刺繍

刺繍がやりやすい布の選び方と糸と生地の色で相性の良い組み合わについて!

刺繍がやりやすい布の選び方と糸と生地の色で相性の良い組み合わについての記事のアイキャッチ画像

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

布に小さな布ワンポイント刺繍を刺していて、「今日はいつも異常にステッチの隙間が目立つ」と感じたことはありませんか?

それはもしかすると、刺繍糸と刺繍を刺している布の色の組み合わせの相性が悪いことが原因なのかもしれません。

例えば、色の濃い布に明るい刺繍糸で刺繍をすると、針目がくっきりと浮かび上がって見えてしまい、いつも以上にステッチの隙間が目立って汚く見えてしまうことがあります。

当記事では、そういった失敗が起こりにくい刺繍が刺しやすい布や、刺繍糸と布の色の相性が良い組み合わせの選び方などについてまとめました。

刺繍用の布の種類と刺しやすい生地の選び方

刺繍の本で刺繍が刺しやすいとしてよく紹介されている布は、縦糸と横糸を交差させる織り方で作られた平織りの綿や麻です。

商品名(生地の名前)メーカー素材
エミークロスオリンパス綿100%
エミークロス生成りオリンパス綿100%
オックスフォードオリンパス・COSMO綿100%
ジャパクロスオリンパス・COSMO綿100%
クラッシーCOSMO麻100%

でも、これらの刺繍専用の布の値段はお手頃価格とは言えないので、刺しやすいとはいえわざわざ刺繍専用の布を購入して練習する必要はありません。

刺繍専用の布じゃなくても、平織りで目が詰まっていてガーゼのようにペラペラに薄い布でない限りは、初心者でも快適に刺繍が楽しめて練習に使えます。

100均の生地でも刺繍は出来る?

100均で販売されている布でも、目が詰まった平織りで程よい厚みのある布ならば、初心者でも難しいことなく快適に刺繍の練習が出来ます。

100均のように手頃な価格でだと、カラーが豊富なシーチング生地も練習用の生地として使用している方が多くておすすめです。

もんち
もんち
シーチング生地も練習だけじゃなくて刺繍のワッペンやブローチで使えます!

私自身もシーチング生地や100均の布を使って刺繍の練習をしていますが、練習段階で選ぶ布の色は、ベージュなどの出来るだけ明るいものの方が良いです。

100均の平織り布でフランス刺繍の練習

何故なら、複写紙を使った時のチャコペンの線が分かりやすくて、初心者でも下書き線の確認をしっかりとしながら練習が出来るからです。

デニムなどの濃い生地だと、ピンクや水色の下書き線は分かりにくくなってしまうので注意!

また、ストレッチ素材などの伸縮性のある布や、ガーゼのように薄くて目も詰まっていない布は刺繍が難しくなるので、初心者で布を探している時には選ばない方が良いです。

刺繍がしやすい安い布の種類は?

100均などでも購入出来る刺繍を刺し進めやすい生地の種類は、

  • 綿
  • ツイル生地
  • シーチング生地

の3種類です。

綿は目が詰まっていて柔らかくて刺繍が刺しやすく、チノパンなどで使われることが多いツイル生地も、平織りではなく綾織りなのですが刺繍針が刺しやすくなっています。

シーチング生地は太い糸で平織りされた生地なので、刺繍の初心者でも刺し進めやすくて価格もお手頃なので、個人的には刺繍の練習に1番のおすすめはシーチング生地です。

あれ?やっぱりリネン生地に刺繍するのは難しいのか…

と思いましたか?

リネン生地にそのまま刺繍をするのは難しくて避けた方が良いですが、生地の裏に接着芯を貼り付ければ、目の詰まった生地に刺繍をしているような感覚で刺繍の練習が出来ます。

もんち
もんち
ガーゼやリネン、凄く薄い生地で刺繍の練習がした時は接着芯を使いましょう!

刺繍をする生地と糸の色にはベストな組み合わせの選び方がある

刺繍をする布と刺繍糸の色には、刺繍を刺し進めた時に綺麗に見える色の組み合わせがあります。

例えば、色の明るい布に濃い色の刺繍糸で刺繍をすると、初心者で刺繍糸の針目が荒くなって隙間が出来てしまったとしても、よっぽどでない限りは目立ちません。

ただし、色の濃い布に明るい刺繍糸で刺繍をすると、針目がくっきりと浮かび上がって見えてしまうので、いつもは気にならない程度の隙間でも目立って汚く見えてしまいます。

針目(刺繍した糸と糸の隙間)が目立ってしまった場合には、隙間を埋めるように通常よりも多い回数の針を刺して、針目を隠していけば問題はありません。

でも、多く刺すことは面倒くさい作業なので、「暗く濃い色の生地 ✕ 明るい色の刺繍糸」の組み合わせは、出来れば避けて通った方が簡単に綺麗に刺繍が作れます。

もんち
もんち
初心者で刺繍を上手に見せたいなら、【明るい布✕濃い糸】の組み合わせがおすすめ!

刺繍をする布や生地と刺繍糸の色が決まったら、図案を書いた生地を刺繍枠にはめて刺繍を始めていきます。

刺繍枠の使い方はこちらの記事でまとめています。

刺繍枠の使い方とサイズや種類の選び方!木製とプラスチック製はどう違うかを説明した記事のアイキャッチ画像
刺繍枠の使い方とサイズや種類の選び方!木製とプラスチック製はどう違う?刺繍枠の使い方や使いやすいサイズを紹介!布が緩んでしっかり張れない時は刺繍枠に生地を巻き付ければ緩みません!また、プラスチック製の刺繍枠よりも木製の刺繍枠の方が布が滑りにくくて、木製の刺繍枠には滑り止めのゴムが付いているものもあります!刺繍枠でハンカチの角や襟やリボンなどの刺繍がやりやすくなる布の貼り方も紹介します!...

刺繍の初心者の場合は、刺繍枠の基本ステッチからの練習が簡単で楽しいです。

刺繍の基本ステッチ!初心者でも簡単な7種類のやり方を紹介した記事のアイキャッチ画像
刺繍の基本ステッチ!初心者でも簡単な7種類のやり方を紹介!刺繍の基本ステッチの中でも、簡単で初心者でも上手く刺すことが出来る7つのステッチの刺し方を解説!たった7つステッチでもイラスト刺繍は出来ます!文字の装飾にも使えるランニングステッチやストレートステッチ、イラストの縁取りに使えるバックステッチやアウトラインステッチ、枠作りで活用出来るコーチングステッチの方法も紹介!...

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連記事