DIY

石膏ボードの壁でもおしゃれな「飾り棚」をDIYする方法!

石膏ボードにDIYした飾り棚

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんち(@diyとカフェ巡り )です。

今回は、気になっていた平安伸銅工業の【weekend workshop(ウィークエンドワークショップ)】シリーズのDIYパーツを使って棚作りをしてみました。

ウィークエンドワークショップシリーズのアイアンDIYパーツ

【weekend workshop】シリーズでは、男前インテリアが好きなら間違えなく「かっこいい!」と思えるアイアン素材のDIYパーツがお手頃な価格で展開されています。

石膏ボード壁にでも使えるパーツも入っていて、小さく目立たない穴を開ける程度で「飾り棚」作りが簡単に出来てしまいます。

石膏ボード壁にDIYした飾り棚

なんと、金槌さえも使いません!代わりに【10円玉】を使って小さなピンを押し付けるだけです。

そんな、【weekend workshop】シリーズの商品レビューと実際にDIYした手順をまとめて紹介します。

賃貸でも使えてカッコいい「飾り棚」が作れるアイアンDIYパーツで原状復帰DIYをしてみた!

【weekend workshop】シリーズのアイアンDIYパーツを使えば、賃貸でも石膏ボードの壁にでも「棚」を作ることが出来ます。

石膏ボードの壁に作った飾り棚

この壁はレンガの壁紙を貼ったただの石膏ボードの壁です。

特別に壁の補強をしているわけでもないただの石膏ボードの壁は、ビスを打って棚を取り付けたとしてもスコっとビスが抜けてしまいます。

石膏ボードにビス打ちしてもネジが空回りしてしまうからです。

【weekend workshop】シリーズは、石膏ボードの壁にでも小さな目立たない傷しか残さずにおしゃれで男前な「飾り棚」や「収納棚」が作れるパーツがセットになっています。

石膏ボード用DIYパーツ

白いパーツに細いピンを通して壁に押し込むことで、ピンが石膏ボードの壁にクロスされながら差し込まれて固定されます。

石膏ボードの壁に差し込むクロスピン

石膏ボードにクロスされながら差し込まれるピンのおかげで、石膏ボードの中でビスやネジが空回りしてスコっと抜けてしまわないようになっています。

賃貸DIYでも安心して使える小さな押しピンくらいの穴しか空きません。

また、ピンを差し込む時には金槌も必要ありません。

10円玉をピンに押し当てて差し込むだけなので物凄く簡単です。

ピンを10円玉で差し込む

少しコツが必要ですが、女性でも全然ラクラク差し込める程度の力があれば大丈夫です。

このように、【weekend workshop】シリーズは特に工具が必要ない手軽さからも人気が高くなっています。

今の所は、カラーは「ホワイト」「ブラック」の二色展開です。

ではでは、実際にこの【weekend workshop】のアイアンDIYパーツを使って「飾り棚」作りをしていきます。

【weekend workshop】のアイアンDIYパーツを使った「飾り棚」の作り方!

今回作った「飾り棚」では、4段タイプの【weekend workshop】のアイアンパーツを3つ使いました。

【weekend workshop】の4段のアイアンDIYパーツ 

まずは、この4段のアイアンDIYパーツを3つ使って作る棚の形を考えます。

床の上に置いて組み合わせながら考えるとイメージしやすいです。

weekend workshopでDIYする飾り棚のイメージ

【weekend workshop】のアイアンパーツの好きな高さの段に棚板を乗せることで、【weekend workshop】が棚受けになる仕組みになっているというわけです。

本当は一番右端には6段の【weekend workshop】パーツを使いたかったのですが、残念ながら売り切れ状態でした。

そこで、仕方なく3段の【weekend workshop】パーツを使用して、長さの足りなかった部分にはL字金具を使用しました。

実際にこの方法で棚を組み合わせてみると、少し変わった雰囲気の「飾り棚」の形が作れたのでこれはこれでアリだと思います。

ただ、L字金具の固定方法はビスでの穴開けになり大きな穴が開いてしまいます。

賃貸住まいや大きな傷を残したくない場合などは、追加でL字金具を使うことはおすすめしません。

【weekend workshop】のパーツのみで棚を作った方が、壁に残る傷は現状回復が出来る程度で済みます。

「飾り棚」を作る場所はレンガの壁紙を貼った玄関の石膏ボード壁にしました。

レンガの壁紙の玄関壁

この壁に【weekend workshop】のアイアンパーツを取り付けていきます。

一人でも「棚受け」をまっすぐ固定出来る方法を使う!

「飾り棚」を作る為には、まず「棚受け」となる【weekend workshop】のアイアンDIYパーツを壁に固定しなければなりません。

ただ、一人での取り付け作業はDIYパーツを斜めに歪んで取り付けてしまったりとなかなか苦戦してしまいます。

そこで便利なのがマスキングテープです。

まず、【weekend workshop】のDIYパーツを水平器で真っ直ぐになっているか図りながらマスキングテープで仮止めします。

【weekend workshop】をマスキングテープで貼る

こうして仮止めした状態のまま付属の石膏ボード専用ピンで固定すると、一人での作業でも失敗せずに真っ直ぐ【weekend workshop】のDIYパーツを固定することが出来ます。

石膏ボード専用ピンは10円玉を押し当てながら1本ずつ突き刺していきます。

石膏ボード専用ピンの突き刺し方

【weekend workshop】パーツを全部で3つ壁に固定して、実際に木の板を置いてみました。(※ 右下の一箇所だけにL字金具を使っています。)

【weekend workshop】を固定して木の板を乗せる 

使った木の板は2×4材です。ホームセンターで購入出来る安い木材です。

棚板を乗せても重さに耐えられずに落ちてきそうな感じではなかったら、自分の考えていた組み合わせ通りにどんどん棚板を乗せていきます。

f:id:mai-19820911:20181207231913j:plain

これで【weekend workshop】のアイアンDIYパーツで作る「飾り棚」の完成です。

木材はホームセンターのレジで「○○cmにカットして下さい」と伝えればカットしてもらえます。

もし木材のカットをお願いするのも面倒な場合は、カット済みの木材の長さに合わせて棚を作ればいいだけです。

ホームセンターでは、30cm、60cm、91cmなどの木材が予めカットされて販売されています。

「飾り棚」作りが終わったら、「小物を飾ったり収納BOXを置いたり…」と考える方がほとんどだと思います。

そこで気になるのが、【weekend workshop】のアイアンパーツで作った「DIY棚」はどれくらいの強度があるかということです。

DIYした棚の強度はどれくらい?

【weekend workshop】は石膏ボードにも取り付け可能なアイアンパーツなので強度に不安がありました。

例えば、「○○キロまで耐えられる」と書いてあってもなかなかイメージは掴めないものです。

実際に木材を乗せてみましたが、ちょっとしたことで壁から取れてしまうくらいに弱い強度だとは感じませんでした。

小物や雑貨を飾って少しの収納BOXを置く程度ならばこの通り強度は全く問題ないと感じました。

【weekend workshop】に雑貨を置いた時の強度

ただ、本を沢山並べて置くのには強度に不安が感じられるので避けた方が良さそうです。

スポンサードリンク

 

【weekend workshop】シリーズはどんな人に向いている?

【weekend workshop】シリーズは石膏ボード専用ピン以外にもビスが付属しています。

DIYした棚に本を沢山並べたり重たい物を乗せて置きたい場合は、可能ならばビスで固定した方が強度はしっかりとしていて安心です。

でも、賃貸住まいや壁に傷を付けたくなくてこの商品を購入する方が多いと思います。

【weekend workshop】のDIYパーツを使おうと思っている方の中にはしっかりと収納棚として使うつもりの方もいると思います。

そう考えている場合は、通販の販売ページなどで耐荷重の説明に一度目を通してから購入を考えてみた方が良いです。

f:id:mai-19820911:20181208132341j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B0776WLFKD/ref=psdc_2038912051_t2_B0776XVY71

ただ、実際に石膏ボードピンで棚を作ってみると、5キロ以上に耐えられると思ってイメージした棚程に頑丈でしっかりとした感じはしないです。

「飾り棚のDIYで使うならばおすすめだけど、重たい物を乗せて置くつもりならば期待外れの強度だと感じると思いますよ!」と伝えたいです。

とは言っても、石膏ボードに小さな傷を付けるだけでかっこいい棚が作れる【weekend workshop】シリーズはかなり魅力的です。

アイアン素材なのに価格がかなり安いのも人気の一つとなっています。

玄関に鍵を置く為だけの棚やリビングの空いたスペースでの飾り棚など、【weekend workshop】シリーズの使い方に合った「重たくない物を置く棚作り」のDIYで活用すればかなり使えます!

我が家は、次にスクエアタイプのDIYパーツで「鍵置き場の棚」をDIYする予定です。

DIY好きならば、実際に【weekend workshop】シリーズでDIYをしてみるとどんな使い方に向いているのかが一瞬で掴めると思います。

そして、簡単にかっこいい棚がDIY出来る手軽さから「もう一つここにも作ってみよう!」となるハズですよ。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク