手作りままごとキッチン

ままごとキッチンでカチカチ音が鳴るコンロのつまみスイッチを作る方法!

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

カラーボックスを使うと、一から全てを手作りするよりも簡単に完成度の高いままごとキッチンを手作りすることが出来ます。

カラーボックスで作るままごとキッチンの完成品
ままごとキッチン本体の作り方はこちらから!
ままごとキッチンをカラーボックスでDIY!蛇口・シンク・コンロも手作り!
ままごとキッチンをカラーボックスでDIY!蛇口・シンク・コンロを作る方法も紹介!手作りののままごとキッチンをカラーボックスで作る方法を紹介!ままごとキッチンのシンク台を100均タッパーを使って簡単に作る方法や、回転する蛇口ハンドルと木製の蛇口の作り方、木材をくり抜いて作る木製のコンロの作り方、ままごと換気扇のスイッチを作る方法、ままごとキッチンに壁を作って収納棚や100均のフックを使った引っ掛ける収納を作るDIYの方法など、初心者でも出来る簡単な手作り方法を全部まとめました!...

そして、手作りのままごとキッチンに取り付けるコンロのつまみのスイッチは、回すとカチカチと音が鳴る仕組みで作ることも出来ます。

回転した時にプラスチックが弾かれて音が鳴るコンロのつまみのスイッチ

空回りするだけのコンロのつまみスイッチではなくて、つまみを回転させた時にカチカチと音が鳴るだけで、子供も大喜びでスイッチを回して遊んでくれます。

また、音が鳴るつまみのスイッチは、ままごとキッチンのコンロ下だけではなくて、ままごとレンジにも取り付けることが出来ます。

ままごとレンジの簡単な作り方はこちらの記事でまとめています。

手作りのままごとレンジとままごと冷蔵庫をカラーボックスで作る方法の記事のアイキャッチ画像
ままごとレンジとままごと冷蔵庫をカラーボックスで可愛く作る方法!カラーボックスを使ってままごとキッチンのレンジと冷蔵庫を作る方法を紹介!3段カラーボックスの1段を使って音が鳴るつまみスイッチと小窓が付いたままごとレンジをDIY!2段目3段目を使って板張り扉の収納付きのままごと冷蔵庫を作りました!100均の木材で作る木製の取っ手など、カラーボックスを基本に木材と100均材料を使ったDIYで初心者でも手作り出来ます!...

当記事では、100均の木材やプラバンを使った簡単なDIYで、回転させた時にカチカチと音が鳴るままごとキッチンのつまみのスイッチを作る方法を2つ紹介します!

ままごとキッチンのコンロのつまみをカチカチ音が鳴る仕組みで作る方法!

まず、100均で販売されている厚みのある木材に、マスキングテープなどを使って丸型の型を取ります。

100均の木材でままごとキッチンのつまみスイッチの丸型の型を取る

次に、電動のジグゾーや糸鋸を使って丸型に切り抜きます。

ままごとキッチンのコンロスイッチの丸型を切り抜く

次に、丸型の直径の長さに合わせてカットした100均の木の棒と、先に切り抜いていた丸型の木を重ねて置くとスイッチの形になります。

やすりがけありで綺麗な丸型になったままごとキッチンのコンロのつまみ
もんち
もんち
カットした木材は紙やすりで整えると、綺麗な丸型で手触りも良いコンロのつまみスイッチが作れます!

つまみのスイッチでカチカチと音を鳴らす材料

手作りのままごとキッチンでコンロのつまみのスイッチを回してカチカチと音を鳴らす為の材料は以下の通りです。

材料
  • 100均の6mmのダボ
  • 100均の円柱型の木材
  • 100均の積み木(四角い)木材
  • 作った「コンロスイッチ」
ままごとキッチンのコンロのつまみの材料で使う100均のダボ

もし、コンロのつまみのパーツを作ることが面倒だと感じる場合は、手作りままごとキッチン用パーツとして販売もされています。

 

まず、コンロスイッチの裏にドリルで穴をあけます。

購入したダボが6mmの場合は、貫通しないように6mmのドリルで穴を開けます。

ままごとキッチンで使うコンロのつまみに下穴を開ける
もんち
もんち
穴をあけたい深さの位置にマスキングテープで印を付けておくと貫通せずに穴あけが出来ます!

次に、ドリルであけた穴に速乾ボンドを付けたダボを差し込んで固めます。

ままごとキッチンのコンロのつまみに開けた穴に100均のダボを突き刺す
ダボを差し込んで溢れ出るボンドは拭き取っておきます。

次に、円柱の木材に円を描くように、等間隔で8本〜10本の釘を同じ深さで打ち付けておきます。

ダイソーの木材に釘を打つ
もんち
もんち
ダイソーの木材は柔らかいので簡単に釘を打ち込めます!

次に、100均のDIYコーナーで販売されている積み木の木材(四角い木材)に、小さく切ったプラ板をカットして、2枚重ねにしてビスで固定します。

木材にプラスチック板を貼り付ける
もんち
もんち
このプラスチックを弾くことでカチカチという音が鳴る仕組みになりま!

ままごとキッチンにコンロスイッチを取り付ける方法

ままごとキッチンのコンロのつまみスイッチを取り付けたい位置に、つまみスイッチに差し込んだダボよりも大きめの穴をドリルであけます。

6mmのダボを突き刺すので8mmの穴をあけたままごとキッチンの壁

今回の場合だと、コンロのつまみに6ミリのダボを刺していたので、キッチンコンロ下の壁には8ミリの穴をあけました。

ままごとキッチンのコンロのつまみに刺したダボの太さは6mm

次に、コンロ下の壁に開けた穴にダボ付きのつまみスイッチを突き刺して、貫通したつまみスイッチのダボの先端に、穴を開けた円柱の木材を突き刺して固定します。

ままごとキッチンのコンロスイッチの取り付け方法

これで、ままごとキッチンのコンロ下にコンロのつまみスイッチを取り付けることが出来ました。

ままごとキッチンのコンロ下につまみのスイッチを取り付ける

つまみのスイッチを回すと、円柱の木材に打ち込んだ釘が回転をして、プラスチックの先端を弾いた時にカチカチと音が鳴ります。

回転した時にプラスチックが弾かれて音が鳴るコンロのつまみのスイッチ

ちゃんと音が鳴れば、ままごとキッチンに取り付けるカチカチ音が鳴るコンロのつまみスイッチの完成です。

もんち
もんち
良い音が鳴らない時はプラスチックの長さを変えてみて下さい!

ままごとキッチンのガスコンロの作り方は、下記の記事で紹介しています。

https://diy-kurashi-cafe.com/entry/mamagoto-kitchen-diy_3

ままごとレンジのスイッチをカチカチ音が鳴る仕組みで作る方法!

ままごとキッチンだけではなくて、ままごとレンジを手作りすることも人気です。

そこで、手作りしたままごとレンジのスイッチを回した時にも、カチカチと音が鳴る仕組みで作ってみました。

もんち
もんち
ままごとキッチンのコンロのつまみでカチカチと音が鳴るように作った方法とは別のやり方です!

スポンサードリンク

 

ままごとレンジのスイッチを回してカチカチと音が鳴るパーツを作る!

まず、ままごとレンジのつまみのスイッチを、ままごとキッチンのコンロのつまみを作った時と同じ手順で作成します。

コンロのつまみの作り方の手順まで戻って見てみる↗

次に、ままごとレンジのつまみのスイッチを回した時に、カチカチと音を鳴らす為のパーツを作ります。

100均のダイソーで購入出来る円柱の木材に、プラスチックの板を挟む切り込みをいれます。

100均の円柱木材に切り込みを入れる

次に、長方形にカットしたプラバンの先に接着剤を付けて、木材に入れた切り込みに挟んでいきます。

円柱木材に入れた切り込みのプラバンのプラスチック板を挟んでいく

プラスチックを挟み込む個数が多いとカチカチ音が沢山鳴りますが、少しでもラクに作りたいと思い、切り込みを入れる手間を減らして4個だけ挟み込んで作りました。

ままごとレンジのつまみスイッチをカチカチ鳴るようにするプラ板をはさむ

次に、ままごとレンジのつまみスイッチを取り付けたい部分に、電動ドリルで穴をあけます。

ままごとレンジのつまみスイッチを取り付ける場所に穴をあける

ドリルであける穴の大きさは、ビスを突き刺した時に空回りしていると感じるくらいに、ビスよりも一回り大きめの穴にしておきます。

ままごとレンジのスイッチ部分にビスを刺した時にぶかぶかに感じるくらいの穴をあけておく

次に、つまみのスイッチとカチカチ音が鳴るパーツを、ワッシャーと長めのビスの先端に接着剤を付けて取り付けます。(※ 取り付ける順番は下写真参)

ままごとレンジにカチカチ音が鳴るつまみスイッチを取り付ける順番
ビスの先端にだけ接着剤を付けておくことで、つまみのスイッチを回した時に空回りしないで、カチカチと音が鳴るパーツも一緒に回ってくれます!

この順番で固定すると、ままごとレンジのつまみのスイッチを回すと、カチカチと音を鳴らせるプラスチックを刺した木材も一緒に回ります。

ままごとレンジのカチカチと音が鳴るつまみスイッチの仕組みを紹介

次に、プラスチックを刺した木材が回転した時に、回転したプラスチックが当たってカチカチと音を鳴らせるように、回転したプラスチックが当たる距離にビスを打ちます。

ままごとレンジのつまみスイッチを回すとカチカチと音が鳴る仕組み

これで、つまみのスイッチを回した時に、回転したプラスチックがビスで弾かれてカチカチと音がなるままごとレンジのつまみのスイッチの完成です。

手作りのままごとレンジの紹介

手作りのままごとレンジを作る方法は、下記の記事で紹介しています。

手作りのままごとレンジとままごと冷蔵庫をカラーボックスで作る方法の記事のアイキャッチ画像
ままごとレンジとままごと冷蔵庫をカラーボックスで可愛く作る方法!カラーボックスを使ってままごとキッチンのレンジと冷蔵庫を作る方法を紹介!3段カラーボックスの1段を使って音が鳴るつまみスイッチと小窓が付いたままごとレンジをDIY!2段目3段目を使って板張り扉の収納付きのままごと冷蔵庫を作りました!100均の木材で作る木製の取っ手など、カラーボックスを基本に木材と100均材料を使ったDIYで初心者でも手作り出来ます!...

スポンサードリンク

 

まとめ

手作りのままごとキッチンでカチカチと音が鳴るつまみのスイッチを2種類の方法で作ってみましたが、どちらも100均の木材と材料で手作りすることが出来ました。

木材のカットやドリルで穴を開ける工程が必要になるのですが、100均の鋸でも事足りる程度のカットしかしないので、大きなテクニックも必要ありませんでした。

ただ、「そういったことが面倒でやりたくないけれど手作りでままごとキッチンを作りたい!」と思う人もいるかと思います。

そういった場合には、手作りのままごとキッチンパーツなどを使った方法がおすすめです。

クオリティーが高いだけに、100均で作るつまみのスイッチよりもコストはかかりますが、木製で作られたパーツで温もりの感じるままごとキッチンが作れると思います。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/