテープをたくさん使いたい場合には、壁紙リメイクに特化した壁紙専用のマスキングテープを使うこともおすすめです。

壁紙リメイク用のマスキングテープがおすすめ!

マスキングテープには、壁紙リメイクに使える専用として作られた種類もあります。

中でも人気な壁紙マスキングテープがmt CASAのフリースタイプです。

粘着面が広くて粘着力が強いので貼ってもすぐに剥がれてしまう心配がありません。

また、壁紙マスキングテープシリーズの「mt CASA」は、壁などの広い範囲にも貼りやすくてシワが入りにくいフリース素材でできています。

なので、粘着力が強くて貼ってもきれいに剥がすことができるマスキングテープを探している場合は、「mt CASA」の壁紙マスキングテープがおすすめです。

スポンサードリンク

 

まとめ

マスキングテープを壁に貼ってもすぐに剥がれてしまう場合は、以下の方法を試してみて下さい。

  • 壁を掃除してから貼ってみる
  • 湿気の多い部屋(部屋干しする部屋など)で貼らない
  • 幅の広いマスキングテープで貼ってみる

以上の改善策を取ることで、壁に貼ったマスキングテープがすぐに剥がれてしまうことはなくなります。

マスキングテープで壁紙をリメイクすることを考えている場合には、壁紙専用に作られたマスキングテープのmt CASAのフリースタイプがおすすめです。

マスキングテープを貼ると剥がれてきやすいと悩んでいる人が多いとはいえ、きれいに剥がれないで困っている人もいます。

まずは、小さな範囲で試し貼りをしてみて、自宅の壁紙でも問題なく使えるのかを確認してみるべきです。

マスキングテープを貼った後にきれいに剥がれない失敗の可能性については、【壁紙DIYは原状回復の失敗が多い?賃貸で貼って剥がせる貼り方を試してみた!】で紹介しています。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/