手作りままごとキッチン

ままごとキッチンをDIY!蛇口・木製コンロ・シンクの作り方!

手作りのままごとキッチンセット

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り )です。

今回は、カラーボックスで作っていた「ままごとキッチン」の塗装と、蛇口・木製コンロ・シンクを作っていきます。

カラーボックスで作ったままごとキッチン

ここまでのままごとキッチンの作り方はこちらの記事から確認出来ます。

カラーボックスで作ったままごとキッチン
「手作りままごとキッチン」をカラーボックスでDIYする!カラーボックスを使って「手作りままごとキッチン」をDIYしました。ままごとキッチンの天板と収納扉の作り方や、100均材料で簡単に作れる「収納棚」や、調理器具をかけて収納することが出来る「フック収納」の作り方なども紹介しています。...

塗装を済ませて、蛇口・木製コンロ・シンクなどの細かいパーツを作って組み立て終わった「ままごとキッチン」の完成品はこんな感じです。

カラーボックスで作った手作りままごとキッチン

まず、「ままごとキッチン」の塗装を済ませてから、細かなパーツを作っていきます。

それでは、本日のDIYのスタートです。

DIYした「ままごとキッチン」に塗装した収納扉と棚を取り付ける!

カラーボックスでDIYした「ままごとキッチン」の塗装には、100均の水性ニスを使いました。

「ままごとキッチン」本体の塗装にはセリアの水性ニス、収納扉にはダイソーのカラーペイント材の赤を使いました。

ままごとキッチンの扉を赤に塗装

塗装が終わった赤い扉に取っ手を取り付けて、蝶番でカラーボックスに固定します。

次に、カラーボックスの真ん中に棚板を乗せて収納を作ります。

手作りままごとキッチンの扉と棚

ここまで完成したら、「ままごとキッチン」の細かなパーツを作っていきます。

 

  1. 蛇口
  2. 木製コンロ
  3. シンク
  4. コンロスイッチ

これらのパーツを作っていきます。

手作りままごとキッチンの「木製コンロ」の作り方!

まず、作りたい「木製コンロ」の直径の大きさ決めて、その直径の長さが入る板幅の木材を探します。

今回は、加工しやすくて工作に適していると言われているファルカタ材を使いました。

ファルカタ材

まず、作りたい「木製コンロ」の大きさで円を書きます。

コンパスがなくても、缶の底を使うと奇麗な円が書けますよ。

ファルカタ材に円を書く

円を切り抜く為には、先にドリルで穴をあけます。

ドリルであけた穴から切り始めてジグソー(曲線が切れる電鋸)で丸く切り抜きます。

ファルカタ材は柔らかいので、ジグソーがなくても糸鋸で簡単にカットが出来ます。

ジグソーでファルカタ材を丸く切る

切り取った丸い板は、もうひとまわり分だけ小さく丸くカットして元の板に戻します。

丸く切ったファルカタ材を型に戻す

カット面がガタガタですが、これくらいだと気にしなくても大丈夫です。

紙やすりで整えるとこんなに奇麗になります。これだけで、もう随分とコンロらしくもなりました。

切って紙やすりで整えたファルカタ材

次に、幅2.5cm ✕ 長さ91cmの木材を同じ長さで8個カットします。

カットした8個のファルカタ材

このカットした木材も紙やすりで整えていきます。

角を少し丸めに整えた後と整える前とではこんなに違います。面倒ですが必ずした方が良い工程です。

紙やすりで整えたファルカタ材

紙やすりで奇麗にした木材は、コンロの五徳のように並べます。これで、更にコンロらしくなりました。

ままごとキッチンのガスコンロ

次に、木製コンロの中心に丸くカットしたコルクを置きます。

人気の手作り木製コンロ

最後に、塗装して速乾ボンドで貼り付けたら「ガスコンロ」の完成です。

ままごとキッチンの台に置いてみるとイイ感じで安心しました。

ままごとキッチンの上に置いた木製コンロ

自作するのが面倒な場合は「ガスコンロ」のパーツが買える!

例えば、

自作するのは面倒くさい!だけど木製ガスコンロがいい!

って場合は、手作りままごとキッチン用のパーツで木製ガスコンロが販売されています。

 

「ままごとキッチン」の本体はカラーボックスで作って、こういった細かいパーツは買った物を取り付けるという方法もあります。

次に、「ままごとキッチン」のシンクを作っていきます。

手作りままごとキッチンの「シンク」の作り方!

ままごとキッチンの「シンク」を作るのに使った材料は、ダイソーで購入出来る白いバットです。

キッチングッズのコーナーにあります。

ままごとキッチン作りで使うシンク

大きさの種類もたくさんあるので、自分が作る大きさに合ったものを選びます。

100均で買った「白いバット」をはめる穴をあける

まず。壁際に蛇口を取り付けられるスペースを少しあけて、「シンク」をはめ込む場所を決めます。

「シンク」をはめ込む場所が決まったら、白いバットの大きさで印を付けます。

そして、その印の内側四隅にドリルで穴をあけておきます。

ドリルで穴をあける

次に、ドリルであけた穴にジグソー突き刺して四角くに切り取るようにカットします。

板を四角くカットする

カット面が大きく曲がったり歪むと流石に駄目ですが、上の写真くらいの小さな歪みだと許容範囲です。紙やすりで整えると大丈夫です。

切り取った四角い穴には、白いバットをはめ込んで速乾ボンドで固定します。

100均の白いバットをはめる

カットした四角い穴の縁に引っかかるように、購入する100均の白いバットは必ず縁があるものを選びます。

次に、ままごとキッチンの「木製蛇口」を作ります。

手作りままごとキッチンの「木製蛇口」の作り方!

木製の蛇口を作る為に使用した木材は、円柱の木材と角材です。( ※ ホームセンターで購入)

その他の木材は、これまでのDIYで余っていた木材です。

ままごとキッチンの蛇口作りの材料

まずは、角材の上に円柱の木材を置きます。これが蛇口ハンドルになります。

ままごとキッチンの蛇口ハンドル

蛇口はL字金具と速乾ボンドで組み立てて固定しました。

この木材も捨てずに取っておいた余りの木材を使いました。

ままごとキッチンの蛇口

次に、蛇口ハンドルとなる円柱の木材に「お湯」「水」の目印を付けます。

使ったのは、100均のフェルトです。

100均のフェルトで蛇口ハンドルを作る

赤と水色のフェルトに、「蛇口ハンドル」にする円柱の木材の直径よりも少し小さめの丸型で印を付けます。

その印通りにフェルトをカットしたら、「蛇口ハンドル」にする円柱の木材に貼り付けます。

フェルトをカットする時の円の型取りには、セリアの水性ニスの底を使いました。大きさが丁度良い感じでしたよ。

ままごとキッチンの蛇口に貼ったフェルト

これで、「お湯」と「水」の印が付いた蛇口ハンドルの完成です。

ままごとキッチンの蛇口ハンドルは回せるように作る

ままごとキッチンの「蛇口ハンドル」は、実際に回せるように取り付けます。

まず、「蛇口ハンドル」の裏面にドリルで穴をあけて、速乾ボンドを付けたダイソーのダボを差し込み固定します。

作った蛇口ハンドルに穴をあける

次に、取り付ける土台の角材(木材)に、ダボより少し大きめの太さの穴をあけます。

その穴に、ダボを刺した「蛇口ハンドル」をただ挿し込むだけです。

穴に蛇口ハンドルを挿し込む

これで、挿し込んだ「蛇口ハンドル」は空回り状態になります。かなり簡易的ではありますが、この方法で「蛇口ハンドル」は回転します。

そして、角材の上に作った2個の「蛇口ハンドル」の間に「蛇口」を取り付けます。

ままごとキッチンの蛇口ハンドルと蛇口

完成した「木製蛇口」は、キッチン台にバットをはめ込んで作った「シンク」と「キッチン壁面」との隙間に固定します。

キッチンシンクの奥に蛇口を付ける

これで、「お湯」「水」の印付きで蛇口ハンドルもちゃんと回転する「木製蛇口」の完成です。

ままごとキッチンの「蛇口パーツ」は買える!

例えば、

蛇口なんて作るの無理だけど手作り感は出したい!

って場合には、「ままごとキッチン」の手作りパーツで木製蛇口なども販売されています。

 

「ままごとキッチン」の本体はカラーボックスで作って、蛇口はこの商品を取り付けるというだけでも「ままごとキッチン」の既存品を購入するよりは節約にはなると思います。

次に、「ままごとキッチン」の換気扇っぽいものを作ります。

ままごとキッチンの「換気扇」の作り方!

「ままごとキッチン」のDIYは、友人の子供へのプレゼントで始めました。

どんなのを作って欲しいのかを聞くと、小さいおもちゃキッチンの写真が送られてきました。

そこで、換気扇も作ってみることにしました。

換気扇っぽいものを作るのに使用した木材は、「ままごとキッチン」のキッチン台や壁面などを作る時にカットしてもらったシナベニヤのあまりです。

塗装した後にスイッチやつまみの配置を決めて組み立てました。

ままごとキッチンの換気扇

四角いスイッチはただの飾りですが、つまみのスイッチはガスコンロと同様に回転させるとカチカチと音が鳴ります。

カチカチ音の鳴るつまみスイッチの作り方は、こちらの記事から確認出来ます。

100均DIYで「ままごとキッチン」のカチカチ音が鳴るコンロのつまみスイッチ作る!100均DIYで「ままごとキッチン」の木製コンロスイッチを作りました。回すとカチカチと音も鳴ります。100均材料で作れるのでコスパ的にもおすすめです。作り方と材料をまとめて紹介しています。...

換気扇のスイッチを付け終わったら、DIYした「換気扇」を ままごとキッチンの壁面の上の方に取り付けます。

換気扇を取り付けた手作りままごとキッチン

これで、「ままごとキッチン」に必要なパーツの取り付けは、全て完了しました。

手作りままごとキッチンの写真をたくさん見ていると、自分がどんなままごとキッチンを作りたいのかもイメージが湧きやすくなると思います。

カラーボックスを使った手作りの「ままごとキッチン」が完成!

今回作った「ままごとキッチン」の細かなパーツは全部で4つです。

  1. キッチンのガスコンロ
  2. キッチンのシンク
  3. 蛇口
  4. 換気扇

DIYで作った全てのパーツを取り付けたら、手作りの「ままごとキッチン」は完成です。

カラーボックスで作った手作りままごとキッチン

先に作っていた、「ままごと冷蔵庫」「ままごとレンジ」も合わせて並べてみると、なかなか豪華な仕上がりになりました。

カラーボックスで作った手作りのままごとキッチン

プレゼントする予定のXmasに間に合って良かったです。

今日はここまで〜

手作り「おままごとレンジ」で音がカチカチと鳴るスイッチもDIY!カラーボックスで手作りの「おままごとレンジ」をDIYしました。同じく、カラーボックスで作った「おままごとキッチン」とも一緒に使えます!レンジの扉のスイッチは、回した時にカチカチと音が鳴る仕組みで作りました!100均材料も使った、作り方を紹介しています。...
ままごとキッチンの冷蔵庫を手作り
かわいい「おままごと冷蔵庫」をカラーボックスで手作りする!手作りままごとキッチンと一緒に使える「ままごと冷蔵庫」をカラーボックスを使ってDIYしてみました!安く!可愛く!本格的に!を課題に、安い木材を使って組み立てています。冷蔵庫の扉裏のドリンク収納や装飾は、100均の商品をそのまま使っています。...

スポンサードリンク

スポンサードリンク