リメイク

100均のリメイクシートでカラーボックスやテーブル天板を板張り風にDIY!

スポンサードリンク

 

こんにちは!もんち(@DIYとカフェ巡り )です。

100均のリメイクシートを使って、15年以上使っている炬燵テーブルと、ニトリの真っ白のカラーボックスをリメイクしました。

100均のリメイクシートでテーブルを板張り風にリメイクしてみた!

今回リメイクするのは、もう15年以上は使っている炬燵テーブルです。

炬燵のテーブル

天板は白なので汚れも目立ってきていたのですが、まだ使えるので買いかえるのは勿体無いと思い、100均のリメイクシートでリメイクすることにしました。

拭いても綺麗に落ちない汚れなので、もう隠してしまいます。

ダイソーで人気の「板張り風」のリメイクシートを使う

炬燵の天板のリメイクに使ったのは、100均のダイソーで人気の板張り風のリメイクシートです。

100均ダイソーのリメイクシート

本当は濃い色の方が欲しかったのですが、人気のために完売していました。

仕方なく明るい色の方を購入…

原状回復は考えていないので、空気が入らないように注意しながら、直接天板に貼っていきます。

空気が上手く抜けずに表面がポコポコしてしまった場合は、空気が入った部分をピンで刺して爪で擦ると綺麗に貼れます。

リメイクシートは天板の大きさより少し大きめにカットして貼っていきます。

天板に貼ったリメイクシート

天板の角の部分は、天板からはみ出たリメイクシートを少し引っ張りながら貼りつけます。

天板の角に合わせて貼ったリメイクシート

リメイクシートを引っ張って貼った後に、角からはみ出た余分なリメイクシートを切り取りします。

天板からはみ出たリメイクシートを綺麗に切り取っても、天板の端や角は「切り取った跡」が残ってかっこ悪いです。

そこで、その「切り取った跡」を隠すために、黒のマスキングテープを使います。

黒のマスキングテープで炬燵テーブルの縁を囲う

天板の端っこや角のリメイクシートを「切り取った跡」は、黒のマスキングテープで囲むように貼って隠してしまいます。

黒のマスキングテープを貼った天板

これで、炬燵テーブルの天板のリメイクの完成です。

100均のリメイクシートを貼った炬燵の天板

ダイソーのリメイクシートは見た目もリアルです。

本物の板張りには見えませんが、

本格的に作ったり買い替えが出来ないけれど綺麗にしたい!

なんて時には凄く使える方法だと思いました。

続いて、ニトリで買ったカラーボックスをリメイクしていきます。

ニトリのカラーボックス収納をリメイクシートで木箱風にする!

次に100均のリメイクシートでリメイクするのは、ニトリで買ったカラーボックス収納棚です。

ニトリのカラーボックス収納

このリメイクで使う100均のリメイクシートは、板張りではない濃い目のリメイクシートです。

まず、カラーボックスの一番上にだけ貼ってみました。

カラーボックスに貼った100均のリメイクシート

このリメイクシートも木目はリアルな方だと思います。

カラーボックス収納の外側にリメイクシートを貼り終わっら、収納棚の縁の部分は黒の油性ペンで塗っていきます。

収納棚の縁を黒で塗る
え?ペンで塗るんかい!

と思いますよね。

でも、こんな狭い範囲だと色ムラも気にならずに綺麗に塗れます。

スポンサードリンク

 

ニトリの収納棚の縁は黒く塗って見た目を引き締める

少しの範囲を黒くしたい場合は、ペンキを使うよりも油性ペンで塗った方がお手軽で簡単です。

少ない範囲だと、油性ペンで塗ったからといって見た目が変になることもないです。

油性ペンで塗った収納棚の縁

全ての縁を塗り終わると、真っ白なニトリのカラーボックス収納棚のリメイクの完成です。

ニトリのカラーボックスを100均のリメイクシートで木目調にした

ニトリのカラーボックス収納棚のリメイクで使ったリメイクシートは2枚です。

たった200円でここまで変わるのならば嬉しいです。

今、お家にある剥げてしまったり、落書きだらけになっている家具も簡単にリフォーム出来るリメイクシートは本当おすすめです。

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク