DIY

IKEAの伸縮可能な「テーブル脚」で机をDIYしてみた!

イケアのテーブル脚で作った机
こんにちは!もんちです・ω・)ノ

母親に、「シンプルなパソコンデスクとして使えるテーブルを作って欲しい」とお願いされました。

そこで、IKEAの長さ調節が可能な『テーブル脚』を使って、コンパクトでシンプルで簡易収納が付いている机を作りました。

IKEAのテーブル脚でDIYした机

机をDIYする時に必要な『天板』も、ホームセンターで販売されている木の板を使って

作りました。

引き出し収納ではありませんが、コピー用紙や本を入れておくと取り出しやすくて使い勝手も良かったです。

今回は、IKEAの『テーブル脚』を使ったこの机の【天板の作り方】と【IKEAの脚の付け方】をまとめました。

IKEAの伸縮テーブル脚を取り付ける天板を収納付きでDIYする!

テーブル天板はわざわざ作らなくても、IKEAで数種類が販売されています。

ただ、今回はコンパクトな机を作る予定だったので、IKEAで販売されている天板では大き過ぎました。

そこで、ホームセンターで販売されている長いパイン集成材(木の板)を購入して、好みの長さにカットしてもらってから〈天板〉をDIYしました。

まずは、天板を手作りする為のデザインを考えて、作りたいサイズに合わせた木材を購入しないといけません。

DIYする〈天板〉のイメージは「Pinterest」で探して、簡易的な収納が付いている下写真のデザインで作ることにしました。

Pinterestの海外インテリアのテーブル天板

出典元:Ciao Desk | DIY Desk | Pinterest | 机、生活雑貨、ベッドルーム

この形の〈天板〉だと、箱型に木材を組み合わせてビスで固定するだけなので簡単ですし、箱型の天板の隙間を収納としても使えます。

まずは、ホームセンターで購入した大きな木の板(集成材)から、写真で番号を付けている①②③④の板をカットしてもらいます。

テーブルの天板のカットの番号

今回作った〈天板〉のサイズだと、①②の板が15cm、③④の板が75cmでカットしてもらいました。

私の場合は91cmの集成材を2枚購入しました。そして、1枚の集成材から15cmの板と75cmの板を作ってもらいました。※ 中途半端に余った切れ端の板は貰えます。

ホームセンターに買いに行けない場合は、通販でも木材を購入出来てもカットもしてしてもらえます。

通販で大きな木の板を購入すれば、運ぶ手間もなくなりますしサイズも豊富です。

例えば、「テーブルの奥行きを30cmにしたい!」と思えば、パパっと検索するだけで見つけられます。


▼メルクシパイン集成材(積層材)フリーカット(厚さ20×巾300×長さ1000mm)▼DIY専用木材

この他にも木の厚みや巾など、色んなサイズの集成材が販売されていました。

それでも、もし通販ではなくてホームセンターで購入する場合は、コーナンでの購入がおすすめです。

なぜなら、アプリのクーポンを使うと10カットまで無料でカットしてくれるからです。

コーナン
コーナン
無料
posted with アプリーチ

私自身も今回もこのアプリのクーポンを利用して、作りたい机の幅に合わせて無料でカットしてもらいました。

木材の準備が出来たら、次は色を塗っていきます。

ワトコオイルで〈天板〉となる木の板を塗装する

カットしてもらった木の板は、紙やすりで擦って表面をスベスベに整えた後に塗装します。

パイン集成材とワトコオイル

今回は母親のリクエストで「自然な色がいい」とのことだったので、ワトコオイルの「ミディアムウォルナット」を使いました。

実際に塗ってみました。

〈塗装後〉と〈塗装前〉を比べてみると、思った通りに使い古した自然な感じの色が出ていて安心しました。

ワトコオイルの塗装前と塗装後を比較

※ 加工なしの写真です

ワトコオイルは多少ガゾリンのような臭いがあります。

屋内での塗装は難しいですが、ブライワックスよりは臭くなくて凄く塗りやすかったです。

ワトコオイルの塗り方

ワトコオイルの塗り方は簡単です。

初めてでも、スポンジや布を使うと刷毛の後も残らず綺麗に塗装することが出来ます。

  1. ワトコオイルをスポンジ or 布に付けて木材に塗装する。
  2. 塗装して直ぐに、布でしっかりと拭き取って乾かす。
  3. しっかりと乾かしてから、もう一度ウエス(布)で乾拭きする。

これだけです。

必ず乾かした後にも乾拭きします。

木材を磨くようにしっかりと乾拭きすると、色移りも防げて艶感も出ます。

ワトコオイルでの塗装が終わったら、木の板で机の〈天板〉を組み立てていきます。

収納付きの〈天板〉を組み立てていく

次に、「Pinterest」で探した机のイメージ通りに〈天板〉組み立てていきます。

Pinterestの海外インテリアのテーブル天板

出典元:Ciao Desk | DIY Desk | Pinterest | 机、生活雑貨、ベッドルーム

カットしてもらって塗装も終わった木材を箱型に組み合わせます。

真ん中に出来る隙間の部分が収納スペースになります。

箱型に組んだテーブル天板
  • コピー用紙など、必要最低限の収納が出来るテーブル天板が欲しい
  • 天板に収納は欲しいけれど、引き出しは別に無くてもいい

こういった感じで考えているならば、この箱型の〈天板〉のDIYは簡単で本当におすすめです。

箱型に組んだ後にビスで固定するのですが、ただ固定するだけだとビスの頭が丸見えになってしまいます。

テーブルDIYでのビスの固定方法

机としていつも見える〈天板〉でビスやネジが丸見えなのは嫌だなと思いました。

そこで、見えてしまうビスを100均のダボで隠すことにしました。

机の〈天板〉をDIYした時に見えるビスの頭をダボで隠す

天板を組み立てた時に見えるビスの頭をダボで隠すと、全く見えなくなって見た目も綺麗です。

ビスをダボで埋めて隠すDIY

解体するのが難しくなってしまうというデメリットはありますが、もう壊すこともないと思うので取り入れてみました。

ダボでネジ頭を隠す方法は凄く簡単です。

まず、ビスで固定する時に穴を開ける場所に印を付けます。

そして、その印を付けた場所にダボ用ドリルビットで穴をあけていきます。

ダボ穴用のドリルビットの使い方

ダボ用のドリルビットがない場合は、普通のドリルにマスキングテープで印を付けて、その印の位置までドリルで穴を彫るという方法もあります。

でも、その方法よりもダボ専用のドリルビットの方がめっちゃ簡単に綺麗な穴があけれられました。

今回は8mmのダボ用ドリルビットで穴をあけました。

一定の深さまで穴をあけたら勝手にストップしてくれるダボ用ドリルで穴をあけたら、その穴の中を通してビスで固定します。

ダボ穴を空けてビスで固定するDIY方法

次にその穴を塞ぐように接着剤を入れて、穴と同じ大きさの8mmダボを差し込みます。※ ダボはダイソーでも販売されています。

ダボを刺してビス頭をを隠している

ダボが入りにくい時はトンカチで少し叩くと入ります。全部の箇所にダボを挿せたら、この状態で乾くまでしばらく待ちます。

接着剤が乾いたら飛び出ているダボをカットしていきます。

長すぎたダボを鋸でカットしている

ダイソーのカッター鋸でダボをカットしましたが、鋸のしなりがイマイチなので天板を傷付けてしまいました。失敗です…。

ダボのカットで失敗して傷ついたテーブル天板

ダボをカットする場合は、アサリがなくて綺麗に切れて、刃がしなるくらいの鋸を使った方が綺麗に切れます。

購入代金をケチって失敗するといういつもの流れをまたやってしまいました。

でも、もし同じように失敗して傷を付けてしまった場合でも、紙やすりで整えるとなんとか誤魔化せます。

全てのダボをカットして、カット面を紙やすりで整えたらワトコオイルで塗装します。

すると、ワトコオイルが染み込んでダボで埋めた箇所だけ少し濃い色になります。

ダボでビスを埋め込んで隠した後にワトコオイルで塗装した天板

ダボでビスの頭を隠す作業は少し面倒くさいですが、なんというか手間をかけた分だけ愛着が湧きます。

それに、仕上がりの見た目もやっぱり綺麗です。

これで、〈天板〉は完成です。

次に、作ったこの〈天板〉にIKEAの『テーブル脚』を取り付けて机を完成させます。

IKEAの『テーブル脚』を取り付けて机のDIYを完成させる!

手作りの天板が完成したので、IKEAの『テーブル脚』を取り付けていきます。

ダボでビス頭を隠してワトコオイルで塗装してた収納付きの天板

ではでは、IKEAの『テーブル脚』を取り付けていきます。

まず、『テーブル脚』にセットで付いている金具を、〈天板〉の四隅に固定していきます。

IKEAの脚の付属品

キリで下穴を開けるとビスで固定しやすいです。

IKEAの脚を天板に取り付ける

『テーブル脚』を取り付ける用の金具を固定したら、金具の上で脚を回しながら取り付けます。

IKEAの脚をテーブル天板に付ける

ネジで取り付けるので凄く簡単です。

IKEAの『テーブル脚』は伸縮可能で長さ調節が出来る!

今回はIKEAの伸縮可能な『テーブル脚』を使ったので、長さを調節することが出来ます。

IKEAの脚と天板でテーブルを作る

脚をクルクルと回すとだけで短くなったり長くなったりするので、テーブルを簡単に自分好みの高さに合わせられます。

価格もお手頃で、色は〈白〉と〈黒〉が販売されています。

ちなみに、長さの調節が出来ない『テーブル脚』は更に安くてワンコインで買えます。

なので、作りたいテーブルの高さにピッタリの長さならば、長さ調節が出来ない『テーブル脚』で作る方が安くDIYが出来ます。

※ IKEAの実店舗に行く事が可能な場合は通販で購入するよりも実際に店舗に訪れて購入した方が絶対に通販価格よりも安くておすすめです。

今回は、テーブルの高さに合わせて『脚』の長さが変えられる伸縮可能な『テーブル脚』でDIYしました。

IKEAの『テーブル脚』を取り付け後に、自分が心地いいと感じるテーブルの高さに脚の長さを合わせます。

高さを変えることが出来ない椅子を使う場合には、テーブルの高さを自由に決めることが出来る『テーブル脚』はかなり便利だと感じました。

長さ調節が完了したら、IKEAの『テーブル脚』で作る机のDIYの完成です!

IKEAの脚と天板で作ったノートパソコンのテーブル

さっそく実際に色々と収納してみて、使い心地の確認をしてみました。

DIYした〈箱型天板〉で作る机はシンプルでかなり便利!

机のDIYは母親からのリクエストで作りました。

箱型に組んだ木材の〈天板〉の隙間には、使わない時のノートパソコン、書類、コピー用紙などを収納しておけます。

IKEAの脚と天板でDIYした収納付きのテーブル

テーブルを置きたいと言っていた場所の奥行きが、〈奥行き40cm×巾82cm〉しかなかったのでかなりコンパクトに作りました。

それでも、実際に使ってみると思っていたよりも便利に使えました。

飲み物や文房具などもを置いてノートパソコンを使うとこんな感じになります。

IKEAの脚と天板でDIYした収納付きのテーブル

凄くシンプルでコンパクト過ぎるくらいの小さな机だからこそ、〈箱型天板〉の収納がかなり便利に活用出来ました。

ノートパソコンをする時くらいしか使わないらしく、「これくらいの大きさでも十分」と喜んでくれたので一安心でした。

ワトコオイルで〈天板〉を塗装した臭いについて

ワトコオイルを塗って作った〈天板〉は、2日乾かしてもワトコオイルの臭いがまだ残っていました。

臭いが気になる場合は、数日間外で乾かしておくと次第にマシになってきます。

完全に乾燥するまで、24時間以上が必要になります。ワトコは油性塗料のため油絵のような匂いがあるが、塗装後は約3~10日ほどで失くなります。慣れるとそんなに嫌な匂いではないです

出典元:ワトコオイル全色の分かりやすい色見本と、最高におすすめの塗装手順! | DIY FACTORY COLUMN

私はオイルの臭いが苦手なので、臭いが気にならなくなるくらいになるまでに5日くらい外に出していました。

母親は2日めくらいの〈天板〉の臭いをかいだ時点でも、「気にならないよ」と言っていたので、臭いが〈気になる〉〈気にならない〉には個人差があるみたいです。

もし、自分自身が臭いがめちゃくちゃ気になる傾向にあっても、数週間も外に出しておくと全く気にならなくなります。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク