壁紙リメイク

賃貸の壁紙DIYは原状回復の失敗が多い?色んな方法で貼って剥がしてみた!

壁紙を剥がして原状回復

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

賃貸で壁に傷を付けたり穴を開けてしまうと、引っ越しの時に修繕費を追加で取られてしまうことがあります。

それでも、「おしゃれな部屋に住みたいしDIYも楽しみたい」との思いから、現状回復が出来るDIYを取り入れた賃貸DIYを楽しむ人が多くなっています。

ところが、

引っ越しの時に綺麗に剥がせずに現状回復に失敗してしまった!
綺麗に剥がせるってネットに書いていたのに騙された!

なんて声が凄く多いことをご存知ですか?

そこで、原状回復が出来る壁紙DIYを使って実際に貼った壁紙を、約1年後に剥がして検証してみました。

当記事では、

  • 100均の『剥がせるリメイクテープ』は、貼った数年後でも綺麗に剥がすことが出来たのか
  • 壁紙を『マスキングテープ+超強力両面テープ』で貼ると何年経っても綺麗に剥がせるのか
  • 壁紙をホッチキスで貼った時の壁の傷の程度やデメリットについて
  • 原状回復が失敗しない為に出来る対策と注意するポイント

などについて、実際に貼ってみた体験談をもとにまとめました。

もんち
もんち
我が家は引っ越しが決まっていました!

剥がせる貼り方で貼った壁紙は、1〜2年後に綺麗に剥がせるのか実際に原状回復もしています!

賃貸でも貼って剥がせる壁紙DIYが出来る壁の調べ方

賃貸で壁紙DIYをする前に、まずは自分の家の壁がどんな壁紙なのかの確認します。

原状回復に向いていなくて、綺麗に剥がせない壁紙もあるからです。

一般的な住宅に貼られている白い壁紙の90%以上は「ビニール壁紙」です。

もんち
もんち
「紙の壁紙」は現状回復で綺麗に剥がすことは出来ません!

マスキングテープでも、貼って直ぐに剥がさないと剥がれにくくなってしまうからです!

家の壁紙が「紙の壁紙」だった場合は、綺麗に剥がせて現状回復が出来る貼り方は出来ないと諦めた方が良いと思います。

マスキングテープを剥がす時に、壁紙がやぶれて現状回復が失敗してしまう確率が高いからです。

一般的な住宅に貼られている白い壁紙の90%以上は「ビニール壁紙」ですが、古い賃貸だった我が家では、「紙の壁紙」を使用している部屋もありました!

ただし、マスキングテープを使った壁紙の貼り方が使える場所は、壁紙の上からだけではありません。キッチンの壁やタイル部分でも使うことが出来ます。

壁紙とリメイクシートでDIYしたキッチン
賃貸でもキッチンを男前インテリアとブルックスリンタイルにリメイクした方法!賃貸でも出来るキッチンのDIY!レンガの壁紙を貼って男前インテリア風にリメイクする方法と、キッチンタイルを活かした黒目地タイルのブルックリンスタイルにリメイクする方法を紹介!どちらのリメイクDIYでも綺麗に剥がすことが出来て現状回復が出来ます!賃貸のキッチンの雰囲気を変えたり、自分好みのイメージにカスタマイズがしたいと思っている方必見で初心者でも出来る簡単な方法です!...

こういったつるつるとした面にマスキングテープを貼って壁紙リメイクをする場合は、綺麗に剥がせなかったという失敗は比較的に少なくなります。

もんち
もんち
もし綺麗に剥がれなくても、シール剥がし液を使えば何とか綺麗に剥がし切れることも多いです。

賃貸でも原状回復が出来るマスキングテープを使った壁紙の貼り方!

賃貸でも出来る壁紙DIYの方法は、DIYで人気の『壁紙屋本舗』のサイト内で紹介されています。

紹介されていた「貼っても剥がせる壁紙の貼り方」のお手本通りに貼れば、DIYの初心者だった私でも壁紙を貼ることが出来ました。

もんち
もんち
マスキングテープを使えば、賃貸の壁紙の上から自分が好きな壁紙を貼っても、剥がしたい時に綺麗に剥がせます!

「マスキングテープ+両面テープ」の方法を使って壁紙を貼る場合は、『のりなしタイプ』の壁紙を使います。

我が家では、リビングの壁にコンクリートの「のりなし壁紙」を貼ってみました。

壁紙を貼る前
リビングの壁一面
壁紙を貼った後
コンクリートの壁紙を貼って雰囲気が変わった壁

リビングの壁紙をコンクリートの壁にするには、3枚のコンクリートの壁紙を繋ぎ合わせました。

レンガ柄などの細かな柄の壁紙よりも、コンクリートのような簡単な絵柄の壁紙の方が柄を合わせて貼る時に簡単です。

マスキングテープを使った貼って剥がせる壁紙の貼り方
賃貸DIY!貼って剥がせる壁紙はマスキングテープと両面テープを重ねる貼り方で作れる!こんにちは!もんちです・ω・)ノ 壁紙を自分好みに貼り替えてプチリフォームを楽しむ壁紙DIYが人気ですが、我が家は賃貸なので引っ越...

リビングの壁がコンクリート柄に変わっただけで、部屋の雰囲気がおしゃれになりました。

簡単に貼れて、こんなにも雰囲気がガラリと変わるのを体験すると、壁紙リメイクが流行っていることも凄く納得しました。

マスキングテープを使って貼った壁紙は数年後でも綺麗に剥がせるのかを検証する為に、この壁紙のままで1年半くらい普通の生活して、引っ越し前の原状回復で剥がしてみました。

すると…

もんち
もんち
なんと、若干ではあるものの原状回復に失敗しかけてしまいました(><)!

貼った壁紙が綺麗に剥がせるのか原状回復してみた!

賃貸DIYで人気の「現状回復が出来る壁紙の貼り方」で壁紙を貼ってから約1年半が経過した頃に、引っ越し前の準備で実際に壁紙を剥がして原状回復をしてみました。

壁紙は、リビングだけではなくて、何室かに分けて貼っていました。

すると、原状回復で壁紙を剥がしてみた時に、貼る部屋によって剥がしやすさの違いがあることが分かりました。

絶対に綺麗に剥がせるとか嘘!失敗しました!
綺麗に剥がせるって信じて酷い目にあったよ!

なんて体験談の記事を何個か発見しましたが、我が家では剥がしにくい壁紙もあったものの、なんとか無事に全てを綺麗に剥がすことが出来ました。

「なんとか」と書いた理由は、綺麗に剥がせたけれど、粘着質が少しアップしていて剥がしにくいと感じた部分もあったからです。

経年劣化でベタベタになったマスキングテープ

この経験から、壁紙を綺麗に剥がせる方法で壁紙を貼って綺麗に剥がすには、部屋の環境や貼り方などで気をつけておくべきコツがあると思いました。

壁紙を剥がす原状回復が失敗しないコツ

我が家では、日当たりなどの環境が違ういくつかの部屋で壁紙を貼りました。

すると、貼る部屋の環境によってはマスキングテープの劣化が進み、貼った当初よりも綺麗に剥がれにくくなっている場合がありました。

  • 直射日光がよく当たる場所
  • 浴室
  • 部屋干しで使う部屋
  • 全く日の当たらない場所

などなどです。

賃貸で貼った壁紙が綺麗に剥がせるのかどうかは、その家が建っている場所の日当たりや、部屋干しが多いなどの生活環境によっても違いが出てくると感じました。

実際に、直射日光がよく当たる壁や湿気が多い場所は、マスキングテープの経年劣化も起こりやすく、粘着部分がベタベタになっている場合もありました。

もんち
もんち
マスキングテープを貼って直ぐに剥がした時のあの「剥がしやすい感覚」は、1年も経てば絶対に変わってくるので注意です!

今回の原状回復では無事に綺麗に剥がせたものの、貼って直ぐは綺麗に剥がせていた部屋のマスキングテープでも、数年後には粘着部分がベタベタ気味になっていました。

劣化して粘着が増したマスキングテープには、少しの壁紙が剥がれてくっついてきてしまっていました!
現状回復DIYで少し剥がれた壁紙

壁紙が浮いてくるのが嫌だからと、壁全体にマスキングテープを張り巡らせて貼っている人もいますが、それはあまりおすすめ出来ません。

何故なら、今回のようにマスキングテープは必ず劣化するからです。

我が家のリビングで広範囲に貼った壁紙の原状回復は無事に成功しましたが、もし丁寧にゆっくりとマスキングテープを剥がしていなければ、壁紙が破れてしまって成功していなかったと思います。

賃貸で貼った壁紙が綺麗に剥がせるかどうかは、貼る場所の見極めだけではなくて、マスキングテープを貼り過ぎないことや、ゆっくりと丁寧に剥がしていくことも大切です。

やってみて分かった壁紙DIYの現状回復が失敗しないコツは4つ!
  1. 直射日光が当たる熱を持つ壁には貼らない
  2. マスキングテープを貼る部屋の環境を下調べする
  3. ゆっくりと丁寧に剥がす
  4. 壁全体にマスキングテープをはり巡らせない

この4つを気にかけているだけで、賃貸での壁紙DIYで原状回復に失敗してしまう可能性をグン!と減らすことが出来ると思います。

一番気をつけなければいけないことは、

あの家が原状回復が出来たのならば、この家でも同じ方法で綺麗に剥がせるよね!

と思って、自宅の壁で何のチェックもせずに、直ぐに同じ原状回復DIYを真似てやってしまうことです。

他の家で成功した原状回復方法が、自分の部屋でも成功するとは限りません。

賃貸で壁紙DIYをする時は、自分の部屋の環境をしっかりとチェックして、マスキングテープを貼る部屋の壁紙の種類も確認しておくことが大切です。

まずは壁紙を貼りたいと思っている部屋の環境を知ることが大切です!

スポンサードリンク

 

壁紙の種類や部屋の環境で綺麗に剥がせるかが分かる

綺麗に剥がしやすいと言われているマスキングテープや貼って剥がせるテープでも、家の環境によって綺麗に剥がせるかどうかは変わってきます。

住んでいる地域や方角によって、部屋の湿度や日当たりなどの環境が違うからです。

記事で見た貼り方が綺麗に剥がすことに成功しているからといって、自分の家でも綺麗に剥がすことが出来るとは限りません。

もんち
もんち
賃貸の壁に壁紙を貼る前に、自分が貼りたい壁のある部屋の環境を知ることが大事!

部屋の環境を見極めるポイント!

  • 湿気が多い部屋
  • 部屋干しを沢山する部屋
  • 窓がなくて換気が出来ない部屋
  • ビニール壁紙でない部屋
  • 直射日光があたりやすい部屋…etc

実際に原状回復で剥がしてみると、これらの環境の違いでマスキングテープの粘着力h強くなったり弱くなったりもしました。

例えば、日当たりが良く直射日光が当たる部屋だと、部屋の壁が熱くなってマスキングテープが劣化しやすく、粘着部分はベタベタになることが多いです。

そして、部屋干しが多い部屋だと湿気多いので、マスキングテープで貼った壁紙やポスターは簡単に剥がれ落ちてしまいました。

直射日光がよく当たる部屋の壁に貼った剥がせるリメイクシートを、原状回復の時に剥がして見てみると、数ヶ月後でも剥がれにくくなり壁紙が少し残ってしまっていました。

剥がれにくくなった剥がせるテープにくっついた壁紙
剥がせるテープ

貼っても綺麗に剥がせるテープと説明して販売しているリメイクシートであっても、部屋の環境で剥がれにくくなることを経験しました。

もんち
もんち
ゆっくりと剥がして綺麗に剥がせたものの、直射日光がよく当たる場所には貼らない方が良いんだと勉強になりました。

こんなことがあるからこそ、

ブログで紹介されているから我が家でも綺麗に剥がせるはず!やってみよう!

なんて思って、部屋の環境を考えることなく貼ってしまうことが一番に危険です。

賃貸で壁紙DIYをする前にチェックすること!

  1. 自分の家の壁紙は原状回復にむいている「ビニール壁紙」なのか
  2. 部屋干しをよくして湿気が多い環境ではないのか
  3. 直射日光がよく当たる場所で壁が熱を持ちやすくないのか

最低でもこの3つをチェックしておけば、原状回復で大きな失敗をしてしまうことは避けられると思います。

賃貸でも出来る壁紙DIYをする場合は、まずは自分が貼りたいと思っている部屋の環境を調べてみて、貼っても大丈夫な部屋の壁なのかの確認をしてみて下さい。

その確認こそが、綺麗に壁紙を剥がせて原状回復が成功するポイントの一つでもあります。

もんち
もんち
もし、紙の壁紙が使われている部屋に住んでいる場合は、現状回復で綺麗に剥がすことは困難になります。

私なら原状回復で壁紙を貼ることは諦めます。

木材は「マスキングテープ+両面テープ」で貼っても簡単に剥がせない!

賃貸で人気のある原状回復DIYで、『マスキングテープ+両面テープ』で板を壁に貼り付けて板壁を作る方法があります。

我が家でもこの方法を試してみました。

実際に原状回復で剥がす時には、壁紙を剥がした時の何倍も力が必要で、物凄く剥がしにくいと感じました。

また、壁から剥がす時に、壁側に大きな負担がかかっているとも感じました。

調べてみると、この方法での原状回復に失敗してしまった方も多いみたいです。

失敗しないコツは、ゆっっくりと剥がす!

なんだそうですが、重たい板が落ちないように固定するには、沢山のマスキングテープを張り巡らせないといけません。

だから、ゆっくりと剥がしてもやっぱり凄く力が必要です。

ファルカタ材などの軽い木材を使うと、板の裏側の全面にマスキングテープを貼らなくても固定は出来ました。

ただし、剥がす時にはやっぱり結構な力が必要で、壁に大きな負担がかかる事には変わりがないと感じました。

もんち
もんち
賃貸の壁を使ったDIYで、木の板を『マスキングテープ+超強力両面テープ』で貼る方法では、綺麗に剥がせずに失敗する確率が高いものだと思ってやった方が良いと思います!

100均の貼って剥がせるリメイクシートは綺麗に剥がせない!

100均でも綺麗に剥がせる「貼って剥がせるリメイクテープ」などが販売されています。

貼って剥がせる壁紙リメイクが100円で出来て、一瞬でも雰囲気を変えられるなんて魅力的だったので、試してみることにしました。

100均のマスキングテープで綺麗に剥がせなかった経験がある私は、100均の貼って剥がせるをあまり信用していなかったので、失敗しても大丈夫な冷蔵庫の側面に貼りました。

使用したのは、セリアので販売されている「剥がせるリメイクテープ」シリーズです。

剥がせるリメイクテープ
もんち
もんち
貼ってから約一年後に原状回復で剥がしてみました!

まずは普通に何も考えもせずに剥がしてみました。

リメイクシートは避けて破れやすくなっていて、最初に貼った時よりも簡単に綺麗には剥がれなくなっていました。

剥がれにくくなっていた100均のリメイクシート

少しでも勢いをつけるとテープが避けて破れてしまうので、ゆっくりと丁寧に剥がしていきました。

それでも、2層になっている上のビニール部分だけが剥がれてしまったりと、上手く剥がれない失敗が何度も起こりました。

剥がれにくく二層に分かれてしまった100均のリメイクシート

幸い冷蔵庫の側面は化粧板のようにつるつるなので、剥がし残りが出ても爪でカリカリすると綺麗に剥がすことが出来ましたが、全てを剥がし終わるまでに凄く時間がかかりました。

もんち
もんち
原状回復は成功したものの、最初に貼った時よりも「貼って剥がせる感」が簡単ではなくなっていまし!

このような経験から、100均の剥がせるリメイクシートを使って原状回復が出来るDIYをする場合には、化粧板などのつるつるとした面に貼った方が良いと思いました。

化粧板のような面だと、もし綺麗に剥がせなかったとしても、爪でカリカリすると何とか綺麗に剥がせるという安心感もあるからです。

セリアの貼っても剥がせるリメイクシートは長期間貼ったままにすると簡単には剥がせない
セリアの貼って剥がせるリメイクシートは長期間貼ったままだと綺麗に剥がせない!『貼って剥がせる』で人気の100均セリアのリメイクテープってを知ってますか?原状回復しなくてはいけない賃貸・アパート・団地には凄く魅力的です。でも、暑さや湿気などのお家の環境で何処に貼っても100%綺麗に剥がせるわけではない事実もあります。そこで、実際に現状回復した結果をまとめてみました。...

ホッチキスを使った壁紙の貼り方と傷跡の写真

壁紙はホッチキスでも貼ることも出来ます。

賃貸の壁にでもホッチキスで壁紙を貼れば、最小限の傷しか残らなくて、傷跡は爪で潰せば原状回復が出来るというものでした。

さっそく貼り方を調べて実際に貼ってみましたが、手軽というメリットだけではなくて、知っておいた方が良いデメリットも発見しました。

ホッチキスで壁紙を貼るデメリット

  1. 湿気が多いとホッチキスの芯が錆びてくる可能性がある
  2. 壁紙がポコポコと浮いている感じで綺麗に貼れない
  3. 壁紙を剥がした時のホッチキスの芯の抜き取り作業が面倒くさい

賃貸の壁にホッチキスで壁紙を貼った時に、デメリットだと感じた点は上記の3つです。

ホホッチキスの芯が錆びてしまうというデメリットに関しては、ステンレスのホッチキス芯を使えば錆びにくくなります。

もんち
もんち
マックスのステンレス製のホッチキスの芯は、屋外でも使えるくらいに錆びにくいとされています!
錆びにくいホッチキスの芯を使うことで、壁紙に刺した芯が錆びてしまって壁紙が汚れてしまうという失敗がなくなります。

ホッチキスで壁紙を貼ると壁紙が浮いてしまう

ホッチキスを使って壁紙を貼ってみて一番に感じたデメリットは、壁にピシッと沿って綺麗に貼ることが絶対に出来ないということです。

壁紙をホッチキスで貼る場合は、等間隔にホッチキスの芯を打ち込んでいくのですが、どうしても波打つようにポコポコと壁紙が浮いてしまいます。

ホッチキスで貼った壁紙

何度貼り直しても、のり付きやシールタイプの壁紙を貼った時のように、壁にピタッと綺麗に張り付いた状態にはなりませんでした。

もんち
もんち
壁紙が浮いてしまってポコポコと波打っている状態は、遠くから見ていてもはっきり分かるくらいです。

壁紙をホッチキスで貼るのに向いている場所は?

壁紙をホッチキスで貼ると壁紙がポコポコと浮いてきてしまいます。

なので、リビングなどの目立つ場所の壁紙をホッチキスで貼ると、あまりにもかっこ悪いと感じてしまいました。

ただ、両面テープを使って貼るには面倒くさいけれど、ちょっとおしゃれにチラ見せしたいと思う小さな範囲で使うにはもってこいの方法だと感じました。

例えば、

  • 靴箱の中の壁
  • クローゼットの壁
  • パントリーの壁

このような収納の中の小さな壁に壁紙を貼る時には、手軽で簡単なホッチキスでの貼り方も向いていると思います。

収納の中の壁は面積が小さくて、壁紙を貼ってもチラ見えにしかなりません。

ホッチキスで貼った壁紙がポコポコと浮いて波打ってしまっていても、気にならずにおしゃれな収納に見せられます。

もんち
もんち
ホッチキスを使った簡単な壁紙の貼り方は、扉がないパントリーなどの奥の壁の貼り替えにはピッタリです!

壁に刺したホッチキスの芯の穴の傷はどれくらい?

ホッチキスで壁紙を貼る時には、壁にホッチキスの芯を突き刺します。

この時に開く穴の大きさが気になっている人も多いと思います。

ホッチキスを壁に突き刺した時の穴は、押しピンを指すよりも小さく目立ちません。

ホッチキスの芯を刺した壁の穴
ホッチキスで壁に開いた穴

一度視線を反らしてもう一度見ると、どこにあるのかが分からなくなるくらいの穴です。

それでも、もしこの穴が気になる場合は、爪先で少し擦ったり、歯磨き粉をすり込むと目立たなくなります。

爪で擦って消したホッチキスや画鋲の穴

ただ、何メートルとある長く重たい壁紙をホッチキスの芯でとめるとなると、かなりの数をホッチキスの芯で刺さないと剥がれ落ちてしまいます。

例えば、リビングなどの広い壁にホッチキスで壁紙を貼る場合ひは、細かく等間隔に何十箇所もホッチキスの芯を打ち込むことになります。

もんち
もんち
原状回復で剥がした時に残る何十箇所というホッチキスの芯の穴を、爪先でこすりながら目立たなくしていく作業は、正直かなり面倒くさくて疲れてしまいました…

以上のことから、ホッチキスで壁紙を貼った場合のデメリットは、

  1. ホッチキスの芯が錆びてしまう可能性がある
  2. 貼った壁紙がポコポコと浮いてしまって波打つ
  3. 長い壁紙を貼る場合は数十箇所に芯を打ち込まないといけない
  4. ホッチキスの芯が錆びて壁紙が汚れることがある

この4点で、広範囲で壁紙を貼る場合には、私はホッチキスでの貼り方は絶対に選ばないと思いました。

でも、収納、パントリー、トイレなどの奥にある小さな壁の一面だけに貼りたい場合には、お手軽で簡単に出来る方法なのでおすすめだとは思います。

もんち
もんち
小さな範囲をホッチキスで貼ったとしても、空気が入ったように壁紙が波打ってしまうことに変わりはありません!

スポンサードリンク


 

壁紙の貼り方で原状回復が100%失敗しない方法はない!

色々と試してみて、誰でも簡単に100%成功する原状回復の方法はないと思いました。

「失敗するかもしれない」という可能性は、必ず残るものなんだと思います。

原状回復が失敗する人の考え方は、

  • 「ここのマスキングテープは有名だから大丈夫!」
  • 「貼って剥がせると書いてあるから大丈夫!」
  • 「みんながこの方法でしてるみたいだから大丈夫!」

だと思います。

これらの情報だけで、いきなり自宅の広範囲で壁紙を貼ってしまうことが、原状回復が失敗する原因の一つでもあります。

もんち
もんち
原状回復が失敗しない100%の方法はありませんが、壁紙を剥がした時に壁紙が破れたりの失敗を出来るだけ減らす為の対策は出来ます!

原状回復が失敗しない為の対策はある

綺麗に剥がせる壁紙の貼り方で貼った壁紙を、剥がしたい時に綺麗に剥がせる原状回復が失敗しない対策は、

  1. まずは小さな範囲で貼って数ヶ月に剥がしてみる実験をする
  2. 部屋干しが多い部屋では貼らない
  3. 直射日光の当たる場所では貼らない
  4. 自分の家の壁に使われている壁紙の種類を知って原状回復に向いているかチェックする

だと思います。

この4点の実践や確認をしておくだけでも、原状回復で壁紙を剥がした時に失敗してしまう確率をぐんと減らすことは出来ると思います。

綺麗に剥がせるマスキングテープを探す

壁に貼ってもいずれ剥がすことが目的の原状回復DIYでは、100均のマスキングテープや両面テープはあまりおすすめ出来ません。

劣化が激しく、数ヶ月で粘着部分がベタベタになったり、湿気多い部屋では剥がれやすくもなるからです。

もんち
もんち
我が家では、何種類かのマスキングテープや超強力両面テープを購入して使ってみて、自宅の環境で綺麗に剥がしやすいと感じた「3M」のマスキングテープを使っています!

ただし、『3M』さんは原状回復でマステを使う事をお勧めしていません!

3Mでは、「両面テープ+マスキングテープ」の貼り方で楽しむ原状回復が可能とされている壁紙DIYの方法は、あくまでも一時的に楽しむ方法として紹介されています。

絶対ではない事をおすすめなんて出来ないからだと思います。

なので、我が家では綺麗に剥がせて失敗したことがない3Mのマスキングテープですが、どの家でも同じように原状回復が成功するという保証はありません。

それでも、マスキングテープを使うと貼って剥がせる壁紙として壁紙リメイクが出来て、手軽で劇的に部屋の雰囲気が変えられる魅力があるからやめられません。

マスキングテープを使った貼って剥がせる壁紙の貼り方
賃貸DIY!貼って剥がせる壁紙はマスキングテープと両面テープを重ねる貼り方で作れる!こんにちは!もんちです・ω・)ノ 壁紙を自分好みに貼り替えてプチリフォームを楽しむ壁紙DIYが人気ですが、我が家は賃貸なので引っ越...

ただ、慎重に原状回復DIYをしている我が家でも、何度も原状回復に失敗しそうになっているという事実もあります。

剥がせるリメイクシートは貼ってすぐしか綺麗に剥がせない
玄関リメイクで100均の剥がせる壁紙シールを貼ったら簡単に剥がれなくなっていた!100均の貼って剥がせるリメイクテープを使って、玄関の靴箱とポストをリメイクして、本当に綺麗に剥がせるのか数年後に剥がして原状回復をしてみました!100均の剥がせるリメイクシートは貼って直ぐは綺麗に剥がせるけれど、数年経てば剥がしにくくなります。剥がれない場合は原状回復が失敗する壁紙に貼るには不向きです!...

賃貸DIYを楽しむ人達の間では、綺麗に原状回復が出来る方法を探すことがずっと大きな課題となりそうです。

今日はここまで〜

賃貸DIYで作ったインテリア画像のコラージュ
我が家が賃貸DIYでやって良かった現状回復が出来るリメイク8選!引っ越し前の我が家が、賃貸DIYでこれまでやってきたリメイクや現状回復が出来るDIYの中で、やってよかった「おしゃれなリメイク方法」だけをまとめました!初心者だった私でも簡単に出来た100均のリメイクシートを使ったカフェ風インテリアへのリメイクや、チョークレタリング、玄関や靴箱のリメイク方法をまとめて紹介しています!...

スポンサードリンク

スポンサードリンク