DIY

「ショーケース」DIY!設計図なしで作れる100均材料を使った簡単な作り方!

「ショーケース」DIY!設計図なしで作れる100均材料を使った簡単な作り方!

\楽天お買い物マラソンのお得なクーポン配布中!/

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

DIYで「ショーケース」を作ることが人気ですが、

紹介されている「ショーケース」の作り方ではどれも難しくて材料費も高い!

と悩んではいませんか?

この記事では、100均材料とファルカタ材(安い木材)を使った「ショーケース」の作り方を紹介します。

100均の写真フレームと100均のOSBの板を使うことで、こんなオシャレな「ショーケース」も簡単につくれます!

カフェ風ショーケース

「ショーケース」のDIYには難しい設計図が必要だと思いますよね?

でも、これから紹介する「ショーケース」は、設計図なしで作れる簡単な作り方です。

もんち

記事を読み終わると、100均材料を使ったDIYで「ショーケース」が作れます!

設計図なしで作れる「ショーケースDIY」の作り方!

100均材料を「ショーケース」DIYの作り方を紹介していきます。

①:写真フレームで「ショーケース」の小窓部分を作る!

まず、100均の写真フレームを水性ニスなどで塗装して3枚並べます。

100均写真フレームを3枚並べる

写真フレームのフィルムは取らずにそのまま使います。

ショーケースの小窓部分をもう少し頑丈にしたいのならば、小窓のフィルムを厚みのある「透明プラバン」に変えて貼り付けます!

もんち

ショーケースの小窓部分は100均の転写シールを貼るなどして軽くリメイクしても可愛いです!

写真フレームを3枚並べたら、裏面からタッカーで固定します。

写真フレームをタッカーで固定

これで、「ショーケース」の窓枠部分の完成です。

②:セリアのOSBボードを使ってショーケースの枠を作る!

続いて、「ショーケース」の窓枠をはめる「木枠」を作っていきます。

材料は、100均のOSBボードとホームセンターで数百円で購入出来るファルカタ材を使いました。

ショーケースDIYの材料

ファルカタ材は柔らかいので加工がやりやすく、木枠作りのDIYが簡単になります。

また、すごく軽いので「ショーケース」を移動させる時にも勝手が良いと思い、100均ではないけれど安いということで使用しました。

加工がしやすいファルカタ材ですが、水や湿気には弱いです。キッチンのシンク周りなど、水を使う場所ではあまり使わない方が良いです!

100均の写真フレーム3枚を並べた長さと、60cmのファルカタ材の長さはほぼ一緒です。

100均の写真フレームとファルカタ材

なので、60cmのファルカタ材を使うと、「ショーケース」の天井部分の木材をカットする必要がなくなります。

もんち

木材カットの手間が一つ減るだけでも「ショーケース」のDIYは簡単になります!

次に、幅9cm幅12cmのファルカタ材を合わせます。

2枚のファルカタ材を合わせて【9cm+12cm】で21cmです。

この長さはセリアのOSBボード(A4サイズ)の横幅とほぼ同じ長さになります。

セリアのOSBボード

なので、幅9cm幅12cmのファルカタ材を速乾の木工ボンドで貼り合わせて固定します。

これで、「ショーケース」の底板の木材もカットする必要がなくなります。(セリアのOSBボードと板幅が同じなのでカットする必要がなくなる)

幅9cm幅12cmのファルカタ材を張り合わせた「ショーケース」の底板には、オシャレに見えるようにリメイクシートを貼っておきます。

セリアのリメイクシート

次に、OSBボードを斜めにカットします。

下記の写真にもあるように、片面の長さが幅12cmになるように斜めにカットします。

100均のOSBボードをカットする
ブラックアンドデッカーの電ノコ
もんち

100均の手鋸でもカット出来ますが、やっぱり電動の方がラクちんで早いです!

電動のノコを持っていない場合には、「ブラックアンドデッカー」のセット電動ドライバーがおすすめです。

電動ノコ、ドリル、丸鋸、やすりなどなど…

先端を変えるだけで色々と使えてコスパが良いからです。

これからDIYを楽しんでいこう!

と考えているならば、それぞれの工具を個別で買っていくよりも工具を安く揃えることができます!

次に、「斜めにカットしたOSBボード」と「リメイクシートを貼った底板」を組み合わせて、速乾の木工ボンドで貼り合わせて固定します。

100均でDIYするショーケース

そして、「斜めにカットしたOSBボード」の上に幅12cmのファルカタ材をかぶせます。

カフェ風ショーケースの木枠をDIY

これで、「ショーケース」の木枠部分の完成です!

強度を上げたい場合は木枠を組む時に接着剤だけではなくてビスも併用します!

次に、ショーケースの背面板を作っていきます。

スポンサードリンク

 

③:「ショーケース」の木枠の背面板を作る!

木枠が完成したらプラダン(プラスチック製のダンボール)で背面板を作ります。

「ショーケース」の木枠の大きさに合わせてプラダンをカットして、100均のリメイクシートを貼ります。

ヘリンボーン柄のリメイクシート

リメイクシートを貼ったプラダンを木枠の裏側から貼り付ければ、「ショーケース」の木枠の背面板の取り付け完了です。

100均で作ったショーケース

最後に、100均フレームで作っていた小窓を、「ショーケース」の枠に蝶番で固定します。(固定に使った蝶番も100均です)

カフェ風ショーケース

賃貸に住んでいた頃はリビングで小物入れに使っていましたが、現在の家ではキッチンカウンターで使っています。

あまり使わないキッチン用品を入れているのですが、ホコリがかぶらなくて掃除がラクになって便利です。

カフェ風ショーケースの中身

これで、小物入れや食器収納にも便利な「ショーケース」の完成です。

まとめ

カフェにあるようなおしゃれな「ショーケース」をDIYすることが人気ですが、一から全てを手作りするとなると大変です。

でも、100均の材料を使うことで「ショーケース」は簡単に作れます。

 

カフェ風ショーケース

「ショーケース」の窓枠には100均の写真フレームを使い、木枠には100均のOSBボードを使うなどすることで、DIYする時の作り方が簡単になるからです。

とはいえ、木材をカットしなければいけない工程もあります。

手ノコでもカットできますが、やはり電動工具があると便利でした。

小物作成などのDIYには、「ブラックアンドデッカー」のセット電動ドライバーがおすすめです。

電動ノコ、ドリル、丸鋸、やすりなどなど…

先端を変えるだけで色々と使えてコスパが良いからです。

これからDIYを楽しんでいこう!

と考えているならば、それぞれの工具を個別で買っていくよりも工具を安く揃えることができます。

木材カットのハードルが下がれば、DIYで作れるものもどんどんと増えていきます。

DIY初心者が揃えておいた方が良い道具や工具については、【【DIY歴7年】DIY初心者は何から揃えるべき?おすすめの工具と道具12選!】で紹介しています。

また、DIY初心者の参考になる本については、【DIY初心者におすすめの本12選!本当に参考になる激選本を紹介!】で紹介しています。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/

関連記事