簡単DIY

100均キャスターで無印でも人気の『平台車』を作ってみた

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り)です。
離乳食が始まった息子のおむつが臭くてたまらなくて、『おむつポット』を購入したのですが、掃除機をかけるたびに持ち上げて移動させることが面倒でした。
そこで、移動がラクになるようにと、無印良品で人気の『ポリプロピレン平台車』みたいなものが欲しいと思いました。
簡単な作りのものだと木材で直ぐに作れそうだったので、さっそく100均のキャスターを使った簡単なDIYで小さな『平台車』を作りました。
100均のキャスターでDIYしたみに平台車

コロコロと簡単に『おむつポット』を移動させられるようになっただけで、掃除機をかける時にかなり楽ちんになりました。

『おむつポット』だけではなくて、『植木鉢』や『ゴミ箱』を乗せておいても便利に使えると思います。
今回は、100均のキャスターを使った『ミニ平台車』の作り方をまとめました。

100均のキャスターで簡単DIY!無印良品でも人気の『ミニ平台車』の作り方!

 まず、作りたい『ミニ平台車』の大きさに合わせてカットした木材を塗装しました。
30cmにカットして塗装した木材

我が家が欲しかった『ミニ平台車』の大きさは30cmだったので、長さ30cmにカットした木材を合計で3枚用意しました。

使った木材は『2×4材』で、長さ182cmで200円〜400円くらいと格安です。ホームセンターで好みの長さにカットしてもらうことも出来ます。

もし「そんなの面倒臭い!」って感じだったら、100均の薄い木の板や、ホームセンターで販売されている30cmくらいの木の板で代用出来ます。

ただ、あまりに薄い木の板を使うと、ビスで固定する時にビスの先端が板を突き抜けてしまいます。

なので、あまりに薄い板を使うことはおすすめしません。

カットした木材を100均の金具で繋げる

カットした3枚の木材はピッタリと並べて、100均の連結金具で繋合わせます。

100均のDIY連結金具

3枚の木材が繋がるように、金具のビス穴が丁度いい位置にくるように合わせます。

連結金具で3枚の板を繋げる

木材を突き抜けてしまわない短めの長さのビスで金具と木材を固定します。

連結金具をビスで固定する

しっかりと繋がったら、『平台車』の土台の完成です。

次に、セリアのキャスターを取り付けていきます。

『平台車』に100均のキャスターを取り付ける

『平台車』の土台が作れたら、そのままひっくり返した裏側にキャスターを取り付けます。

今回使ったキャスターは100均のものです。

100均セリアのキャスター

裏返した4隅にビスでキャスターを取り付けます。

この時に少し眺めのドリルビットやドライバーを使うと、キャスターを取り付けやすくなります。

キャスターを取り付ける

短いドリルビットやドライバーでキャスターを取り付けると、ドライバーの先端が当たってしまって少し固定しにくくなります。

キャスターが固定しにくいドライバー

長い先端のドライバーに付け替えるだけで快適に取り付けられます。

長い先端のドリルビット

交換ビットの長いタイプは100均でも販売されています。

4隅にキャスターを取り付けたら表に向けて、100均のキャスターで作る『平台車』の完成です。

100均のキャスターで作る『平台車』

100均のキャスターでDIYした『平台車』を実際に使ってみた感じたデメリット

100均のキャスターでDIYした『平台車』を実際に使ってるみると、掃除機をかける時の移動の快適さが全然違いました。

めちゃくちゃ簡単なDIYで作れて、物凄く便利なので作って良かったです。

ただ、残念だと感じたことが一つありました。
100均のキャスターは動きがスムーズではなくて、何だかカクカクしてしまうんです。
動きにスムーズ感を求めるならば、ホームセンターで販売されているゴムのキャスターがおすすめです。
今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク