DIY

ラブリコで本棚を作る方法と倒れない転倒防止対策のアイデア!

ラブリコでDIYした本棚

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り )です。

親戚の家の何百冊とある漫画を並べる為に、ディアウォールとよく似た新商品のラブリコを使って本棚をDIYしてみました。

ラブリコもディアウォールと同様に壁に穴を開けずに柱を立てられるので、賃貸のお家にはピッタリの原状回復が可能なDIYで使える人気アイテムです。

この記事は、

  • ラブリコを使った本棚の作り方
  • 転倒防止対策のアイデア

などに興味がある人におすすめです。

ラブリコでディアウォールみたいな本棚をDIYする方法

賃貸でも穴をあけずに柱を立てる事が出来ると人気のディアウォールは、DIYをする人達の中でかなりの人気があります。

私自身も、ディアウォールを使って何回か飾り棚を作っています。壁に穴をあけなくても、結構頑丈な柱を立てての棚が作れます。

ディアウォールで作った収納棚

ディアウォールのDIYで作ったこの棚の作り方は、この記事で確認出来ます。

今回は、その「ディアウォール」と似た商品の「ラブリコ」を使って本棚を作ってみました。

木材のカットはホームセンターでお会計時に「カットお願いします」と伝えるとカットして貰えます。コーナンだとアプリのダウンロードで10カットまで無料です。

ラブリコでディアウォールよりもおしゃれに柱を作る

ラブリコは、ディアウォールよりも見た目がおしゃれです。

ラブリコ

そして、使い方も物凄く簡単です。

ホームセンターでカットして貰った木材2本に、ラブリコをカパッとはめるだけで柱を作る準備が完了してしまいます。

ラブリコをはめた木材

あとは、ラブリコのネジを締めながら床と天井で突っ張り棒のように柱を立てるだけです。

これだけで、漫画収納の棚を作る為の「柱」の部分が完成します。

もんち
もんち
賃貸で壁に穴を開けられない時でも、「ラブリコ」で立てた柱にビスで穴を開けて棚を固定することが出来ます!

ラブリコはディアウォールと同じような商品だけど、突っ張る時にネジで締めていくタイプなので、突っ張り棒のように凄く簡単に取り付けが出来ます。

けれど、突っ張り棒とは違って頑丈な本棚や収納棚が作れてしまいます。

 

壁に穴を開けずにDIYが出来るので、賃貸や原状回復をしたい場所での棚作りにピッタリです。

今回は、ラブリコで棚板の高さ調節が出来る可動式の本棚を作ってみました。

ラブリコと棚柱で可動式の棚を作る

ラブリコと棚柱を使って可動式の棚を作るには、ラブリコで立てる柱に棚柱を取り付けます。

ガチャ柱を木材に取り付ける

ラブリコで立てる柱にガチャ柱(棚柱)の金具を固定しておくことで、棚板の高さを自由に変えられる本棚が作れます。

 

もんち
もんち

棚板の高さを自由に変えられると、大きさの違う漫画や本を購入した時にも、その本の高さに合わせて棚板の幅を変えられます。

これが結構便利なので、予算に余裕がある場合は可動式でのDIYがおすすめです!

ラブリコで作る柱に棚柱を取り付けたら、漫画を並べる棚板を作っていきます。

スポンサードリンク

 

ラブリコの本棚の棚板を作る方法

ラブリコで作った本棚に並べる漫画の奥行きは約12cm弱でした。

なので、今回はその長さに合わせた棚板を作ります。

棚板作りでは板を2枚貼り合わせることにしたので、板を繋ぎ合わせる小さい波釘を買いました。

何十個と入っていてワンコインでコスパ最高です!

 

まず、2枚の板を速乾性のボンドで貼り合わせます。

次に、サイドに波釘を当てて金槌で打ち込みます。

波釘を打ち付ける

板にめり込んだら成功です。

少しコツが必要だけど、慣れればすんなりと打ち込めます。

もんち
もんち
アンティーク風になる所がまた良いですね!

次に、作った棚板に棚受け金具を取り付けていきます。

棚受けで棚板を作る

棚板は合計で9枚作りました。

途中から投げ出したくなったくらいに面倒臭いと思いましたが、無事にラブリコで作る壁面本棚が完成しました。

ラブリコでDIYした本棚

この場所のbeforeはこんな感じでした。

本棚を作る前の散らかった本のやま

読みたい漫画が直ぐ手に取れるように、適当に積まれた漫画をラックから一旦降ろします。

そして、ラブリコで作った壁面本棚に並べ直していきました。

ラブリコで作った本棚に数百冊の本を並べてみた

ラブリコで作った本棚には数百冊の漫画を並べおわると、思ったよりもパンパンで結構な重量がありました。

ラブリコでDIYした本棚に並べた本

この重さで突っ張り柱のラブリコだけで大丈夫なのかと少し不安に…

そう思っていると、やっぱり数時間後に傾いて倒れてしました。

もんち
もんち
これはラブリコが悪いのではなくて、パンパンに詰め込み過ぎた私が悪かった(><)!

そこで、「ラブリコ」でDIYした本棚に転倒防止の対策を加えました。

ラブリコでDIYした本棚が倒れてきたので転倒防止対策をしてみた

ラブリコで作った本棚が倒れてきてしまった原因は、シンプルに漫画を並べてしまい過ぎたからだと思います。

なので、あまりの重さで本棚が前に倒れて来ないように、ラブリコの柱に鴨居にかけられるフックを取り付けました。

ラブリコで作った柱に付けたフックを鴨居に引っ掛けることで、本棚が前に倒れてくるのを防ぐ転倒防止対策を取りました。

ラブリコの落下防止対策でフックを付ける

地震対策も兼ねたつもりでしたが、その場合は本棚が倒れて来なくても漫画の本は大量に落ちてくるのでしょうね…

でも、そこはこれだけの漫画や本があればそれは仕方がないので諦めます。

ラブリコを使うとすぐに倒れてきて頑丈ではないというわけではありません。

あまりに重たすぎる物を乗せてしまう場合には倒れてくる危険があるとういう注意が必要だということです。

これは、ディアウォールを使っての本棚作りでも同じです。

もんち
もんち

転倒防止の安全対策は絶対に必要なものではありません。

ラブリコで作る飾り棚くらいならば、しっかりと突っ張れていれば倒れてくる心配はまずありません!

今回のように漫画の量も多く重さが相当あるものを収納する場合は、突っ張り棒形式の柱だけでは不安が残ります。

そんな場合のみ、転倒防止対策として柱を4本に増やして作ってみたり、フックで引っ掛けたりの安全対策はやっておいた方が安全だと思います。

下のイラストのように4点で支えると、棚が前に倒れて来る心配がなくなります。

4点で支える本棚のアイデア

また、ディアウォールやラブリコで柱を立てる時に、市販の滑り止めマットを使うことでしっかりと突っ張れた柱を作ることが出来ます。

ラブリコは滑り止めマットを敷くと強度が上がる

ディアウォールとラブリコに共通して思うことは、滑り止め加工が少しあまいということ。

2つの商品には、床と天井で突っ張た際の滑り止め加工がちゃんとされています。

でも、場所によっては少し滑ります。

床滑りが気になる場合は、滑り止めマットを挟むと滑らなくなります。

床滑りがなくなると、ほぼビクともしないくらいにしっかりと突っ張れた柱が作れます。

100均の滑り止めマット
もんち
もんち
滑り止め効果だけではなくて、天井と床への傷付き防止にもなるのでおすすめです!

ラブリコで長い柱を使う場合はジョイントで繋ぎ合わせるのがおすすめ

もし、床から天井までの距離が長くて、長い木材を軽自動車などで運ぶ事が困難な場合もラブリコなら安心です。

ラブリコでは、木材と木材を繋ぎ合わせて長い1本の柱を作れるジョイントが販売されています。

ラブリコのジョイント金具

この商品を、繋ぎ合わせたい木材に下写真のようにビスでとめます。

ラブリコを木材にビスでとめる

ラブリコのジョイントを木材に取り付けたら、ジョイント同士をスライドさせることでカチャっと木材同士が繋がります。

ラブリコのジョイント金具をスライドさせてはめる

2m超えの一本の長い柱を持ち帰ることが難しい場合は、短い柱を購入してジョイントで繋ぎ合わせることで、自宅で1本の長い柱を作れます!

天井まで2mあるけれど、軽自動車だから長い木材は運べないな…

なんて時には凄く便利です。

100cmの木材を2本購入して車で運ぶ→自宅で繋げて200cmにする。なんてことが可能だからです。

 

ラブリコのジョイントを使って感じたデメリットは?

ラブリコのジョイントを使ってみて残念だと感じた部分は、連結部分が少しグラ付くところです。

それでも、壁沿いに柱を立てるのならば問題は無さそうなので、ジョイントを使って長い柱を作った場合は、壁際でのDIYがおすすめです。

本や食器など重たい物をズラーッと並べるのは避けた方が良さそうですが、飾り棚程度に物を置くのならば全然問題はないと思います。

今日はここまで〜

玄関に取り付けた有孔ボード
ディアウォールよりも安く玄関に有孔ボードをDIYしてみた!賃貸でも壁に穴を開けずに、そしてディアウォールよりもやすい材料費で有孔ボードを取り付けることが出来ます。ラブリコのようにネジを締めて突っ張り柱がDIY出来る「アジャスター金具」を使いました!原状回復の可能です。作り方たこの方法でのデメリットをまとめました。...

スポンサードリンク

スポンサードリンク