DIY

賃貸OK!100均DIYでおしゃれな壁掛け収納を作る方法!

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

100均DIYで おしゃれな壁掛け収納をDIYしたいな〜

と思ったことはありませんか?

実は、100均のランチマットと木の板を使うだけで、賃貸でも使えるこんなおしゃれな壁掛け収納を作ることができます。

100均DIYで作った収納棚
もんち
もんち
少し調子に乗ると「 niko and.. っぽい」雰囲気ですね!

この壁掛け収納は、100均のフックと画鋲で壁掛けができるスタイルなので、賃貸でも安心して壁掛けの収納を楽しめます!

画鋲の跡の消し方は【画鋲の跡の消し方】の記事で紹介しているので、画鋲の跡に不安を感じる人は先にそちらの記事で不安を解消してみて下さい。

画鋲の跡が残るくらいならば簡単に原状回復はできます!

この記事では、100均のランチマットと木の板を使った壁掛け収納の作り方を紹介します。

もんち
もんち
記事を読み終わると、今すぐ作りたくなるような簡単な作り方です!

100均DIYで壁掛け収納をDIYする方法!

まずは、壁掛け収納のDIYで使う材料を紹介します。(100均で揃います)

100均DIYで作れる壁掛け収納の材料

100均DIYで作れる壁掛け収納の材料
  1. セリアのインテリアマット(ランチマット)
  2. 45cm×12cmの木板3枚
  3. 速乾性ボンド(接着剤)
  4. セリアの水性塗料
  5. 細い釘(ホームセンターで90円くらいで買えます)

これだけです。

セリアのランチマットと木材
もんち
もんち
ではでは、作り方を紹介していきます!

まずは、収納ボックスの木枠を作る

まず、壁掛け収納の木枠から作っていきます。

最初に木の板の、約18cmの所に印を付けてカットします。

カットした18cmの木材
えっ!木材カットなんて面倒臭い!

と思いましたよね…

でも、100均の木材は柔らかいのでカットも簡単です。

100均で販売されているノコギリで簡単にカットできます。

木材をまっすぐカットするのが苦手な人には、カットガイドがおすすめです。

私自身も木材のカットが苦手なので、カットガイドを使って木材をカットしています。

ガイドでカットした木材

カットガイドを使えば、直線だけではなく斜め45度だってめちゃくちゃ綺麗にカットができます!

木材のカットが上手くなればDIYで作れる作品の幅がものすごく広がります!

DIYが好きだけど木材のカットが苦手…

という場合には、のこぎりのカットガイドはぜひ揃えておいて欲しい道具の一つです。

私が使っているカットガイドは、コンパクトでカット面もきれいな「Zソーガイド」です。

ソーガイドのセット

「Zソーガイド」は、きれいに切れるノコギリもセットで付いているので、簡単にきれいにまっすぐ木材のカットができます。

ガイドでカットした木材
もんち
もんち
木材のカットができたら、木材を箱型に組み立てていきます!

スポンサードリンク

 

壁掛け収納の木枠を組み立てる

木材がカットできたら、塗装できれいに塗れるようにサンドペーパーで整えてから塗装します。

サンドペーパーで木の板を擦ってきれいに整えるだけで塗装のクオリティーが上がります!

塗装に使った塗料は、100均セリアの水性ニス(メープル)です。

セリアの水性ニスの色の種類

しっかりと乾かしたら、壁掛け収納の木枠を組み立てていきます。

まず、速乾性のボンドを塗って板を組んで釘を打ち込みます。

木材に釘を打つ

この手順で四角い「木枠」を作ります。

100均での壁掛け収納棚を作り方

普通の接着剤や木工用ボンドでくっつけても大丈夫ですが、速乾性の接着剤を使った方が乾くのが早いです。

作業を早く進めたい場合や、乾くまでの待ち時間が短い方が良い場合は、速乾性の接着剤がおすすめです。

もんち
もんち
接着剤だけで組み立てても作れますが、強度を上げるために更に釘を打って固定しています!

次に、完成した木枠の背面に「ランチマット」を貼っていきます。

壁掛け収納の内側にランチマットを貼る

セリアのインテリアマット(ランチマット)を用意します。

100均のランチマット

まず、壁掛け収納の「木枠」の縁に速乾性のボンドを塗ります。

次に、ボンドを塗った上からセリアのインテリアマットを重ねます。(少しはみ出てても大丈夫です)

木枠の大きさに合わせたランチマット

次に、細い釘で更に固定します。(強度を上げるため)ておきました。

釘で打ったランチマット

ボンドを使って木枠にインテリアマットを貼ると、塗った速乾ボンドが「ムニュッ!」っとはみ出てきます。

はみ出たボンド
もんち
もんち
このはみ出たボンドは必ず拭き取っておきましょう!

接着剤が完全に乾くまでは、壁掛け収納の「木枠」は少しグラついて頼りなく感じます。

でも、完全にボンドが乾いた翌日くらいには「木枠」のグラつきもなくなっているので、木工ボンドが乾くまで安心して1日待って下さい。

「木枠」の背面にランチマットを貼った時に、「木枠」から少しはみ出たインテリアマットはカッターでカットしておきます。

ランチマットを切り取る

次に、壁掛け収納用のフックを背面に取り付けます。(100均で買えます)

100均の壁掛けフック

これで、100均の2種類のランチマットと木の板でDIYした「壁掛け収納」の完成です。

100均DIYで作った収納棚

男前インテリアやブルックリンスタイルが好きな場合は、壁掛け収納の木枠の縁を黒く塗るのもおすすめです。

縁を黒く塗った収納棚

壁掛け収納として使う場合には、フック付きの押しピンに引っ掛ける形になります。

100均DIYで作った飾り棚

押しピンの跡の消し方は、【画鋲の跡の消し方】の記事で詳しく紹介しています。

画鋲程度の傷跡だったら簡単に消すことができるので、賃貸でも安心して使える壁掛け収納だと思います。

壁紙の画鋲の跡の消し方
画鋲の跡の消し方4選!賃貸の壁でも目立たないで隠せる!賃貸の壁に刺した画鋲の跡の消し方を写真つきで紹介します!濡れたティッシュを爪楊枝で押し込む消し方、修正テープを引いて目立たなくする消し方、歯磨き粉をすり込んで消す方法など、画鋲(押しピン)の跡がきれいに消える方法を全て試してみました。太めの画鋲の跡には、白以外の色も豊富なクロスの穴埋め材がおすすめです!賃貸でも安心して使えます。...

100均DIYで作った壁掛け収納の活用方法!

100均DIYで作った壁掛け収納は、収納ボックスとしても活用出来ます。

例えば、ディアウォールで作った棚の上に置いて使うとこんな感じです。

ディアウォールで使う収納棚

ディアウォールで作る収納棚の作り方は、【ディアウォールでも強度が上がる棚の作り方】の記事で紹介しています。

ディアウォールで作った棚

また、小物類が淋し気に置かれてしまっているこんなスペースでも使えます 。

雑に置かれた雑貨

壁掛け収納を棚に置いて使うだけで、こんなふうにおしゃれな雰囲気に変わります。

100均せdiyで作ったお洒落」収納ボックスでの整理収納
賃貸で住んでいて壁に押しピンの穴をあけることにどうしても抵抗がある

といった場合には、こういった置型の収納ボックスとして使うことがおすすめです。

スポンサードリンク

 

まとめ:100均DIYで壁掛け収納を作ってみた感想

100均DIYで壁掛け収納をDIYしてみましたが、100均の木の板と木工ボンドでも壁掛け収納として使える十分な強度のあるものを作ることができました。

ただ、本を並べて置くなど、ものすごく重さのあるものを飾る場合には少し強度に不安が残ります。

それでも、賃貸の壁にでも飾ることができる壁掛け収納を作ることができました。

100均DIYで作った飾り棚

壁に押しピンの穴をあけることに不安が残る場合には、【壁に残った画鋲の跡の消し方】の記事を参考にして不安を解消してから壁掛け収納を作ってみて下さい。

壁に残った画鋲ほどの穴ならば、心配なく簡単に原状回復することができます!

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク

\半額以下アイテム約200万点!ポイント最大44倍!/

関連記事