刺繍

もこもこ刺繍のやり方は簡単!刺すだけフリーステッチングニードルの使い方!

もこもこ刺繍のやり方は簡単!刺すだけフリーステッチングニードルの使い方の記事のアイキャッチ画像

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

もこもこ刺繍が出来る専用の道具を使って、刺繍糸を布に突き刺すだけでモコモコのかわいい刺繍が出来る、フリーステッチングニードルという商品を知っていますか?

ペンに似た刺繍針を布に突き刺して進むだけで刺繍のステッチ線が作れて、普通に刺繍をするよりも簡単にモコモコ刺繍のワッペンやブローチも作れる刺繍道具です。

フリーステッチングニードルで突き刺した刺繍は、突き刺した表の面から見ると普通の刺繍になっているのですが、背面から見ると刺繍糸がループ状になっています。

フリーステッチングを刺した面
フリーステッチングを刺した裏側

ニードルで布に何度も針を突き刺して、このループ状の刺繍糸を密集させることで、もこもこの刺繍ワッペンや刺繍ブローチが簡単に作れます。

上記のように、フェリシモでも専用キッドが販売されていてじわじわと人気が出てきているフリーステッチングニードルですが、まだまだマイナーなのか情報がかなり少ないです。

何故なら、イラストを描くように刺繍が出来る「フランス刺繍」や、ドットで図案を描くような「クロスステッチ」の認知度の方が高いからです。

刺繍の初心者さんが最初に揃える必要がある道具や使い方を紹介した記事のアイキャッチ画像
刺繍の初心者さんが最初に揃える必要がある道具や使い方と本を紹介!刺繍を始める時に初心者で揃える基本の道具とその使い方や、刺繍糸や刺繍針の材料の選び方などを紹介します!刺繍が全くの初めてでも基本のステッチが上手に縫える分かりやすい刺繍本のおすすめ書籍や、刺繍の始め方やフランス刺繍の基本ステッチの刺し始め方が分かる刺繍作家さんの動画もまとめて紹介しています!...

当記事では、今はまだ情報が少ない、突き刺すだけで「もこもこ刺繍」や「サテンステッチ」の刺繍が簡単に出来る、フリーステッチングニードルの使い方をまとめました。

もんち
もんち
突き刺した糸が抜けないようにする裏面の処理方法も紹介します!

もこもこ刺繍が作れるフリーステッチングニードルの使い方と材料

まずは、フリーステッチングニードルの使い方と、始める為に必要な材料や道具をまとめました。

フリーステッチングを始める為の材料
  • フリーステッチングニードル
  • 刺繍糸(練習段階では100均でOK)
  • フリーステッチングスタンド(あれば刺しやすくなります)
  • フリーステッチングフープ(ニードル専用の刺繍枠である方が刺しやすい)
  • 糸抜け防止接着剤(練習では100均でもOK!仕上げに使います)
  • 目の詰まっている生地(麻、ガーゼなどは不向き)

フリーステッチングニードルを始める為に必要な材料はこれだけです。

練習段階では沢山の失敗もするので、100均で揃えられる材料は100均で揃えた方が節約になります。

え?縫っているんだから、ほつれ防止の接着ボンドなんていらないでしょ?

と思うかもしれませんが、フリーステッチングで作った刺繍はただ突き刺しているだけなので、縫って刺繍しているわけではありません。

だから、接着ボンドでほつれ止めをしていない状態だと、糸を引っ張るだけで簡単に刺繍は抜けてなくなります。(※下の写真参照)

フリーステッチングの糸は引っ張るだけで抜ける

フリーステッチングで作りたい図案を刺繍した後は、必ずほつれ防止で接着しないと抜けてしまいます。

練習段階では100均のほつれ止め接着剤で十分なので、材料として揃えておいた方が良いです。

100均の材料でも揃えると材料費の節約になります。

ただ、本番でTシャツや帽子に刺繍をしたり、モコモコのブローチを作って販売したりする場合は、100均の刺繍糸や接着剤はあまりおすすめではないです。

100均の刺繍糸と定番の安いDCMの刺繍糸を比べても、完成後の刺繍糸の毛羽立ち具合が全く違い、DCMの刺繍糸の方が毛羽立ちが少なく仕上がりも綺麗です。

100均の接着剤も同様に理由で、完成度や耐久性に差が出てくるからです。

失敗の多い練習段階では100均の材料を使って、本番では手芸屋さんで専用のステッチング用ボンドや刺繍糸を使う方がおすすめです。

もんち
もんち
ではでは、フリーステッチングで刺繍をする為の糸通しを始めていきます!

フリーステッチングニードルの糸の通し方

刺繍を始める前に、フリーステッチングには刺繍糸を通します。

フリーステッチングニードルを購入すると、専用の長い糸通しと3本取りの刺繍針が付いています。

フリーステッチングの糸通し

糸は手芸屋さんにある25番糸を使います。

刺繍糸は、細い糸が6本束になって一本で販売されています。

刺繍糸6本取り

3本取りのフリーステッチングの針を使う場合には、6本の糸から3本だけを抜いて束ねて使います。

刺繍糸の3本取り

6本取りと3本取りでは、刺繍糸の太さが全然違います。

刺繍糸3本取りと6本取り

フリーステッチングの3本取りの針を使っているのに、6本取りの刺繍糸を通して刺繍をしていたりすると、やっぱりフリーステッチングは上手く出来ません。

布に突き刺しても糸が一緒にするりと抜けて失敗してしまいます。

もんち
もんち
もし、フリーステッチングが上手くいかないと悩んでいる場合には、刺繍糸の太さが正しいのかの確認をしてみて下さい!

糸を分ける作業が面倒な場合は、買ってきた刺繍糸の6本取りをそのまま使える6本取りの針や、ニードルパンチのように毛糸でフリーステッチングが出来る極太針を使います。

フリーステッチングの極太針で使える毛糸は中細毛糸です。100均で販売されている毛糸はほとんどが並太毛なので、100均の毛糸はほとんどが使えません!

糸の準備が出来たら、フリーステッチングニードルに針を固定して刺繍糸を通します。

まず、針に付いている1〜5段階の目盛に合わせて、フリーステッチング専用の針をセットします。

1〜5段階の目盛の設定で刺繍糸で作るループの長さを決めるのですが、説明書きによると平均設定の目盛が3となっています。

もんち
もんち
ループを長くしたい場合には、3以上の目盛の位置で合わせます!
フリーステッチングの目盛

目盛に合わせて針をセットする時には、針先端の斜めにカットされて見える部分と、フリーステッチングの持ち手の部分にある出っ張り部分の位置が揃うようにします。

フリーステッチングの針の付け方

針と持ち手の位置がきっちりと揃ったら、緑の部分を回転させて針を締めて付けて固定させます。

これで、フリーステッチングの専用針の取り付けは完了です。

続いて、当記事で使用した3本取りの針に、3本取りした刺繍糸を通していきます。

フリーステッチング専用の長い糸通しを針の先端から通して、持ち手の後ろまで突き抜けさせます。

フリーステッチングの糸の通し方

フリーステッチングの持ち手の後ろに飛び出た糸通しに刺繍糸を通して、手前に引き抜けば針に糸が通ります。

フリーステッチングの糸通しに糸を通す
フリーステッチングに糸を通す

これで針に糸が通りましたが、フリーステッチングは独特な糸通しの方法なので、針先端にある小さな穴にもう一度糸通しを通します。

フリーステッチングの針先の糸通し

突き抜けた糸通しの先に糸を通して、糸通しを手前に引き抜き抜くと、針先の穴に糸が通ります。

フリーステッチングの糸通しのやり方

これで、フリーステッチングニードルの刺繍糸通しの完了です。

フリーステッチングニードルは、使える針の種類が3種類あります。

どの太さの針を使った場合でも、専用の糸通しを使っての刺繍糸の通し方は同じです。

フリーステッチング専用針は3種類!
針の太さ使い道の例
フリーステッチング(針先:3本取り)細かなステッチや文字を書く時に使いやすい。
フリーステッチング(針先:6本取り)モコモコ刺繍や図案の中を埋める塗り絵のような刺繍で使いやすい。
フリーステッチング(針先:極太)ニードルパンチのような超モコモコ刺繍が作れる。毛糸やリボンも使える。

どんな感じでフリーステッチングがしたいのかを考えて、針を使い分けて刺繍を作っていきます。

もんち
もんち
では、フリーステッチングを使って刺繍をしていきます!

フリーステッチングニードルを使うモコモコ刺繍のやり方

フリーステッチングで使う生地は、目が詰まっているものを使います。

ガーゼや麻素材などの生地を使うと、フリーステッチングを刺して抜いた時に、刺繍糸も一緒に抜けてしまいます。

フリーステッチングを使っての刺繍が失敗してしまう原因が、使っている生地にあることもよくあります!

100均でも手に入る生地でフリーステッチングに向いているのはデニム生地です。一番分かりやすくて探しやすい生地だと思います。

また、綿100%で目が詰まっていて少し厚みのある生地も相性が良いです

フリーステッチングで使える生地

刺繍をする生地に下絵を移して刺繍を始めるのですが、最初は上手くいかないことが多いので、取り敢えずは何も書かずにプスプスとフリーステッチングの針を刺してみた方が良いです。

初めてのフリーステッチングで細かな図案を描くと、時間をかけて書いた下絵通りに刺繍が出来ないことも多いです。

コツや刺したモコモコ刺繍の雰囲気が掴めるまで、とにかく適当にプスプスと刺して練習をしてみるのが◎!

フリーステッチングでの刺繍のやり方

まず、刺繍枠にフリーステッチングで使う生地を張ります。

この時に、ポンポンと跳ね返りがあるくらいにしっかりと布を張っている状態にしないと、フリーステッチングを刺して抜くという作業が上手くいきません。

刺繍枠に生地をはる

刺繍枠に生地を固定したら、フリーステッチングの針でプスプスと刺していきますが、この時にフリーステッチングスタンドがあれば、机に置いた状態でプスプスと突き刺すことが出来ます。

フリーステッチングスタンドの使い方

フリーステッチングスタンドは絶対に必要な道具ではありませんが、手で持ったままよりもラクにフリーステッチングで針を突き刺す作業が出来ます。

もし、フリーステッチングをしていて手が疲れると感じるならばぜひ使ってみて欲しい道具です。

フリーステッチングで刺繍をする時は、持ち手の部分にある出っ張り方向に進んで刺していきます。

進行方向を間違えると刺繍糸が上手く刺さりません!
フリーステッチングの進行方向の進み方

針のセッティングが間違っていると、針を刺す進行方向が合っていても上手く刺繍が出来ません。

針先端の斜めカット部分とフリーステッチングの持ち手の出っ張り部分が合っているのかの確認も忘れずに!

まず、フリーステッチングの針の根本まで突き刺します。

フリーステッチングを奥まで刺す

次に、生地のギリギリまで針を抜き取って、生地の上を滑らせるように次の場所を突き刺します。

フリーステッチングを生地ギリギリまで持ち上げる

突き刺したフリーステッチングの針を抜いた時に、生地から離し過ぎてしまうと上手く刺繍が出来ません。

抜いた針先は生地の上に触れるくらいまでしか持ち上げないように注意します。

上記の方法で針を何度も突き刺しては抜いてを繰り返して進んでいくと、ミシンで縫ったかのようなステッチを刺繍することが出来ます。

フリーステッチングを刺した面

裏面は刺繍糸で短いループが出来ています。写真の長さのループだと、フリーステッチングの針の目盛を3に合わせています。

フリーステッチングを刺した裏側

このループを密集させて刺すことでモコモコ刺繍が作れます。

スポンサードリンク

 

初心者のもこもこ刺繍の練習には図形がおすすめ

最初から凝った図案を作成してもなかなか上手くいかないと思ったので、星型をただ埋め尽くすという練習をしてみました。

フリーステッチングで刺したモコモコ刺繍の表面

すると、思ったよりも綺麗に刺繍が刺せなくて、刺繍糸が飛び出てしまうことも多々起こってしまいました。

初めてフリーステッチングで刺繍をしてみて、最初の練習に向いているのは、「○△□」などの簡単な図形や、角が多い星型などが良いと感じました。

星型などの角がかなり尖っている形は、表の面で見ると綺麗に刺せていても、モコモコの面を確認すると綺麗にモコモコ感が出ていなかったりもします。

形を整えるコツを掴む練習にはピッタリだと思いました。

フリーステッチングで歪んだモコモコ刺繍の星型

モコモコ刺繍をする場合には、モコモコ面の埋まり具合や見え方を確認しながら針を突き刺すと、モコモコ感を綺麗に整えながら刺せます!

刺繍すら未経験の私でも、フリーステッチングを使うとモコモコ感をしっかりと出すことが出来ました。

モコモコした円の図形や簡単なアルファベットくらいならば、少し練習すればコツを掴んで簡単に楽しめるようになれると思います。

フリーステッチングの目盛3で刺したモコモコ刺繍

ただ、フリーステッチングでモコモコ刺繍をすることは簡単だけど、スヌーピーなどの細かな図案通りに綺麗に形を整えたり顔を描いたりするには、かなりの練習が必要なのでは?と感じました。

ニードルで作ったもこもこ刺繍の糸抜け防止のやり方

フリーステッチングで刺した刺繍糸は、生地に縫い付けているわけではなくてただ刺さっているだけです。

だから、刺繍糸の端を引っ張ると、プチプチと簡単に糸が抜けてしまいます。

フリーステッチングの糸は引っ張るだけで抜ける

フリーステッチングで刺した糸が抜けないようにするには、背面から糸と生地を接着させる必要があります。

刺繍の裏面処理で使うボンドの種類

フリーステッチングで作ったもこもこ刺繍が抜けないようにするためには、フリーステッチングで突き刺した糸の背面をボンドで固める必要があります。

この時に使う接着剤には、専用の「フリーステッチングボンド」も販売されています。

フリーステッチング専用ボンド

でも、実はこのボンドは通販でも手芸屋さんでもなかなか売っていません。

そこで、代用出来るものはないのかと調べてみると、デコパージュや布用ボンドを使っていたりしている方もいました。

もっともっと調べてみると、フリーステッチングを販売しているクローバー株式会社のHPでも、フリーステッチングの背面処理の紹介で布用ボンドを使っていました。

クローバー株式会社のHPで紹介されているフリーステッチングのハンドメイドレシピで使われていたのは、洗濯も可能で水に強い布用強力ボンドでした。

 

もんち
もんち
容器の先端がヘラになっていて塗りやすくて、洗濯やドライクリーニングも出来ます!

もこもこ刺繍のほつれ防止の背面処理で使える布用強力ボンド「貼り仕事」は、バックが作れるくらいの強力なボンドです。

フリーステッチングのほつれ防止だけではなくて、よく洗濯するようなパンツの裾上げや、子供のお名前ワッペンの接着にも使いまわせる点も使い勝手がイイです。

もこもこ刺繍の糸抜けをボンドで固める方法

フリーステッチングで作ったもこもこ刺繍の背面処理の方法は凄く簡単です。

まず、刺繍の裏側全体に布用強力ボンドを均等に塗り拡げて、アイロンがくっつかないシリコンペーパーを重ねます。

布用ボンドを縫ってシリコンペーパーを重ねる

アイロンを押し当てて10秒くらい圧着して、シリコンペーパーを剥がします。

布用ボンドが塗れていない部分がないのか確認をして、なければ1日置いてしっかりと完全に乾かします。(※ 完全に乾くには約24時間置いておく方が良いと紹介されています。)

フリーステッチングの背面をアイロンで接着する

引っ張るだけで解けていたフリーステッチングの刺繍糸も、布用強力ボンドがしっかりと乾けば、生地をどんなにぐにゃぐにゃに曲げても引っ張っても解けなくなります。

フリーステッチングの糸が抜けない背面処理

以上が、フリーステッチングでモコモコ刺繍とサテンステッチ(ミシンで縫ったようなライン刺繍)を刺した後にする、布用ボンドを使ったほつれ防止の裏処理の方法です。

スポンサードリンク

 

もこもこ刺繍が簡単に出来るフリーステッチングニードルでもコツはいる

フリーステッチングは、簡単に刺繍が出来るというニュアンスの売り文句で紹介されています。

でも、スヌーピーなどの人気キャラクターのモコモコ刺繍は簡単には作れません。

何の練習もせずにいきなり複雑なイラスト図案で作ろうしても、よっぽど器用でない限りはこんな結果になると思います。

スヌーピーのモコモコ刺繍の失敗作

モコモコの刺繍を作ることは確かに簡単ですが、全くの刺繍の初心者が何も練習せずに、最初からスヌーピーなどのキャラクターで綺麗なモコモコ刺繍が作れる程に簡単なものではありませんでした。

やっぱりコツも必要だし、作品には上手い下手もしっかりと出ます。

ただ、上手い下手は置いておいて、誰でも簡単にモコモコの刺繍が作れることは確かだと感じました。

もんち
もんち
もう少し練習をして上達を感じた時に、再度スヌーピーに挑戦してみたいと思います!

また、フリーステッチングはモコモコ刺繍だけではなくて、ミシンで縫ったかのような綺麗なラインも描けます。

フリーステッチングを刺した面

このステッチを使えば、クッションカバーにプスプスと針を刺して、イラストを描くようにスヌーピーの作品が作れるのでは?とも思いました。

画像をクリックすると、フリーステッチングの詳細ページが開きます。)

フリーステッチングは使い方と上達次第で色んな作品が作れると思うので、どんどん練習をして色んな作品を作ってみようと思います。

フリーステッチングを活用していく中で分かったことや、新たな作品などについてはまた追記をしていきたいと思います。

今日はここまで〜

イラストを描いたような刺繍がしたい場合は「フランス刺繍」を始めてみるのが◎!
刺繍の初心者さんが最初に揃える必要がある道具や使い方を紹介した記事のアイキャッチ画像
刺繍の初心者さんが最初に揃える必要がある道具や使い方と本を紹介!刺繍を始める時に初心者で揃える基本の道具とその使い方や、刺繍糸や刺繍針の材料の選び方などを紹介します!刺繍が全くの初めてでも基本のステッチが上手に縫える分かりやすい刺繍本のおすすめ書籍や、刺繍の始め方やフランス刺繍の基本ステッチの刺し始め方が分かる刺繍作家さんの動画もまとめて紹介しています!...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事