プラバン

プラバンを「ポスカ」で着色してグルーガンでおしゃれにアレンジする方法!

100均プラバンとグルーガンで作ったプラバンアクセサリー

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り)です。

100均のプラバンをポスカで色付けして、グルーガンでアレンジを加えた、少し変わった「プラバンアクセサリー」を作ってみました。

素材集で作ったプラバンアクセサリー

プラバンにおしゃれな文字のデザインを書き写して、背面からポスカで色付けた後に、グルーで縁取りを作るアレンジです。

簡単に出来る「縁取り」を作るだけで、個性的でおしゃれな「プラバンブローチ」が作れます。

作り方やコツなどを紹介していきます。

もんち
もんち
それでは、本日のDIYのスタートです!

プラバンを「ポスカ」で塗って「グルーガン」でアレンジすればおしゃれな「アクセサリー」が作れる!

今回のプラバンアクセサリー作りに使う材料です。

  • 色付け→「ポスカ」
  • アレンジ→「グルーガン」
  • デザイン→センスがないので「素材集」を移す

これらで、グルーの縁取りがあるこんな「プラバンアクセサリー」が作れます。

少し個性的であまり見かけないと思います。

プラバンに縁取りを作る

でも、凄く簡単に作れます。

もんち
もんち

100均でもグルーガンは販売されています。

でも、ホームセンターだと「金色」や「銀色」のグルーも販売されています。

では、さっそく作っていきます。

おしゃれな『フォント素材集』を使ってイラストを書く!

私はセンスがないので、まずは素材集の中からかっこいいイラストを書き写しました。

 

この素材集の中には、英単語が何種類も載っています。

その中から、好きなフォントや英単語を組み合わせていきます。

今回は、円形にカットしたプラバンの中に文字を書きました。

トースターで焼いて1/4に縮んだプラバン
プラバンは焼くと1/4くらいまで縮みます。大きめのサイズでデザインしておきます。

デザインが書けたら、色は塗らないままのプラバンをトースターで焼いていきます。

プラバンを失敗しないで上手く焼くコツ!

プラバンを焼く一般的に知られている方法は、アルミホイルをぐしゃぐしゃに丸めて…みたいな感じです。

でも、この方法だとプラバンがアルミホイルにくっついてしまい上手く焼けなかったりもします。

私は、アルミホイルではなくてクッキングシートを使います。

ただ、アルミホイルと違ってクッキングシートは焦げやすいです。頻繁なクッキングシートの取り換えが必要です!

頻繁なクッキングシートの取り換えが必要で面倒くさくも感じますが、焼き上がったプラバンがくっついてしまう事は一切ないです。

プラバンをトースターで焼く場合は、取り出すタイミングも大切です。

プラバンを焼いていて、プラバンがくねきね~っとなっても「失敗したかも!」と焦って取り出さないで下さい。

プラバンがクネクネと縮む

しばらくすると、曲がって歪んで更にくねくねしてきます。

プラバンの縮み方が落ち着く

でも、このまま待っていると、プラバンは落ち着きを取り戻してペタン平の状態になります。

もんち
もんち
プラバンが平らになってやっと取り出します。ちゃんと待つことが失敗しないコツです!

取り出したプラバンは、クッキングシートを巻いた平らな蓋やCDで軽く押さえます。

プラバンブローチを重しで抑える
強く抑え過ぎると形が歪んでしまいます。軽く手を添える程度で大丈夫です。

これでプラパンが真っ直ぐ綺麗に焼けます。

真っ直ぐに焼けたプラバンブローチ

次に、焼いたプラバンにポスカで色を塗っていきます。

焼いた後のプラバンの裏面からポスカで色を付ける

今回のブローチ作りでは、プラバンを焼いた後に色を塗りました。

もんち
もんち

デザインの文字だけを表の面から書いて、色塗りは裏面からといった感じです。

そうすることで、文字が浮かび上がって見えます。

焼いた後のプラバンの裏面から色付けには、ポスカを使いました。

ポスカは、焼いた後のプラバンの色付けにおすすめです。

ポスカの乾きが遅いと感じる場合は、ドライヤーを使うと乾きが早くなります。

マニキュアで色ムラなく塗ったプラバン
ポスカで塗った時の色ムラが気になる場合は、「乾かす→重ね塗り」を繰り返します。

油性ペンでイラストや文字を書いた裏面から色を塗ると、表から見ると文字が浮いて立体的に見えておしゃれです。

次に、100均のグルーガンを使ってプラバンに縁を作っていきます。※下写真参照

ハンドメイドのプラバンブローチの浮き出る文字

縁取り作りに使ったのは、100均で買った黒のグルーと、ホームセンターで買った金色のグルーです。

「グルーガン」を使ってプラバンにおしゃれな縁を作る!

グルーガンは100均のものを使いました。

100均のグルーガン

100均で販売されているグルー(樹脂)の種類は4種類です。

  1. 「黒」
  2. 「茶色」
  3. 「白」
  4. 「透明」
グルーガンのグルー三色

ホームセンターでは、「金色」「銀色」「緑」など沢山の種類があります。

今回は、その中から「金色」を買って使ってみました。

グルーガンの金色グルー

まず、クッキングシートの上にグルーをギュー!っと絞ります。

グルーガンを7回〜8回押して、てんこ盛りグルーを一箇所に集めていきます。

グルーガンを出す

一箇所に集めて盛り上がったグルーの山の上に、プラバン置いてギュッと置し込んでいきます。

指でギューっと押し込んでいくと、丸型のプラバンの周りからグルーがはみ出てきます。

グルーガンの使い方
プラバンの上から押していてもグルーが熱いです。火傷に注意して下さい!

イイ感じにグルーがはみ出たら、固まるまで数秒待ちます。

グルーが固まったら、クッキングシートから剥がします。

これで、プラバンの周りにグルーの縁取りが出来ています。

プラバンに縁取りを作る

表から見ても均等に縁が出来ていれば成功です。

グルーが縁取ったプラバン
もんち
もんち
もし、均等に縁が作れていなくて失敗していた場合は、思いっきり力を入れて剥がせばグルーが剥がれます。

最後に、裏面に接着剤でピンを貼り付けます。

グルーガンを付けたプラバンの裏面

これで、100均のプラバンとグルーガンで作る「縁取りプラバンブローチ」の完成です!

この方法を使うと、プラバンブローチも完成度の高い物に見えます。

丸型のプラバンでないと出来ない小技ですが、ぜひ一度試してみて下さい。

今日はここまで〜

プラバンアクセサリー
100均のプラバンでも簡単に上手く作れる色付け方法と焼き方!100均のプラバンで簡単に上手く焼ける作り方や、アクセサリーの完成度が高くなるコツや方法をまとめました。仕上げのコーティングで使うレジンや滲まない水性ニス、プラバンをトースターで綺麗にまっすぐに焼く失敗しない方法も紹介します。また、色の付け方を、マニュキュア、ポスカ、色鉛筆、クレヨンで塗った場合別にまとめています。...

スポンサードリンク

スポンサードリンク